日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカポデスタ軍事法廷 第2日目

ポデスタ軍事法廷 第2日目

By Michael Baxter -2021年5月6日(Real Raw Newsより翻訳)

水曜日の午後、クランドール少将が登場した。
「被告は無実の子供を虐待しただけでなく、不気味な犯罪を実行するために薬を飲んでいました」と、クランドール少将は3人の士官と全員女性のパネルに語りかけた。「ジョン・ポデスタは、成人してからずっと勃起不全でした。公判前に彼はこのことを認めており、皆さんの前には彼の自筆の署名が入った陳述書のコピーがあります。この病気を改善するために、ポデスタは多くの男性がすることをしました。ED治療薬(彼の場合はシアリス)を処方してもらったのです。しかし、多くの男性とは異なり、ポデスタはこの薬を大人のパートナーと合意の上でのセックスのために使ったのではありません。思春期の子供たちを脅すために使ったのです。このことを理解してください。ジョン・ポデスタは子供とセックスするために勃起不全薬を飲んだのです」。
クランドール少将は、まだパネルに向かって、「このことを皆さんに説明するのは難しいです。あなた方優秀な警官が全員女性だからではなく、このような犯罪の性質のためです。男性ばかりの委員会でも、同じように話をするのは難しいと思います」と言った。
ポデスタ氏の供述によると、彼はシアリスを服用することに飽き飽きしていた。シアリスを服用すると、服用後に無気力になり、吐き気を催すことがあったという。2009年8月、風邪から肺炎まで、勃起不全からステージ4の膵臓がんまで治すとされる「奇跡の薬」の話を聞いた。この治療法をポデスタに教えてくれたのは、ウィリアム・ジェファーソン・クリントンで、彼は30年近くこの治療法を自己投与していたとポデスタは主張している。
この治療法は、若くて怯えている子供の副腎から血液を採取するというものだった。ポデスタは、法務総監に提出した陳述書の中で、若くて怯えている子供ほど良いと書いている。子供たちが底知れぬ恐怖に襲われているときに、何度も血液を採取した。腎臓の上にある小さな腺から採血するので、注射を打つのは非常に痛かった。
「ポデスタによると、血液は遠心分離機で回転させられた後、冷蔵されてスイスの’地下’研究所に送られ、そこで他の化学物質と混ぜ合わされて減衰させられ、注射すると受け手は新たな活力を得ることができたそうです。また、彼はそれでEDが治ったことはないと言っています。このおとぎ話のような化合物の効果を裏付ける科学的証拠は何もないが、彼は、自分や数え切れないほどの人々が、若々しく元気になるために、そして、うーん、寿命を延ばすために飲んでいると言っています」とクランドール少将は語っている。
ポデスタ氏は声明の中で、アドレノクロム-C9H9NO3CU7TI9CN5と名づけたこの薬品は、注射で投与されるか、あるいはより効率的には生理食塩水に懸濁して静脈内に投与されたと述べている。彼は、2009年から12回の注入を受けたと書いている。
「この悪魔は、この製品が何千人もの裕福な人々に使われていると言っています。裕福な理由は、彼が言うには、1回の注射で約$250,000、1回の注入で$425,000 かかるからだそうです。はっきりさせておきたいのは、これは気持ちの悪い話であり、もし事実であれば、これを摂取した人々はいずれ法の裁きを受けることになるだろうということです」とクランドール少将は語った。
手錠をかけられたポデスタ氏は、弁護士の横で机に肘をついて黙って座っていた。そのまま頭を下げて、自分の運命を決める3人の警官を見ようとしなかった。
クランドール少将は、木曜日の午後に検察側が最終的な証拠を提出すると述べた。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す