水曜日, 10月 4, 2023
ホームアメリカ米軍がティエラ・デル・フエゴで「軍事法廷」を開催へ

米軍がティエラ・デル・フエゴで「軍事法廷」を開催へ

By Michael Baxter -2021年5月29日(Real Raw Newsより翻訳)

米軍と海軍の法務官部隊は、ドナルド・J・トランプとジェフリー・ローゼン前司法長官代理がトランプの第一期大統領任期の終わり頃に書いた封印された起訴状に名前が載っている無数のディープ・ステートの関係者の軍事法廷を開くための新しい場所を設立した。


最近まで、ほとんどの法廷はキューバのグアンタナモ湾にある軍の拘置所で行われていたが、過密状態と限られたスペースのために、法務総監は活動範囲を拡大せざるを得なかった。それは、人類に対して言いようのない犯罪を犯したディープステートの人たちを逮捕し、投獄するための取り組みを強化するためである。

「逮捕者が続出する中、GITMOには数千件の事件を処理するための法廷スペースが不足しています。実際には2つの追加拠点があり、そのうちの1つがティアラ・デル・フエゴです」と法務総監関係者は匿名を条件に語った。

スペイン語で「火の国」を意味するティエラ・デル・フエゴは、マゼラン海峡を挟んで南米大陸の最南端に位置する群島である。米軍は長年にわたり、この地に秘密裏に存在してきた。B-2スピリット・ステルス爆撃機数機の秘密の本拠地であり、オバマ政権下では攻撃用ドローンの監視施設でもあった。

オバマ政権下では、アルゼンチン政府との間で、ティエラ・デル・フエゴ地域に新たな基地を建設することを許可する合意がなされた。オバマ大統領は、この基地は主に科学的な作業に使用されると主張していたが、彼は科学とは全く関係のない理由でこの地域へのアクセスを望んでいた。人里離れたドローン基地を求め、世界で最も重要な飲料水源のひとつであるグアラニー帯水層へのアクセスを求めていたのだ。

「オバマが資金を提供した場所が、アメリカに対する罪で裁かれ、処刑される場所になるかもしれないとは皮肉な話だ」と情報源は語っている。

現在の米軍がティエラ・デル・フエゴ基地で法廷を開くことを選択しているのには、いくつかの理由がある。建設済みであること、遠隔地にあるため、主流メディアの詮索好きな目や嘘つきな口が近づかないことがほぼ保証されていること、広々とした空の格納庫がいくつかあり、そのうちの1つはすでに法廷に改装されていることなどだ。ここには刑務所がなく、軍は有罪判決を受けた者を別の場所に収監する予定であるという。

「裏切り者を収容するのに十分な刑務所のスペースが他の場所にある。彼らは、法を守るアメリカ人を投獄するために、アメリカ全土にFEMAキャンプを建設した。これから自分たちのFEMAキャンプに入るのは彼らだ」と情報源は語った。

最後に、情報源によれば、ハリウッドのエリートを含む何人かの著名人が、ティエラ・デル・フエゴでの法廷を待っているという。ケビン・スペイシー、レディー・ガガ、トム・ハンクス、フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグなどの名前が挙げられている。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す