木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカギャビン・ニューサムがGITMOで絞首刑にされる

ギャビン・ニューサムがGITMOで絞首刑にされる

By Mike Baxter -2022年1月24日(Real Raw Newsより翻訳)

カリフォルニア州知事のギャビン・ニューサムは、午前6時半にキャンプデルタの独房を出て、基地の南端にあるリーワードポイント飛行場近くに建てられた絞首台まで車で運ばれた。

拘禁者のジャンプスーツに、足には大きすぎるローファーを履いたニューサムは、ダース・E・クランドール少将と、残忍な装置の前に半円形に並んでいる軍幹部の一団に、威嚇的な険しい顔を向けた。共和党の知事と保守派の政治家も出席していたが、RRNは彼らの身元を隠すように言われた。

ニューサムのMPガードが絞首台の根元まで案内すると、米国陸軍工兵隊のメンバーが台の上に立ち、ニューサムがまもなく立つことになる骨組みと回転する床の扉の構造上の最終チェックを行った。彼は、絞首台が正常に作動していることに満足して、台を離れた。そして、ニューサムの頭を縄に通し、首が折れるまで落とすボタンを押す責任を負う匿名の兵士と入れ替わったのだ。

ニューサムは、ためらうことなく、また警備員に促されることもなく、階段を上り、編んだ縄が首に締め付けられるまでじっとしていた。

クランドール少将が言った。「ギャビン・ニューサム、君は軍事委員会によって反逆罪と子供に対する言葉にできない犯罪で有罪判決を受け、絞首刑に処されることになった。通例通り、最後の儀式を行うか、それとも最後の言葉を述べるか?」

「ああ、おまえも含めて、ここではみんな駒なんだ、クランドール。過ちを正すと信じているんだろう。権力のあるなしを問わず、何が黒で何が白か判断する権利がある。俺が何を餌にしているか分かるか? 恐怖と快楽だ。俺は支配するために選ばれた。おまえは俺が神を冒涜していると言うが、俺がしたことは、俺ができるからしたんだ。そして、それは気分が良いからだ。きょう、おまえは俺を殺したと思っているだろうが、それは幻想だ」とニューサムは憤慨した。

「心神喪失の抗弁には遅すぎる」クランドール少将が呼びかけた。

「俺がそうであるとき、準備はできている、クランドール」ニューサムは吐き捨て、彼の言葉は突然、いくつかの舌打ちとしか言いようのないものになった。彼の舌は口の中で動いたり離れたりした。「Vermes et vermiculi comedent animam tuam」とニューサムはラテン語で言った。このフレーズは、英語にざっくりと訳すと、「虫があなたの魂を食べちゃうよ」という意味だ。

「彼は頭がおかしいんだ」と、出席していた政治家の一人が言った。

クランドール少将は壇上の兵士にボタンを押すように指示し、しばらくしてニューサムの無残な体がロープからぶら下がった。海軍の医師が脈を測り、聴診器をニューサムの胸にあてた。

「彼は死にました」と医師は言い、午前7時35分(米国東部時間)、ニューサムの死亡を宣告した。

ニューサムの遺体はポリウレタン袋に密封され、所在不明の場所に運ばれた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す