日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカバイデンのボディダブルがウラジーミル・プーチンと対面

バイデンのボディダブルがウラジーミル・プーチンと対面

By Michael Baxter -2021年6月18日号Real Raw Newsより翻訳)

水曜日にヘルシンキで開催されたG7サミットで、ジョセフ・R・バイデンは、1月20日に不法に就任して以来、初めてロシアのプーチンに会った。しかし、ディープステートの粛清に関わる人物は、プーチンに会ったのはバイデンではなく、バイデンの顔を完全に模したマスクをつけたボディダブルであると確信している。

マール・ア・ラーゴの関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、本物のジョセフ・R・バイデンは、6月1日からウォルター・リード・メディカル・センターに入院しており、大規模な脳卒中を起こして衰弱し、下半身が麻痺しているため、会議やサミットに出席することはできなかったとのことである。私たちの情報源によると、バイデンの偽装政権と主流メディアは、カマラ・ハリスを大統領に据えるか、大統領の座を他の誰かに渡すかを決める間、バイデンの病気を隠そうと共謀したという。

「ドナルド・トランプは会議のコピーを入手し、彼のチームはそれを厳密に精査しました。その男は、バイデンのように見え、バイデンのように聞こえ、バイデンのように歩き、バイデンのように話していた。しかし、それはバイデンではなかった。映像を注意深く観察すると、その男は両耳に小さなイヤホンをつけていた。片方はロシア語の通訳で、もう片方は発言の指示を受けていたのではないか」と情報源は語る。

バイデンの健康状態に重大な問題があるにもかかわらず、ディープステートが憲法修正第25条を発動してハリスをヘルシンキに派遣しなかった理由を聞かれた情報源は次のように答えた。「プーチンがハリスを権威ある人物として受け入れることは、百万年経ってもあり得ないことだと知っているからだ。もし、彼女を外に出したら、彼は個人的な侮辱と受け取るだろう。俳優を起用することは大きなリスクを伴う。プーチンは鈍感ではない。彼は元KGBだ。しかし、ボディダブルはバイデンの物腰をよく教えられていたようで、プーチンを騙した。もし彼を騙すことができるなら、多くのアメリカ人を騙すことがどれほど簡単か想像してみてほしい、特にMSMが彼らの味方だ」。

さらに、トランプ氏のチームは、ボディダブルを特定したと報じられている。彼は82歳のアーサー・ロバーツで、1983年に公開された格闘技映画『リベンジ・オブ・ニンジャ』で邪悪な忍者ブラデンを演じたことで最大の名声を得たC級の俳優である。トランプ氏の関係者は、どのようにしてそのような結論に至ったのかは明かさなかったが、バイデン氏には複数の複製があると考えているという。ロバーツのIMDBページには身長が6フィート2と記載されているが、1995年に重度の脊椎圧迫損傷を受け、身長が約2インチ低くなっているという。ジョセフ・バイデンの身長は6フィートと言われている。

「トランプは、バイデンがまだ病院にいて、シークレットサービスとFBIのガードの下にあるという非常に良い証拠を持っている。ディープステートの問題点は、自分が無敵だと過信していることだ。しかし、すべてが明るみに出るのは時間の問題で、だんだんと短くなっていく」と関係者は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す