木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカディープステートのへぼ記者、トランプへの新たなヒット作を発表

ディープステートのへぼ記者、トランプへの新たなヒット作を発表

By Michael Baxter -2021年9月15日(Real Raw Newsより翻訳)

かつてはまともなジャーナリストだったが、ピューリッツァー賞を受賞した作家のボブ・ウッドワードは、この10年間で自らをへぼ記者(Hack*)の域にまで貶めてしまった。彼は偽情報の提供者となり、本の売り上げだけでなく、ドナルド・J・トランプが権力の座に返り咲くと考えると未だに恐怖に震えるディープ・ステートの幹部からも収入を得ている。

ウッドワードは現在、トランプに関する3つのヒット作を書いている。『Fear』(2018年)、『Rage』(2020年)、そして今回の『Peril』(2021年)である。この3冊は、トランプ大統領のほぼ年代順に描かれており、恐ろしくも気まぐれな世界を危険にさらし、米国を転覆させそうになった男の姿を浮き彫りにしている。ウッドワードの言葉を信じるならば、ドナルドが核戦争を始めるのではないかと恐れたトランプ自身の部下たちが、米国と世界を守るために彼を裏切ったということになる。

しかし、偽情報の専門家に変身したジャーナリストであるウッドワードを信じてはならない。

RRNでは『Peril』の前刷りを入手したので、私は3回にわたって読んでみた。

『Peril』のページには、不正確な記述や誤りが多く、全くの作り話や文脈から大きく外れた話が、特にトランプ大統領を悪者にしたり、悪口を言ったりするために書かれている。

『Peril』は主にトランプ大統領の任期最後の日に焦点を当てており、1月6日といわゆる国会議事堂での暴動に大きな注目が集まっている。この本の中でウッドワードは、軍のトップ指揮官たちが、トランプが危険な軍事攻撃を行ったり、核兵器の発射を指示したりするのを防ぐために秘密裏に行動したと主張している。これは、トランプが選挙での敗北を苦にして、盛大に退陣したいと考えていたからだ。ウッドワード氏によると、これらの軍司令官は、トランプ氏が新たな戦争を始める口実として国内で「偽旗」事件を起こすことを恐れていたという。

ウッドワードの主要な情報源はマーク・A・ミリー元帥であり、ウッドワードは彼に何度もインタビューしたと主張している。『Peril』全体を通して、著者はこれらのインタビューの日付を漠然としか示していないが、日付は重要である。重要なのは、Real Raw Newsが、4月14日にミリーが倒され、海兵隊のデビッド・H・バーガー元帥が後任に就いたと主張し、今もそう信じているからであるが、MSMはこの事実を認めようとしない。

第10海兵隊の司令官であるアンドリュー・M・ケリー大佐は、RRNに「これは影の戦争だ」と語った。「ディープステートは、そのような知識が社会への支配力や締め付けを失わせることを恐れて、損失を認めようとしません。我々が黙っているのは、隣人が隣人に対して武器を持ち、アメリカの街でアメリカ人の血を流すのを見たくないからです。それを防ごうとしているのです。安心してください、ミリーは力を失ってGITMOにいます。」

もしウッドワードが4月14日以前にミリーにインタビューしていたら、インタビューは行われていたかもしれない。一方、4月14日以降に行われたのであれば、ウッドワードはインタビューを捏造したか、本物のマーク・A・ミレイ元帥を装った替え玉を使ってインタビューを行ったかのどちらかである。どちらにしても、ミリーはトランプに任命されたとはいえ、常にアメリカ合衆国の利益に反する行動をとるディープステートの仕業だったのである。

1月6日の直後、本物のミリーはナンシー・ペロシ下院議長と共謀して、国家の戦略兵器を制御する核のコマンドコードをトランプから剥奪した。このクーデターが成功したというウッドワード氏の話は全くの作り話で、トランプ氏は1月20日までコードと核のフットボールを保持していたが、その後、1807年の暴動法に基づいて軍が核コードを暫定的に管理し、非合法のバイデン政権が無謀にもアメリカを核戦争に突入させるのを防いだのである。

『Peril』のページでは、トランプ氏がスタッフや家族を必要以上に侮辱したり、叱責したりする激烈な精神異常者であることが多くの時間を割いて描かれている。確かにトランプは気性が荒いが、正気で理性的な大統領であれば、副大統領と司法長官がディープステートの手先であることを知っても、熱くならないだろう。しかし、メラニアからジャレッド・クシュナー、ルディ・ジュリアーニからスティーブ・バノン、さらには自分の息子までも罵倒したというウッドワードの話は、RRNが話を聞いた信頼できる情報源によれば、純粋な創作であるという。

ウッドワード氏の散文を批判するために1,000ページを書くこともできるが、私やあなたの時間を割く価値はない。結論として、この本はくだらない。この本の内容が真実であるということは、ウッドワードがパラレルワールドに住んでいるということだ。

『Peril』はSimon & Schuster社から出版されており、Simon & Schuster社にはジョージ・ソロスとオープン・ソサエティ財団が一部出資している。


*Hack:売文家,へぼ記者,三文文士;((けなして))(下っ端)政治家,しがない労働者,(報酬目当ての)雇われ専門家

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す