日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカジョン・ポデスタ、GITMOで処刑される

ジョン・ポデスタ、GITMOで処刑される

By Michael Baxter -2021年6月1日(Real Raw Newsより翻訳)

裏切り者。殺人者。ペドフィリア(小児性愛者)。ルシフェリアン(悪魔崇拝主義者)。クリントンとの共謀者。ジョン・ポデスタはまさに悪の権化だった。火曜日の朝、GITMO時間の午前8時ちょうどに、海兵隊員のボランティアで構成された軍の射撃隊が、ポデスタに6連射を発射した。

その2時間前、憲兵隊がポデスタを起こし、最後の食事をするかどうか尋ねた。涙を流して震えていたポデスタは、ドナルド・J・トランプと米軍が無実の男に有罪判決を下したと愚痴りながら、食欲がないと言って最後の食事を拒否したという。

手首と足首を拘束されたポデスタは軍用車両に乗せられ、映画『ア・フュー・グッドメン』に登場する架空のネイサン・R・ジェセップ大佐が住むマリーンヒルの南東1キロにある空き地に向かった。

そこは、刈り込んだばかりの草と6フィート×6フィート×2フィートのセメントの壁があるだけで、何もない場所だった。2人の憲兵が軍用車両からポデスタを降ろし、セメントのバリケードの前に連れて行き、その前で動かないように要求するのを、軍人と民間人の少数の見物人が見ていた。

最もよく知られている出席者は、ポデスタに対する軍の訴訟を起訴したクランドール少将と、驚くべきことに、反逆罪に問われているマーク・A・ミリー元帥を退けて統合参謀本部議長に就任したばかりのデビッド・H・バーガー海兵隊大将であった。

6人の海兵隊員がライフルを構え、20ヤードの距離でバリケードとポデスタに向かった。

「死刑囚が最後の言葉を言いたいなら、あるいは最後の儀式をしたいなら、今がその時だ」とクランドール少将は言った。

「私は死にたくありません。私は何もしていません。私は何もしていません。これは正当な手続きに対する異常な違反です。こんな風に一人で死ぬのは嫌です」とポデスタは言った。

ベルガー将軍が発言した。「孤独死を心配する必要はありません。あなたがどこへ行こうとも、ヒラリーがあなたを待っているし、私たちはもっとたくさんの仲間をあなたの所に送るだろう」。

ポデスタは、目隠しをしてほしいかと聞かれて、「関係ないでしょう」と答えた。

クランドール少将は、銃殺隊に向かってこう言った。「私が発射命令を出したら、君たちはライフルを同時に、中心に向けて撃つんだ。ライフルのマガジンには1発ずつしか入らない。『準備完了』の合図でその弾を装填するのだ。1つのカートリッジには空砲が入っている。罪悪感を感じる兵士がいても、空砲を撃ったのは自分のライフルだと納得してくれ。君たちはこの任務のために志願したことを忘れないでくれ」。

彼が「準備完了」の命令を出すと、海兵隊員たちはライフルを構え、1発ずつの弾を装填した。

「狙え」とクランドール少将が言った。

海兵隊員はポデスタの胸に狙いを定めた。

ポデスタは神に呼びかけた。

「撃て!」クランドール少将が命じた。

一斉に6人の海兵隊員が発砲すると、ポデスタの穴の開いた体が前に倒れ、地面に崩れ落ちたのである。その場にいた医師が脈を取り、血のついたポデスタの胸に聴診器を当てて、死亡を宣言した。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す