木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカハンター・バイデンがGITMOで絞首刑に

ハンター・バイデンがGITMOで絞首刑に

 By Michael Baxter -2021年10月16日(Real Raw Newsより翻訳)

ハンター・バイデンの人生は、金曜日の午前8時、軍事委員会事務局の協力のもと、米海軍法務顧問団によって絞首刑に処されて終わった。グアンタナモ湾の軍事法廷で、反逆罪(死刑)と未成年女性に対する数多くの性犯罪で有罪とされてからわずか数週間での死刑執行だった。

ハンター・バイデンが生きていた最後の時間は、他のディープステートのエージェントたちと驚くほど似ていた。朝6時に起こされ、最後の食事を与えられた。その後、GITMOの警備員が彼をキャンプ・デルタの出口まで連れて行き、軍用車と3人の武装した海兵隊員が彼の到着を待っていた。そして、GITMOの南端まで行くと、そこには今月初めにビル・ゲイツが絞首刑にされたのと同じ絞首台がそびえ立っていた。

絞首台の周りには、クランドール海軍少将、デビッド・H・バーガー海兵隊大将、ジョナソン・P・ブラガ米陸軍中将(米陸軍特殊部隊司令官)などの軍人たちが集まっていた。

壇上には、海軍牧師と絞首台を担当した匿名の兵士が立っていた。

RRNでは、出席した他の高級将校の名前を伏せるように求められている。

壇上に続く浅い階段を上り、首に縄をかけられたバイデンは、クランドール少将から「最後に何か言いたいことはないか」「懺悔の言葉を述べたいか」と尋ねられた。

「私にこんなことはできない。私は民間人であり、政治家ではない。私はゲームに参加しているわけでもない」とバイデンは反抗的に述べた。

「ゲーム?」クランドール少将が尋ねた。「絞首刑になりそうなのに、ゲームの話をしているのか。あなたはおそらくこれをチェスのゲームだと思い、自分をルークやクイーンだと思っていたのでしょう。あなたは常に駒であり、あなたが言うようにゲームに身を投じて、この国の象徴であるすべてのものに反して、暴走したのです」。

「すべてはバラクのおかげだ。彼がすべてのショットを指揮している。Covid-19から経済の低迷、国の崩壊まで、すべて彼の仕業だ。私は楽しんでいただけなのに」と匿名の兵士が縄を締め付ける中、バイデンは訴えた。

「もう知っていることを話す時間はありません」とクランドール少将が言った。

牧師が最後の儀式を行うと、一瞬のうちに落とし戸がバイデンの足元で開いた。彼の首が折れた。

クランドール少将は集会で、「私はこのような死刑執行を監督することに何の変態的な喜びも感じません。しかし、今日の正義は果たされた」と述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す