土曜日, 4月 13, 2024
ホームCovid-19ドクター・ファウチ "いや、私はワクチンを受けていない"

ドクター・ファウチ “いや、私はワクチンを受けていない”

By Michael Baxter -2021年9月14日(Real Raw Newsより翻訳)

ディープステートの主要なCovid-19ワクチン販売者であるアンソニー・ファウチ博士は、NIHの同僚にCovidの注射を受けておらず、今後も受けるつもりはないと自慢していたと、ワクチン接種プロトコルに関する「秘密保持契約に違反した、または違反することを検討した」という理由で6月にファウチが個人的に彼を解雇したと主張するNIHの元職員が語った。

今のところ匿名を希望する情報源がReal Raw Newsに語ったところによれば、彼は不当に解雇されたのであり、それは彼が研究所のCovid-19ポリシーに関する秘密保持契約書にサインしなかったからである。この書類にサインしなかった理由は、彼がNIHのAIDS部門で働いていたためで、Covid-19のプランデミック対応会議やワクチン開発からほとんど除外されていたからである。

読みやすくするために、RRNでは情報源をブライアン・ストワーズと呼ぶことにする。RRNはストワーズの学歴と職歴を調査したが、彼がファウチに恨みを持っていたり、不正を働くと考える理由はなく、彼の資格は揺るぎないものと思われる。NIHでの彼の主な仕事は、レベル2のラボテクニシャンとして、血液を遠心分離機にかけ、その結果を上司に伝えることだった。派手なものではない。

Covid-19のデータに触れることはなかったが、アンソニー・ファウチ博士の傲慢さと威圧的な存在感には触れていた。

「少なくとも週に一度は、ファウチは各部門を回っていた。彼は皆の仕事に首を突っ込むのが好きで、意味もなく人をけなしたり、嘲笑したりしていた。いずれにしても、FDAがファイザー社のワクチンに緊急使用許可を与えてから約2か月後の2021年2月15日、ファウチは私たちの部署にやってきて、友人や家族にできるだけ早い時期にワクチンを接種するように勧めるべきだと言った。しかし、彼は私たち研究員(その時、研究室には9人ほどいた)に、彼が言うように『何が起こるか分かるまで、ワクチン接種を遅らせるように』と言うのです」とストワーズは語った。

ファウチの発言の後、長く不快な沈黙が続いたという。

彼によると、一人の研究員がファウチに、なぜ友人や家族にはワクチンが安全で、NIHの職員には安全でないのかと尋ねたそうだ。

「ファウチの顔は真っ赤になりました。明らかにその質問に怒っていました。彼の判断に疑問を持つ資格はないと、私たちを叱り始めたのです。彼の指示に従わなければ、友人や家族の健康を危険にさらすことになるとファウチは言いました。彼は5分ほど暴言を吐き続け、ひどい悪態をついていました」とストワーズ氏は言った。

そしてストワーズ氏はファウチに敬意を表して、予防接種を受けたかどうかを尋ねた。

「それはどういう質問なんだ? おまえには関係のないことだが、私は予防接種を受けていない。ワクチンを打って病気になったらどうするんだ? そのリスクを負うには、私はここではとても重要な存在だ。あなた方も同じだ。だからこそ、待てと言っているんだ。しかし、皆さんは代わりがいるが、私は代わりがいない。政権は私にこの対応の舵取りをさせる必要があるんだ」とファウチは語ったという。

その4か月後、突然、ストワーズのもとに研究所の守秘義務違反を理由とする解雇通知が届いた。その通知書には、ファウチの直筆のサインがあった。

「争っても無駄だと思いました。私は6か月分の退職金をもらって、次の仕事が見つかるまでの間、それで我慢しようと思っていました」とストワーズ氏は言った。

最後にストワーズ氏によれば、ファウチはNIHの施設内でマスクをしたことはなく、ファウチの言葉を借りれば、「部外者、侵入者、メディア」が近くにいるときだけマスクをしていたという。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す