木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカポデスタ軍事法廷 第3日目 有罪!

ポデスタ軍事法廷 第3日目 有罪!

By Michael Baxter – 2021年5月7日 元記事

木曜日、クランドール少将が裁判長を務める軍事裁判部は、ポデスタが小さな子供に夢中になっていたことから離れ、彼がドナルド・J・トランプとその家族に対して行った犯罪行為に焦点を当てた。


クランドール少将は、ポデスタが裁判の前に書いて署名した罪状報告書を、軍が死刑を取り消す司法取引を取り消す前に、3人の女性将校に見せた。ある声明には、ポデスタとヒラリー・クリントン、そして当時の民主党全国委員会(DNC)議長のドナ・ブラジルが、2016年の大統領選挙から降りるようにトランプを恐喝する計画を立てたことが書かれていた。ポデスタの発案によるこの計画は、トランプ氏の末っ子のバロンを誘拐し、トランプ氏が誘拐犯の要求に従わなければ「バラバラにして家に送る」と脅すというものだった。

ポデスタは、自分たちの参加を曖昧にするために、DNCとは関係のない第三者を使い、中国人を雇ってバロン・トランプをつかまえることを提案した。当時、バロンは10歳で、通常は母親のメラニア・トランプと一緒に行動していた。火曜日と金曜日の午後は例外だった。その日の2時間、バロンは母親のそばを離れ、シークレットサービスに連れられて、ニューヨークの高級玩具店「FAO Schwartz」や「Kidding Around」など、シークレット・サービスが厳しく審査した子供向けの店に行った。

「彼らはトランプ家のスケジュールを把握していました。シークレット・サービスを買収するか、気をそらすことで幼いバロンを誘拐するつもりでした。この計画は実行されませんでしたが、それは問題ではありません。犯罪を犯すための共謀は、法的に認められた犯罪です。この傲慢さには呆れるばかりです」とクランドール少将はパネルに向かって語った。

さらに彼は、ポデスタがクリントンとブラジルに送ったメールをパネルに見せた。「困難だが、可能だ。難しいが、可能だ。しかし、もし『B』を獲得すれば、『D』には選択肢がなくなる」とメールには書かれていた。
ブラジルからの返信には、「Let’s do it(さあ、やろう)」とあった。

「クリントンとその手下、つまり被告は、公にはヒラリーがその選挙に勝つと確信していました。内心では、トランプが勝つのではないかという恐怖心があふれていました。恐怖のあまり、彼の息子を誘拐したいと思っていました。傲慢さと恐怖心の両方が溢れていたのです」とクランドール少将は語った。

短い休息の後、クランドール少将は、2017年5月23~24日にバチカン市国を訪問中のドナルド・J・トランプ大統領を暗殺するためにポデスタとクリントンが仕組んだ計画に焦点を当てた。

ポデスタの告白書には、使徒宮殿でトランプを殺害するために誰かを雇うという恐ろしい話が書かれていた。この場合、トランプ氏を殺害する計画は失敗したが、それでも一人の命が失われた。

クランドール少将は、ポデスタの告白を読み上げた。「トランプを排除するのは、ペンスの方が気が合う分かっていたので、二人のアイデアでした。ヒラリーはバチカンにコネクションを持っていて、ヴィットーレ・マッツィという名前しか知らない男に連絡を取るように頼まれました。私たちは彼に250万ドル相当を送金し、詳細はいらない、結果だけを知りたいと伝えました。すると彼は、トランプのディナープレートに毒を盛って、トランプだけが毒入りの料理を食べられるようにする、と暗号のような返事をしてきました。仕事が完了するか、ネットワークニュースでトランプが死んだと発表されるまでは返事を期待していなかったので、夕食の予定が決まるまでは彼が返信したメールアドレスを確認しませんでした。もっと早く確認していれば、『トランプを殺す方法を変えろ』と言っていたでしょう。もちろん、国内はもちろん、海外旅行にもフードテスターが同行していることを知っているからです。その後すぐに、トランプ氏以外の誰かが彼の皿の食べ物を食べて死んだことを知りました。大統領が食品検査官を雇っていることは公になっていないはずで、それが公になることでシークレット・サービスに対する世論が悪くなることを恐れた政権がそれを隠蔽しました。それが私の学んだことです。バチカンに秘密にしておいてくれと頼んだとしか思えません」。

「被告は哀れな策士でした。クリントンがあなたにこれらの犯罪を計画するように命じたとき、物事はいつもうまくいかなかったようです。あなたの関与は議論の余地がありません。声明や電子メールにかかわらず、自分の口から、クリントンの裁判でこれらの犯罪を認めたのです。この委員会は、何週間、何か月もかけて彼の広範な犯罪歴を明らかにすることができますが、私たちには裁きを受けるべき人たちがいます」とクランドール少将はパネルに向かって語った。

涙を流して不機嫌なポデスタは、椅子の上でうつむいていた。その横では、顧問弁護士のトリシャ・アンダーソンがMacBookの画面を見つめ、キーを叩いていた。彼女はゆっくりと立ち上がると、不機嫌な笑みを浮かべながら陳述を求めた。

「私のクライアントが罪を認めたのは、誠意ある合意に基づいていたことを委員会に伝えます。法務総監はポデスタ氏におとり捜査をしたのです。自分が死刑になるかもしれないと知っていたら、協力しなかったでしょう。米軍は司法を破壊し、ポデスタ氏は、決して絵に描いたような完璧な人間ではなく、私たちの中で誰がそうなのか、レールを敷かれているのです。女性の皆さん、将校の皆さんは、ポデスタ氏の結果を決める前に、法務総監の行動を考慮してください」とトリシャ・アンダーソン氏は語った。

クランドール少将は、起訴内容を簡単に説明し、軍事委員会は民事裁判所とは異なり、有罪にするためには過半数の投票が必要であることをパネルに伝えた。また、この法廷は、やはり民事裁判とは異なり、独立した刑罰段階を持たず、有罪の決定がなされた時点で判決が下されると述べた。パネルは、一瞬のためらいもなく、ポデスタをすべての罪で有罪とする評決を下したことを発表した。判決では、ポデスタに死刑を勧告した。

「アンダーソンさん、あなたの依頼人は評決を理解していますか? また、どのように刑を執行するかについて希望はありますか?」とクランドール少将が尋ねた。

ポデスタは泣き崩れ、肩を震わせた。

トリシャ・アンダーソンが言った。「あなたは彼を殺そうとしているのですから、あなたが決めてください」。

「よろしい。本委員会は、ジョン・ポデスタを銃殺刑に処することを決定し、その行為は6月1日に実行されます。軍事法廷委員会のこのセッションは終了しました」とクランドール少将が言った。

ポデスタ氏が立ち上がって法廷から退出する際、彼の弁護人は、この判決を誰にでも、そして聞こうとする皆に訴えると言っていた。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す