日曜日, 5月 19, 2024
ホーム外部ソースパンデミック人工説の証拠が出た!

パンデミック人工説の証拠が出た!

独占情報:COVID-19は「自然界には存在しない」ものであり、中国の科学者が作り出したものである。彼らはコウモリから自然に生まれたように見せるために「レトロエンジニアリング」を行い、その痕跡を隠そうとした。

By JOSH BOSWELL(イギリスのデイリー・メイルより翻訳)
PUBLISHED: 17:50 EDT, 28 May 2021 | UPDATED: 03:04 EDT, 30 May 2021

<記事の要約>

・COVID-19のサンプルから、実験室で操作されたとしか思えない「固有の
指紋」を発見したという爆発的な研究結果が発表された。
・DailyMail.comは、英国のアンガス・ダルグリッシュ(Angus Dalgleish)教授とノルウェーのバーガー・ソレンセン(Birger Sørensen)博士が執筆し、Quarterly Review of Biophysics Discovery誌に掲載される22ページの論文を独占的に入手した。
・この研究では、中国の科学者が武漢の研究室で機能獲得型のプロジェクトに取り組んでいた際にウイルスを作ったことを示す証拠があるとしている。
・米国では一時的に禁止されていた「機能獲得」研究とは、自然界に存在するウイルスを改変して感染力を高め、人間への潜在的な影響を研究することである。
・論文によると、中国の科学者たちは、中国の洞窟コウモリから発見された天然のコロナウイルスの「バックボーン」に、新たな「スパイク」を継ぎ足して、致死性と高い感染力を持つCOVID-19に変えたという。
・COVID-19には「信頼できる自然の祖先はいない」と結論づけた研究者たちは、科学者たちが自分たちの痕跡を隠すためにウイルスのバージョンを*リバースエンジニアリングしたとも考えている。
・ダルグリッシュ氏はDailyMail.comに次のように語っている。「我々は、レトロエンジニアリングされたウイルスが作られたと考えている。ウイルスを変えてから、何年も前の配列であったことにしようとしたのです」。
・また、この研究では、中国の研究所における「意図的なデータの破壊、隠蔽、汚染」が指摘されており、「研究成果を共有したいと思った科学者がそれができなかったり、姿を消したりしている」と記されている。
・最近まで、ほとんどの専門家は、ウイルスの起源が動物から人間への自然感染以外のものであることを断固として否定していた。
・今週初め、アンソニー・ファウチ博士は、武漢ウイルス学研究所への米国の資金援助を擁護し、60万ドルの助成金は機能獲得研究のために承認されたものではないと述べた。
<本文>
中国の科学者が武漢の研究所でCOVID-19を作成し、その後、コウモリから自然に進化したように見せかけるために、ウイルスのバージョンをリバースエンジニアリングして、自分たちの痕跡を隠そうとしたという衝撃的な研究結果が発表された。
この論文の著者である英国のアンガス・ダルグリッシュ教授とノルウェーの科学者バーガー・ソレンセン博士は、「中国におけるレトロエンジニアリングの一応の証拠」を1年前から入手していたと書いているが、学者や主要な学術誌からは無視されていた。
ダルグリッシュ氏は、ロンドンのセント・ジョージズ大学の腫瘍学の教授であり、初の実用的な「HIVワクチン」を作成し、診断された患者を治療して数ヶ月間薬を飲まないで済むようにしたことでよく知られている。
ウイルス学者のソレンセンは、Biovacc-19というコロナウイルスのワクチン候補を開発した製薬会社Immunor社の会長を務めています。また、ダルグリッシュ氏は、同社の株式オプションを持っている。
この研究の衝撃的な疑惑には、中国の研究所における「意図的なデータの破壊、隠蔽、汚染」の告発が含まれており、共産主義国で声を上げた科学者の口封じや失踪についても言及されている。
この論文は、DailyMail.comが独占的に入手したもので、近日中に発表される予定である。COVID-19の起源については、これまで大多数の専門家が動物から人間への自然感染以外のものではないと断固として否定してきたため、科学界に波紋を呼ぶことになりそうだ。
昨年、ワクチン開発のためにCOVID-19のサンプルを分析していたダルグリッシュ氏とソレンセン氏は、実験室での操作によってのみ発生したと思われる「固有の指紋」をウイルスの中に発見した。
二人によれば、二人はこの発見を発表しようとしたが、当時コウモリや他の動物から人間に自然に感染すると断言していた主要科学雑誌に拒否されたとのことである。
元MI6長官のリチャード・ディアラブ卿が「科学者の説を調査すべきだ」と公言しても、「フェイクニュース」と一蹴されてしまったのである。
それから1年以上が経過し、有力な学者、政治家、メディアがようやく反転し、COVID-19が中国の武漢ウイルス学研究所から逃げ出した可能性を考え始めた。この研究所では、人間への潜在的な影響を研究するために、ウイルスを操作して感染力を高める実験が行われていた。
