日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカペンタゴンのクーデター! 統合参謀本部の転覆

ペンタゴンのクーデター! 統合参謀本部の転覆

By Michael Baxter-2021年5月5日(Real Raw Newsより翻訳)

元記事

先月、Real Raw Newsは、アメリカの軍事力の中枢であるペンタゴンで起きた衝撃的な事件を報じた。大統領を名乗る男、ジョセフ・R・バイデンが、突然の大統領視察と称してペンタゴンを訪れていたのである。本当の目的は、「ドナルド・J・トランプが海兵隊のデビッド・H・バーガー将軍と密会している」という噂が本当かどうかを知ることであり、ペンタゴンの警察が彼の立ち入りを拒否した理由にもなる。RRNはトランプ氏の存在を確認することはできないが、国の最も要塞化された構造物での劇的な権力の変化を指摘した以前の報告を認証することができる。
トランプ大統領が全国のDSの工作員を排除するミッションに関わる機密情報源によると、衝撃を受けて混乱するバイデン氏をペンタゴンの保護部隊が追い払う2日前の4月14日、マーク・A・ミリー統合参謀本部議長は、他の7人の統合参謀本部をペンタゴンに招集し、緊急会議を開いた。
情報筋によると、ミリー元帥は、米軍の全部門の高級将校がバイデンの大統領職を弱体化させることを許したことについて、同僚たちを非難した。バイデン氏は民主的に選出された米国大統領であり、最低の二等兵から最高の将軍まで、すべての軍人には民主主義、ジョセフ・バイデン氏、カマラ・ハリス氏を支持し、守る愛国的な義務があると、ミリー元帥は述べた。
「私たちが知っている限りでは、彼は弾道のように暴走しました。彼は、高度な勲章を受け、生涯現役の軍人である彼らに悪態をつき、罵詈雑言を浴びせました。彼は、彼らがトランプ大統領に協力して、現役や引退した著名な政治家を『秘密裏に違法に逮捕』していると聞いたと言いました。彼は彼らを非難し続け、バイデンとハリスに彼らを解雇するよう勧告するつもりだと言いました」と関係者は語っている。
ミリー元帥は、他の統合参謀本部に対して、ドナルド・J・トランプへの忠誠を捨て、ジョセフ・R・
バイデンとカマラ・ハリスに忠誠を誓う最後のチャンスを与えたと報じられている。
統合参謀本部の中で、一人だけバイデンを支持して飛び上がったチーフがいた。国家警備隊局長のダニエル・R・ホーカンソン元帥は、ドナルド・トランプを糾弾し、ミリー元帥に、自分と国家警備隊は憲法への誓いを尊重すると述べた。 必要であれば、バイデンの大統領職を命をかけて守る覚悟があると語った。
情報源によると、ドナルド・トランプ氏の長年の支持者である米海兵隊のデビッド・H・バーガー司令官が、ミリー元帥に封筒を渡したという。その封筒には、米海軍法務官軍団が発行した逮捕状が入っていた。そこには、アメリカとその国民に対する裏切り者として、ミリー元帥の名前が記されていた。
「あなたとこの臆病者を除いて」とバーガー元帥はホーカンソン元帥を指差しながら言った。「我々は皆、この偉大な国とその象徴を支持し、建国の父たちが苦労して成文化したものを破壊する暗黒の力を拒絶します。我々が支持するのは国家であって、人間ではありません。なぜバイデンの名前が出てくるたびに、カマラ・ハリスの名前を言いたがるのですか? 我々はその理由を知っています」。
情報源が付け加えたところによると、ミリー元帥は、令状を冗談だと言って細切れにし、バーガー元帥に反逆罪で絞首刑にすると約束したという。
「もし誰かが絞首刑になるとしたら、それは私ではない。我々は長い間、これを期待していた」とバーガー元帥は言ったと伝えられている。
ペンタゴン保護部隊の12人の武装したメンバーが会議室に入り、ミリー将軍とホーカンソン将軍に手錠をかけた。

最後に、情報源によれば、ミリーとホーカンソンはその後、グアンタナモ湾に送られ、最終的には軍事法廷で答弁することになっているという。
ドナルド・J・トランプが4月16日にペンタゴンにいたかどうかを聞かれ、情報源はこう答えた。「イエスかノーかは言えません。今起きていることは、独立記念日に彼が再就任するための前哨戦だと言えます」。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す