日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカ米軍がデボラ・バークス博士を逮捕

米軍がデボラ・バークス博士を逮捕

By Michael Baxter -2021年5月29日(Real Raw Newsより翻訳)

米軍は、「スカーフ・レディ」として知られるデボラ・バークス博士を逮捕した。バークス博士は、パートナーであるアンソニー・ファウチ博士とともに、CDCと共謀して、フェイスマスクがコヴィド-19の蔓延を緩和する効果的な方法であると米国民を欺いていたという報告を真正に証明した。

2月に報道されたように、ドナルド・J・トランプ大統領がバークスとディープ・ステートのアンソニー・ファウチ博士との間で交わされた長文の電子メール・チェーンを入手したことで、バークスの名前は封印された起訴状に記載された。その中でバークスとファウチは、フェイスマスクがCovid-19の拡散を和らげるかどうかについて議論し、マスクはCovid-19が人間の呼吸器系に入るのを防ぐのに全く効果がないことを互いに認めていた。それどころか、長期にわたる「マスキング」は、特に子供や高齢者、免疫不全者などの人間の生理機能に深刻な副作用を及ぼすことを認めたのである。

それにもかかわらず、バークス氏はファウチ氏に宛てたメールの中で、「米国大統領の姿勢にかかわらず、私たちはマスキングを奨励し、実施し続けなければなりません。なぜなら、マスキングは人々に落ち着きを与え、安全だと感じさせるからです」と述べた。

米国内で発生したCovid-19による死亡疑惑事件をすべて評価した軍事研究によると、その安全という幻想が1万5千人のアメリカ人を死に至らしめた大きな要因となっている。

例えば、ネバダ州のリノで、マスクをした13歳の少年が90度の暑さの中でフットボールをしていて突然死した。彼は喘息を患っていたが、臨床診断を受けたことがないことが判明した。マスク支持者である彼の母親は、バークス博士がテレビで「ソーシャルディスタンスができない場合、野外活動でマスクを着用することを妨げるものではない」と言っているのを聞いていました。アメフトは接触の多いスポーツなので、マスクをしていない他の子供からCovid-19に感染するのではないかと心配し、息子が他の子供と一緒にいるときは必ずマスクをするように要求した。彼女の非合理的な恐怖とバークスのヒステリーが相まって、少年は死亡した。ちなみにCDCは、その子が一度も検査を受けていないにもかかわらず、Covid-19が原因で死亡したと発表している。

他にも例がある。ロングアイランドに住む26歳の女性が、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(通称MRSA)との短い戦いの末に死亡した。MRSAは、雇用主がCDCのガイドラインに基づいてマスク着用を義務づけた数日後に、彼女の顔を侵す病気を発症した。バクテリアは文字通り彼女の顔を浸食し、彼女は誰だか分からなくなってしまった。彼女は3日後に亡くなり、CDCは彼女の死因をCovid-19としている。

これらは、15,000件の診断されたケースのうちの2件に過ぎない。

ドナルド・J・トランプのディープ・ステートとの戦いに関わる機密情報源はこう語っている。「まもなく逮捕されるであろうファウチとともに、米海軍法務官軍団はバークスにすべての死亡者の責任を負わせている。集団医療過誤であり、集団殺人である。水曜日の朝、起訴状に基づいて行動した」。

5月26日、バークスが夫と長女の家族と一緒に住んでいるペンシルバニアの多世代住宅に、私服の法務総監捜査官がやってきた。法務総監は、1807年に制定された米国暴動法第252条に基づき、米軍の命令で逮捕されることをバークスに伝えたという。バークスは混乱した様子で、弁護士である彼女の夫は、法務総監もドナルド・トランプも市民に対する権限を持っていないと、自宅への「不法侵入」に抗議したという。

バークス氏は手錠をかけられて家から連れ出され、家族はメディアにバークス氏の逮捕について話すことを禁じる箝口令を敷かれた。この命令に違反すると、刑務所行きを含む厳しい罰則が科せられると法務総監は伝えた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す