今週、ジョー・バイデン大統領は、情報機関に対し、実験室での事故説も含めて、ウイルスの起源を再検討するよう命じた。
この発表は、武漢研究所の研究者数名が2019年11月に病気で入院したとする、これまで未公開の情報報告書がホワイトハウスに提出されていたことが明らかになったことを受けたものである。この文書は今週、ウォール・ストリート・ジャーナルによって明らかにされた。
また、米国の保健当局は、武漢研究所での研究者の物議を醸すような危険な実験に資金を提供していたとされ、非難の的となっている。
今回、ダルグリッシュとソレンセンは新しい研究を執筆し、「SARS-Coronavirus-2には信頼できる自然の祖先がなく」、このウイルスが「実験室での操作」によって作られたものであることは「合理的な疑いの余地がない」と結論づけている。
科学雑誌『Quarterly Review of Biophysics Discovery』に掲載される予定の22ページの論文の中で、科学者たちは、2002年から2019年の間に武漢の研究室で行われた実験を振り返って、数か月にわたる「科学捜査的分析」を説明している。
ダルグリッシュとソレンセンは、ジャーナルやデータベースのアーカイブを掘り起こし、中国の科学者たちが、ある者はアメリカの大学と協力して、コロナウイルスを作るためのツールを構築したとされる方法をつなぎ合わせた。
これらの研究の多くは、オバマ政権下の米国で一時的に非合法化された「機能獲得(Gain of Function)」研究が中心となっている。
「機能獲得」とは、自然界に存在するウイルスに手を加えて感染力を高め、実験室内の人間の細胞で複製できるようにすることで、そのウイルスが人間に与える潜在的な影響を研究し、理解を深めることができるというものである。
ダルグリッシュとソレンセンは、「機能獲得」プロジェクトに参加した科学者たちが、中国の洞窟コウモリで発見された天然のコロナウイルスの「バックボーン」に、新たな「スパイク」を継ぎ足して、致命的で感染力の高いSARS-Cov-2に変えたと主張している。
2人が強調した操作の痕跡は、SARS-Cov-2のスパイクに見られた4つのアミノ酸の列であった。
DailyMail.comの独占インタビューに応じたソレンセン氏によれば、このアミノ酸はすべてプラスの電荷を帯びており、ウイルスはマイナスの電荷を帯びた人間の細胞の部分に磁石のようにぴったりとくっつき、感染力を強めるという。
しかし、磁石のように正電荷を帯びたアミノ酸は互いに反発し合うため、自然界に存在する生物の中で3つ並んでいることさえ稀であり、4つ並んでいることは「極めてあり得ない」と同科学者は言う。
「物理学の法則では、正電荷を帯びたアミノ酸が4つ並ぶことはあり得ません。人工的に製造するしかないのです」とダルグリッシュ氏はDailyMail.comに語っている。
彼らの新しい論文によれば、SARS-Cov-2のこれらの特徴は、「意図的に操作されたことを示す」「固有の指紋」であり、「自然のプロセスの結果である可能性は非常に小さい」という。
「自然なウイルスのパンデミックでは、徐々に変異して感染力は強くなるが病原性は弱くなることが予想され、これはCOVID-19パンデミックで多くの人が期待したことであるが、実際には起こっていないようである」と科学者たちは書いている。
我々が合理的な疑いを持っているキメラウイルスSARS-CoV-2を歴史的に再現したことの意味は、どのようなタイプの機能獲得の実験を行うことが道徳的に許容されるかを再考する必要があると述べている。
「社会的な影響が大きいため、これらの判断は研究者だけに任せることはできない」と述べている。
ホワイトハウスのチーフメディカルアドバイザーであるアンソニー・ファウチ博士は、水曜日の上院公聴会で、武漢研究所の研究者に対する米国の資金提供が、議論の余地のある危険な「機能獲得」実験に使われていないとは限らないと認めました。
「彼らがあなたに嘘をついて、とにかく機能向上研究のために資金を使わなかったことをどうやって知ったのですか?」とルイジアナ州のジョン・ケネディ上院議員がファウチに尋ねた。
「分からない」と答えたが、研究所の科学者は「信頼できる」と付け加えた。
米国国立衛生研究所のフランシス・コリンズ所長は公聴会で、米国から資金提供を受けている研究所の科学者は「機能向上研究を行うことをNIHから承認されていない」と述べた。
研究論文に含まれるもう一つの印象的な主張は、パンデミックが始まった後、中国の科学者がCOVID-19ウイルスのサンプルを採取し、それを「レトロエンジニアリング」して、あたかも自然に進化したかのように見せかけたという証拠があるというものである。
彼らは、中国の科学者たちが採取したと記録された数年後の2020年初頭に、突如として遺伝子データベースに登録された一連の新しい株に疑念を抱いているという。
「私たちは、レトロエンジニアリングされたウイルスが作られたと考えています。ウイルスを変えてから、何年も前に配列されていたことにしようとしたのです」とダルグリッシュ氏はDailyMail.comに語った。
