日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカ狡猾なアダム・シフ、銃殺刑に直面

狡猾なアダム・シフ、銃殺刑に直面

By Michael Baxter -2021年8月15日(Real Raw Newsより翻訳)

狡猾なアダム・シフは、優雅にこの世を去ったわけではない。


既報の通り、7月1日、軍事委員会事務局はシフに国家反逆罪とスパイ行為の罪を認め、国家に対する罪は死刑に値すると決定した。そして8月13日、軍はその約束を果たし、「抑留者」アダム・シフは銃殺刑で命を落としたのである。


午前5時30分、グアンタナモ・ベイ統合任務部隊(JTF GITMO)の隊員がキャンプ・デルタの独房からシフ氏を連れ出し、GITMOの南端にあるオールド・セメタリーのすぐ北側に陸軍工兵隊が建設したコンクリートの壁に案内したのである。


軍のディープ・ステート粛清に関わる関係者がReal Raw Newsに語ったところによれば、シフは処刑場所に向かう軍用車の中で「赤ん坊のように泣いていた」という。


「彼はあばずれのように命乞いをした」と情報源は語った。


しかし、シフは裁判の前にも裁判中にも、死刑を避けるために罪を償う機会が何度かあった。シフは告白するどころか、妻のイヴが、民主的に選ばれたアメリカ大統領であるドナルド・J・トランプを公然と誹謗中傷し、戦争を仕掛けるために、外国(中国)から800万ドルの贈り物を受け取ったと証言しても、自分は何も悪いことをしていないと言った。その代わりに、シフは、ディープステートエージェントが絞首台、銃殺隊、致死注射に直面する前に行ってきたのと同じ答えを出した。「私は命令に従っただけです」。


その命令により、彼は7つの銃声を聞くことになった。


午前6時、ディープステートの死刑執行を何度も監督してきたジョン・G・ハンニンク副提督が、シフに最後の言葉を伝えたいかどうか尋ねた。


「私は常に憲法に従ってきました。私は何も悪いことはしていません。なぜ私を殺そうとするのですか」とシフは泣きじゃくった。


シフは、一人の人間として自分の運命に向き合うよりも、目隠しをしてほしいと言った。


軍隊の銃殺隊にありがちなことだが、実弾を装填したライフルは1~2丁だけで、他は空砲であった。


ハンニンク副提督は、実行部隊に中心を狙うように指示し、「撃て」と命令した。


シフは胸に2発撃たれたが、死ななかった。彼は地面に倒れ、まるで「ワーム」を踊っているかのように身をよじらせ、息を切らし、理解できない言葉を吐き出した。


ハンニンク副提督は、拳銃をホルスターから外して弾を装填した。


その瞬間、シフの胸にもう1発の銃弾が炸裂した。


シフは最後に息を引き取り、現場の医師が死亡を確認した。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す