日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカギャビン・ニューサム氏、白人の学校の子供たちに小作制度の方法を学ばせたいと考える

ギャビン・ニューサム氏、白人の学校の子供たちに小作制度の方法を学ばせたいと考える

By Michael Baxter -2021年10月11日(Real Raw Newsより翻訳)

2021年のカリフォルニア州リコール投票で共和党候補のラリー・エルダーに圧勝したことで勢いづいたギャビン・ニューサムは、急進的な「人種平等改革」の計画を州の教育省に提案した。この計画が可決されれば、白人が50%以上の生徒はシェア・クロッピング(小作制度)の授業を受け、アボカド畑での労働で実験単位を取得しなければならなくなる。

ニューサム氏は、この構想をカリフォルニア州の教育長であるトニー・サーモンド氏に提案したが、その翌日にはカマラ・ハリス氏と秘密の会合を持ち、ハリス氏はこの構想を支持し、人種的不平等に対する意識を高めるために事務所の力を最大限に活用すると述べた。ハリスとニューサムは、このプログラムが搾取的なものではなく、参加者が自分や両親、先祖が何世代にもわたって享受してきた「白人の特権」をより深く理解するためのものであることに同意した。

サーモンドは、この計画に署名したものの、政治的な混乱を緩和し、州内に数少ない保守派の議員からの反発を和らげるためには、修正や規定が必要だと述べた。彼は、フィールドワークの対象を5年生以上に限定することを提案したが、幼稚園児から4年生までは、教室のカリキュラムに「白人の特権理論」を取り入れることにした。

ニューサムは、サーモンドの提案について、「学ぶ時期が早ければ早いほどいい。しかし、低学年の子供たちが希望すれば、アボカドを収穫する実験やフィールドワークもできるような方法を見つけるべきだと思います。子供たちが仲間はずれにされていると感じないように。保護者の方に承諾書にサインしてもらったり、医師の診断書を提出してもらったりして、小さい子供であっても、その作業に適していることを証明してもらうのです」と述べた。 

ニューサムはサーモンドに対し、今後10年間の白人労働者は、いつか「年季奉公」になりかねない人種構成の変化を生き抜くために、新しい技術を学ぶ必要があると語った。

これに対し、サーモンドは、白人比率50%以上の基準を満たす生徒を、教育省はどのように判断するのかと質問した。

「黒人の父親と白人の母親、またはその逆であれば、条件に当てはまります。また、ヒスパニック系も同様で、彼らはカリフォルニアの原住民です。しかし、リトマス試験法を開発し、国勢調査のデータを利用して、判断の指針とすることができます。先祖代々の家系図をすべて調べる必要はありません、それでは時間がかかりすぎます」とニューサムは言った。

南北戦争前のミシシッピでは、小作農と土地所有者が毎年の収穫物を分け合っていたからだ。

「生徒たちは収穫したアボカドの5%を学校給食に出すことができます。白人の抑圧を学び、働くことの意味を学ぶことができます」とニューサム氏は語り、フィールドワークは学校の授業時間中に行われるため、児童労働法を回避することができると付け加えた。「遠足と言ってもいいでしょう」。

サーモンド氏はニューサム氏に、このコースの生徒は現在のCDCによるマスク着用の義務を守らなければならないのかと質問した。

「もし、これらの義務を無視したら、カマラ、トニー(ファウチ)、ロシェル(ワレンスキー)の3人から批判を受けることになるでしょう。それは馬鹿げた質問です。もちろん、教室でも現場でも、彼らはマスクをしなければならないでしょう」とニューサムは答えた。

カリフォルニア州の教育政策に影響を与えているサーモンドは、この議題に大きな期待を寄せているが、州内の主要なリベラル派の拠点であるロサンゼルス郡、ソノマ郡、モントレー郡の教育委員会の意見を聞いてから、趣意書を作成したいと語った。

「これがうまくいけば、他の州も追随するでしょうが、私たちは最初にやったという栄誉を得ることができます」とニューサムは語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す