火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカコミー、軍に懇願。"殺さないでください!"

コミー、軍に懇願。”殺さないでください!”

By Michael Baxter -2021年5月10日(Real Raw Newsより翻訳)

ヒラリー・クリントンの死体を見て、ジョン・ポデスタの差し迫った運命を知って、パニックに陥ったジェームズ・コミーは、現在GITMOに収容されているが、米海軍法務顧問団に慈悲を乞い、自分が犯した犯罪は常に、より強力なディープステートの幹部の要請によるものだと主張している。


ディープステートとのトランプの戦いに関与している関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、コミーはバラク・フセイン・オバマに関する軍の進行中の調査に協力することに同意したものの、軍が答えを求めている特定の事件の詳細を提供していないという。以前に報告したように、法務総監は、2013年にオバマの犯罪的な政権に抗議するためにコロラド州の荒野にある隠れ家に集まった16人のアメリカの愛国者を殺害した違法な空爆に、コミー、オバマ、スーザン・ライスを結びつける証拠を持っている。

「コミーは多くの人に密告していますが、オバマのことは話していません。彼は自分の母親を密告するような男です。コミーは自分の死刑執行よりもオバマを恐れているのか、それとも本当に無知なのかのどちらかだ」と関係者は語った。

しかし、軍の調査官は、コミーとオバマの犯罪行為を結びつける十分な証拠を持っていると情報源は付け加えた。その証拠とは、別のGITMO居住者の証言や、コロラド州空爆後にコミーが削除を怠ったコンピューター・サーバーから軍が入手したFBIの内部文書であるとされている。推測ではあるが、3月25日にGITMOに到着したジョン・ブレナン元CIA長官の証言がある。ブレナンは、オバマ大統領の首謀者として、オバマ大統領のアメリカ市民に対するテロ戦争を支援した。

情報源によれば、デジタル文書の中には、3州のFEMAキャンプに設置されたギロチンの写真を入手した民兵組織「スリー・パーセンターズ」のコロラド州支部に、名前を伏せた2人の捜査官を潜入させることを許可するFBI監視命令が含まれていたという。コミーがこの命令書に署名した1週間後、コロラド州北西部の密林地帯で16人の男女と子供たちが爆風で焼かれたり、吹き飛ばされたりした。さらに、事後報告書には、「国家の安全を守り抜くため」に殉職した捜査官の「勇敢なヒロイズム」が記されていた。彼は死後、FBIの功労賞を受賞した。

「証拠を見せられたコミーは、オバマの関与を否定した。スーザン・ライス、サマンサ・パワー、エリック・ホルダーから指示を受けたと言い、オバマから直接指示を受けたことはないと主張した」と関係者は語っている。

しかし、軍の調査官は、コミーの発言は不誠実だと言いった。彼らはコミーに、オバマが大統領在任中にカラードンをはじめとする無数の愛国者の死を命じたことを「白状」しない限り、死刑になる可能性が高いと伝えた。
軍の調査官はコミーに「ヒラリー・クリントンのようになりたいのだろう」と言ったという。

「ああ、神様、私を殺さないでください。私は知っていることをすべて話しました」とコミーは答えた。

最後に、情報源によれば、コミーは軍事裁判を受けることになるが、米海軍法務顧問団は、コミーの混乱した精神からすべての機密情報を抽出するまで、彼の裁判を予定しないという。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す