土曜日, 4月 13, 2024
ホームアメリカ軍事法廷がジョン・ブレナンに殺人と反逆罪を宣告

軍事法廷がジョン・ブレナンに殺人と反逆罪を宣告

By Michael Baxter -2021年5月24日(Real Raw Newsより翻訳)

わずか3時間の簡潔な法廷で、ジョン・ブレナンは、米海軍法務官軍団を代表して軍の主張を述べたダース・E・クランドール少将と激しく対立し、男性1人、女性2人の3人の士官委員会は、前CIA長官に殺人と反逆罪の有罪判決を下し、絞首刑を宣告した。


午前10時30分、憲兵隊は手錠をかけたブレナンをGITMOの南法廷に案内し、弁護人のデビッド・H・アンダーソン氏(ハウリー法律事務所)が待つ弁護席に着席させた。

ブレナンは法廷に入った瞬間から、クランドール少将と、彼に対する訴訟の是非を検討する3人の将校を威嚇するようににらみつけていた。彼のこわばった顔と不機嫌な顔は、彼らを憎しみに満ちた軽蔑としか言いようがないものであった。

クランドール少将は、2009年から2013年にかけてオバマ大統領のCIA長官を務めていたときに仕組んだ複数の殺人事件とブレナンを結びつけるために、無駄な言葉を使わなかったのである。壮大な議論は、2012年3月1日にカリフォルニア州ブレントウッドのレストランから帰宅中に不可解な死を遂げた保守派出版界の大物、アンドリュー・ブライトバートの暗殺を承認した2012年のCIA文書をクランドールが作成したことから始まった。ロサンゼルス郡検視局は、ブライトバートが冠動脈疾患の家族歴もなく健康であったにもかかわらず、心臓発作で死亡したと主張した。

パネルに提示された文書には、ページの下部にブレナンのサインがあった。

クランドール少将は、その文書を読み上げた。「Breitbart.comの発行者であるアンドリュー・ブライトバートは、愛国者法第215条により、国内のテロリストであり、国家安全保障に対する脅威であることが証明された。B.H.O.の命令により、ブライトバートを好機の対象と見なし、機関の取引を行う際には裁量権を行使する」。


「バラク・フセイン・オバマの要請により、明らかにあなたはブライトバートの殺害を命じた」とクランドール少将は、ブレナンに直接語りかけた。

ブレナンは立ち上がって、激怒しながら「私は命令どおりに国に仕えました。何も認めません。何も否定しません。私がここで見ているのは、ドナルド・トランプの後ろに隠れている小心者たちだけです。あなた方は皆、臆病者です」。

顧問弁護士のデビッド・H・アンダーソンは彼を黙らせようとしましたが、ブレナンは暴れ続けた。「私がこれまでにとった行動はすべて、国家の安全保障のためであり、このかつての偉大な国を破壊的な脅威から守るためのものでした。あなた方はそれを理解できないほど鈍感なのです」。

クランドール少将は、検察側の証人として、ジェームズ・ゲファーという元CIAのスパイを紹介した。ゲファーは、ブレナンの支配下にあったときに、アンドリュー・ブライトバートを含む5人の遵法精神に富むアメリカ人を殺害したと語った。ゲファーは、ブライトバートやオバマ大統領の悪名高い敵リストに載っている人物を殺すために「心臓麻痺銃」を使用したと述べた。

彼は2種類の武器について説明した。1つは氷を封じ込めた毒の弾丸を発射するもので、もう1つはより現代的な武器で、高濃度のマイクロ波エネルギーのイオン化したバーストを被害者の体に発射し、ほとんどの場合、即座に心筋梗塞を引き起こすものであった。ゲファーはブライトバートにそのような武器を使ったことがあると証言した。

「ジョン・ブレナンに言われてやったのですか」とクランドール少将は彼に尋ねた。

「そうです。彼は私に、ブライトバートはアンソニー・ワイナーの未成年女性とのメールのやり取りを暴露したこと、オバマの国籍を質問したこと、ミシェル・オバマが本当に男性であることを暴露するのに貢献したことで、犯罪的な責任があると言ったのです。極めて偏見を持って彼を排除するように言われました」とゲファーは語った。

「ブレナンの要請で他の人を殺したのですか?」とクランドール少将が尋ねた。

彼は2013年に『ローリングストーン』誌でブレナンのプロフィールを書いていたことを暴露した後、死亡事故を起こした。マイケル・ヘイスティングスの記事は、オバマ政権による国内外でのアメリカ市民へのドローン攻撃に疑問を呈したジャーナリストに対するブレナンの戦争を取り上げたものでした。

当初、彼の死は疑わしいとされていたが、ウィキリークスは6月19日に「マイケル・ヘイスティングスの死には非常に深刻な非公開の合併症がある」とツイートして公式見解に反論したが、その後、この事件は影を潜め、二度と語られることはなかった。

「ブレナンの要請でヘイスティングスを殺したのですか?」とクランダル少将がゲファーに尋ねた。

「私がやりました。彼がいつどこにいるか分かっていました。極めて単純なことでした。私は彼の命令で他の人を殺したし、他の機関の職員も、ブレナンが死を望んだために善良な人を殺したことを知っています。私は自分のしたことを後悔しています。しかし、私も罪を犯しているのです」とゲファーは言った。

ブレナンは再び立ち上がり、手錠をかけられた両手を宙に振った。「繰り返すが、私の行動は、この国を破壊したり弱体化させようとする人々に対して、この国をより良くするために取ったものだ。この国を守るために合法的な命令に従っただけで有罪にしたいのなら、そうすればいい。私がやったことはすべて、もう一度やり直す。おまえたちは臆病者の集まりだ。おまえたち全員に唾を吐いてやる」と言って、ブレナンは床に唾を吐いた。

「この30年間でこの国の真のリーダーはウィリアム・クリントンとバラク・オバマだけで、他はすべて茶番だ。私を死刑にしたいのか? そうしてくれ。今すぐにだ。私は死ぬことを恐れていない。このようにしてこの国に貢献できたことを誇りに思う」とブレナンは語った。

クランドール少将が委員会に十分な意見を聞いたかどうか尋ねたところ、委員会は十分聞いたと答えた。クランドール少将は、アメリカとその国民に対して行った無数の残虐行為に対して、首を吊って死ぬまで刑罰を与えるよう、ブレナンに勧告したのである。因みに、ジョン・ポデスタが銃殺刑に処される1週間後の6月7日(水)である。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す