また、ダルグリッシュとソレンセンは論文の中で、中国の研究室における「意図的なデータの破壊、隠蔽、汚染」を指摘し、「知識を共有したいと思った中国の科学者がそれを実現できなかったり、姿を消したりしている」と述べている。
保存されていたウイルスの資料や関連情報は破壊されてしまったようです。そのため、我々は、永遠に埋まらないかもしれない大きなデータのギャップに直面している」と書いている。
「2020年1月以降に『出現した』株は信憑性がありません…1年前から我々は、2020年初頭に中国でレトロエンジニアリングが行われたことを示す一応の証拠を持っています」。
昨年1月、DailyMail.comは、武漢の研究所が2017年に開設されて以来、致命的な病原体が逃げ出すリスクについて、科学者たちが警告していたことを明らかにした。
中国は2017年、エボラウイルスやSARSウイルスなど、最もリスクの高い病原体を研究する目的で、安全性を最大限に高めるために設計された5~7つのバイオラボの計画のうち、最初のものを武漢に設置した。
メリーランド州のバイオセーフティコンサルタントであるティム・トレヴァンは、ラボの開設を目前に控えたその年、科学雑誌『ネイチャー』に、『誰もが自由に発言できる構造と情報のオープン性が重要である』として、中国の文化が研究所を安全でないものにしてしまうのではないかと心配していた。
実際、ネイチャー誌の記事によると、SARSウイルスは北京の研究所から何度も「逃亡」していたという。
ワシントンポストによると、米国務省の職員は2018年に武漢の研究所を訪問し、そこの安全性が低いことを警告する2つの公式警告をDCに送り返しているという。
武漢ウイルス学研究所に設置されている武漢国家バイオセーフティー研究所は、最も安全な分類であるバイオセーフティーレベル4と評価された中国初の研究所だった。
しかし、ソレンセン氏は、機能獲得の研究が行われていたと思われる同研究所のセキュリティの低いエリアからウイルスが逃げ出したと考えているという。
「研究所のリークを見たことがありますし、それが起こっていることも知っています。また、コロナウイルスの研究はバイオセーフティーレベル2または3の研究室で行われていることも報告書から分かっています。そのようなラボで機能獲得を行うとしたら、何を期待しているのでしょうか」と語った。
2020年2月には、華南理工大学の分子生物力学研究者であるBotao Xiao氏が、「殺人コロナウイルスはおそらく武漢の研究所から発生したものである」とする論文を発表し、同研究所の安全性に問題があることを指摘した。
数週間後、中国当局が研究所での事故を否定したため、シャオはこの論文を撤回した。
同月、27人の科学者グループが一流誌『ランセット』に声明を発表し、「Covid-19が自然由来ではないとする陰謀論を強く非難する」「このコロナウイルスは野生動物に由来するという結論が圧倒的に多い」と述べた。
その後、著者の3人がウォール・ストリート・ジャーナル紙に語ったところによると、現在では、実験室での事故がコビド19の起源を説明する上で考慮に値すると考えているという。
ダルグリッシュ氏はDailyMail.comに対し、COVID-19が人為的に作られた逃亡ウイルスであるという説への抵抗は、この事実が明らかになることで自分の分野が閉鎖されることを恐れる科学者たちによるものだと考えていると語った。
「これは、この種の遺伝子工学が妨害されないように、学問を守るための弱い防衛策のように見えます。私はそれを骨抜きにしています。機能工学の獲得はとっくの昔に禁止されているはずです」。
今週行われた米国議会の公聴会で質問を受けたホワイトハウスの主任医療顧問アンソニー・ファウチ博士は、武漢ウイルス研究所の機能獲得研究に米国の資金が投入されたことを否定した。
ファウチ博士は、米国国立衛生研究所が非営利団体「エコヘルス・アライアンス」を通じて、コウモリのコロナウイルスが人間に感染するかどうかを研究するために、中国の研究所に60万ドルを提供したと議員たちに語った。
また、NIH所長のフランシス・コリンズ博士は公聴会で、同研究所に所属する米国の資金提供を受けた科学者たちは、「機能獲得の研究を行うことをNIHから承認されていなかった」と述べた。
そして「もちろん、他の資金源や、承認された助成金で認められている以外の活動を行っていたかどうかは分かりません」と付け加えた。
NIHは、2020年4月にEcoHealth Allianceへの資金提供を中止した。
*訳者注:リバースエンジニアリング
リバースエンジニアリング(Reverse engineering、直訳すれば逆行工学という意味)とは、機械を分解したり、製品の動作を観察したり、ソフトウェアの動作を解析するなどして、製品の構造を分析し、そこから製造方法や動作原理、設計図などの仕様やソースコードなどを調査することを指す。ここでは、ウィルス研究にそれを当てはめたもの。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す