火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカ独立記念日銃撃犯はANTIFAであり、トランプ支持者ではない

独立記念日銃撃犯はANTIFAであり、トランプ支持者ではない

By Michael Baxter -2022年7月5日号(Real Raw Newsより翻訳)

月曜日、いくつかの主流メディアは、トランプの旗を身にまとい、トランプの集会やQアノンの集会に参加しているソーシャルメディアの投稿を証拠として挙げ、独立記念日殺人犯ロバート・クリモをトランプ支持者とレッテル貼りした。写真は本物らしく見えたが、クリモはドナルド・J・トランプの支持者ではなかった。それどころか、身長180センチ、体重120キロのこの自称ラッパーは、「アウェイク・ザ・ラッパー」という呼称を使い、アメリカと白人特権を憎むために7月4日を選んで凶行に及んだANTIFAの活動家だったのだ。

クリモは屋上から、MSMと犯罪者バイデン政権が「ハイパワー」ライフルと呼ぶもので6人を殺害し、20人に怪我をさせた。クリモの活動拠点は、シカゴの都心部ではなく、イリノイ州ハイランドパークの白人が多く住む地域だった。彼は当初、現場から逃走したが、その後、地元警察と連邦捜査官によって短時間のカーチェイスの末に逮捕された。

イリノイ州のFBI捜査官が匿名を条件に語ったところでは、MSMと政府が共謀してクリモの真の忠誠と無実のパレード参加者を殺害する理由を隠していることを証明するデータをReal Raw Newsに提供したそうだ。

彼によると、警察はクリモのポケットから、”ホワイト・アメリカ “への軽蔑を詳述した3ページのマニフェストを急いで見つけたという。ラップ調のぞんざいな文章で、クリモは「白人の特権」を非難し、「白人のアメリカ」の没落を呼びかけ、カマラ・ハリスとAOCに「白人の体制」に対して戦争を仕掛けるように懇願している。

「クリモは尋問の間、彼のマニフェストとMAGAの旗をまとった画像との整合性を尋ねられた。彼は担当の捜査官に、『おいおい、君には僕がMAGAに見えるのか? オレンジ色の男を支持しているように見えるか?』と言った。彼は、ドナルド・トランプとその支持者を嘲笑するためにMAGA装束を着てMAGAイベントに参加したのであって、彼らに同調したわけではないことを認めた。彼はまた、ANTIFAの台頭についても語った」と情報筋は語っている。

さらに、生物学的に男性であるクリモは、女性を自認しており、政府主催の税金による性転換手術の承認を待つ間、プロゲステロン療法を受けていると捜査当局に話したという。クリモは音楽で収入を得ていると言われているが、彼はメディケイドの受給者だった。2010年3月23日、フセイン・オバマのオバマケア法は、保険会社が性転換手術の適用を除外することを禁じた。

「顔の入れ墨と一部オレンジ色の髪を持つ22歳のクリモについて、これは非常に邪悪で、非常に混乱している子供だ」と、我々の情報筋は語った。

クリモは、同名の映画でホアキン・フェニックスが演じたジョーカーに自分をなぞらえていると、彼は付け加えた。この映画では、主人公が富裕層に対する暴力的な反文化革命を鼓舞している。

最後に、クリモは連邦捜査官に、彼の殺人は、ロー対ウェイドを覆すという最高裁の判決に触発された部分もあると語った。

「もうすぐ正式に女になるんだ、白人に自分の体のことをとやかく言われたくない」とクリモは言ったと伝えられている。

「捜査員が武器をどこで手に入れたのかと尋ねると、クリモは『贈り物だ』といって大笑いした。その後、彼は黙り込み、弁護士を要求した」と情報筋は語った。

「FBI長官のクリストファー・レイは、クリモの部分的な自白を知らされた。レイはANTIFAについて明確に言及しないよう命令を下した」と、情報筋は最後に述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す