水曜日, 6月 7, 2023
ホーム外部ソースProject VeritasFacebook内部告発者を解雇

Facebook内部告発者を解雇

速報:Facebookの内部告発者であるMorgan Kahmann氏、「ワクチンを躊躇している」と判断された投稿に対するアルゴリズムによる検閲の詳細を記した内部文書を漏洩したとして、直ちに解雇される。

MAY 28, 2021 プロジェクト・ヴェリタスより翻訳

<要約>

・Facebookのデータセンター技術者であるモーガン・カーマン(Morgan Kahmann)は、プロジェクト・ヴェリタスに来てFacebookの汚職を内部告発した後、雇用主からZoom callで彼の勤めが不要になったことを知らされた。

・Project Veritasの創設者兼CEOであるジェームズ・オキーフ(James O’Keefe)は、カーマンのZoomミーティングに押しかけ、カーマンの雇用主に、なぜ真実を伝えたことで解雇されるのかについての回答を求めた。その結果、Zoomミーティングはすぐに終了した。

・そもそもカーマンがProject Veritasに連絡を取ったのは、検閲計画をユーザーから隠すというFacebookの決定を暴露しなければならないと感じたからだ。

・カーマンは数日前に停職処分を受け、機材の返却を求められていた。「何が起こったかというと、私は仕事中に上司から突然メッセージを受け取ったのですが、基本的には『先に行って、自分の持ち物を片付けて、ビルのロビーにある会議室に集合してくれ』と言われました。彼らは基本的に私を調査チームと会わせ、この状況全体について私を尋問するつもりなのです」。

<本文>

[ニューヨーク州ウェストチェスター-2021年5月28日] プロジェクト・ヴェリタスは、フェイスブックの内部告発者モーガン・カーマンが、「ワクチンの躊躇」の内部文書を公開した後、フェイスブックで解雇されたニュースを伝える新しいビデオを本日公開した。

プロジェクト・ヴェリタスの創設者兼CEOであるジェームズ・オキーフは、カーマンの雇用主がZoomミーティングで彼に解雇を伝えているときに、会話に割り込んできて、なぜカーマンが良心に従ったために解雇されるのかを知りたいと要求した。

Zoomミーティングの主催者は不意を突かれ、オキーフの質問に一切答えなかった。暫くして、彼らは電話会議を終了した。

カーマンとオキーフは、内部の人間が公表する動機は何か、カーマンがリークしたフェイスブックの内部文書が、なぜフェイスブックがカーマンを解雇せざるを得ないほどのインパクトを与えたのか、などについて話し合った。

カーマンがフェイスブックに狙われたのは今回が初めてではない。数日前、カーマンは上司から調査を保留して停職するよう通知された。

「何が起こったかというと、仕事中に上司から突然メッセージが来て、基本的に『先に行って、自分のエリアを片付けて、私物を集めて、ビルのロビーにある会議室に集合してくれ』と言われたんです」とカーマンは語る。「彼らは基本的に、私を調査チームと会わせて、この状況全体について私を尋問するつもりです」。

カーマンさんは、キリスト教系クラウドファンディングサイト「GiveSendGo」で、この24時間ですでに30万ドル以上を集めている。彼の目標は50万ドルで、この困難な時期に妻と子供たちをサポートできるようにしたいと考えている。

<プロジェクト・ベリタスについて>

ジェームズ・オキーフ氏は、2011年に非営利のジャーナリズム企業としてプロジェクト・ヴェリタスを設立し、潜入取材を続けている。現在、プロジェクト・ヴェリタスは、より倫理的で透明性の高い社会を実現するために、公的機関や民間企業における汚職、不正行為、自己売買、無駄、詐欺、その他の不正行為を調査し、暴露している。オキーフはCEO兼会長として、仲間のジャーナリストたちを指導し、プロジェクト・ヴェリタスの文化を守り、育てていくことを続けている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す