日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカ軍がアダム・シフを逮捕

軍がアダム・シフを逮捕

By Michael Baxter -2021年5月26日(Real Raw Newsより翻訳)

ディープステートがドナルド・トランプを排除するために、インチキ大陪審を召集し、存在しない税金詐欺の捏造された証拠を聴取するという、実りのない最後の手段に出たとき、米軍はあまりにも長い間、正義から逃れてきたディープステートの有用な人物をまた1人逮捕した。月曜日の朝、米軍特殊部隊は、下院情報委員会のアダム・シフ委員長を、メリーランド州ポトマックの自宅で逮捕した。


トランプのディープステート戦争や米海軍法務顧問団の関係者がRRNに語ったところによると、シフの逮捕は合法的で適切なものであり、ドナルド・J・トランプとジェフリー・ローゼン司法長官代理が1月20日以前に作成した封印された起訴状に基づいているという。

シフに対する正式な起訴状には、多数の重大犯罪と軽犯罪が含まれている。具体的には、シフ氏をはじめとする著名な民主党員が、トランプ氏とその陣営のメンバーがヒラリー・クリントン氏の2016年の大統領選への出馬を阻止するためにプーチン氏と共謀したという根拠のない主張を、故意に共謀して行ったと起訴されている。

さらに起訴状によると、シフ氏がトランプ氏と個人的に争ったことで、米国の納税者に約20億ドルの損害を与え、個人的な恨みを晴らすために不正に流用したとしている。

さらに、シフ氏は、トランプ氏とウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領との間で交わされた電話会談の内容を大幅に誇張した上で、トランプ氏の解任を違憲的に迫ったとしている。

起訴状によると、シフは宿敵ドナルド・トランプを抹殺したいという名目で、宣誓を裏切り、有権者に嘘をつき、現金を横領し、憲法を破壊し、反逆罪を犯したと結論づけられている。

横領罪は5年から99年の懲役、反逆罪は絞首刑になる可能性がある。

関係者がRRNに語ったところによると、軍は1月初旬にシフの犯罪行為の調査を開始しており、もっと早く逮捕してもよかったのだが、法務総監とその協力機関である米陸軍犯罪捜査部は、数多くの起訴案件に追われていたという。法務総監は5月中旬に調査を終え、シフ逮捕の計画を立てた。

「しかし、それでも簡単ではなかった。特殊部隊ならもっと早く捕まえられただろうが、シフは身分を隠して旅をしていた。彼は国中に所有する多くの家を行き来していた。しかし、世間でもよく言うだろう『逃げることはできても、隠れることはできない』」とある関係者は言う。

特殊部隊は、カリフォルニア、マサチューセッツ、メリーランドのシフの自宅を張り込んでおり、連邦議会議事堂を監視するチームもいたという。シフは何度も国会議事堂で目撃されていたが、軍は最終的に、ワシントンのシフはシフではなく、説得力のあるボディダブルであると推理した。

「軍は歩行認識技術を使って、ボディダブル説を証明したのです。ディープステートは仲間を守るためにボディダブルを使っています」と情報源は語っている。

歩行認識とは、人間の歩き方を撮影した動画をコンピュータ・ビジョンの手法で処理し、体型や歩き方に基づいて人物を認識したり、識別したりすることである。これは、離れた場所から生体情報を取得する受動的なモードである。

しかし、月曜日の朝、軍はメリーランド州の自宅に一人でいる本当のアダム・シフを発見したのだ。特殊部隊と対峙したシフは、小便を漏らし、膝をついて赤ん坊のように泣いた、と情報源は語っている。

最後に、情報源によれば、シフはグアンタナモ湾への移送を待つための「収容施設」に連れて行かれたとのことである。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す