日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカスティーブン・K・バノン、トランプに不利な証言をするとするメディアの主張に反論

スティーブン・K・バノン、トランプに不利な証言をするとするメディアの主張に反論

By Michael Baxter -2022年7月11日(Real Raw Newsより翻訳)

Real Raw Newsと長年のトランプの味方スティーブン・K・バノンとの電子メールの中で、後者は、彼自身の差し迫った裁判で慈悲と引き換えにトランプ大統領に反対して証言するだろうと主張するAP通信の記事に反論している。

「私は決して偽の証人になることはありません。この話は全くのでたらめだ」とバノンはRRNに語った。

彼の発言は、1月6日の架空の国会議事堂襲撃事件へのトランプの関与について、彼が啓示を受けて「真実を語る」準備ができたというMSMの嘘に対する激しい反論であった。

AP通信によると、バノンはリズ・チェイニーとナンシー・ペロシに取引を懇願し、ゾーイ・ロフグレン下院議員(民主党、カリフォルニア州)は日曜朝のニュース放送で、バノンを個人的に尋問するつもりであると述べたという。

バノンはRRNに、「嘘、嘘、さらに嘘。なぜ私があの女と話さなければならないのか?」と語った。

バノンは、委員会での証言を拒否しているトランプ大統領関連の人物の中で最も有名な一人で、昨年、委員会の違法な召喚に抵抗したことで議会侮辱罪の刑事訴追を2件受けるに至っている。

「もし私が話すとしたら、それは私の大統領を守るためだ」とバノンは言った。

「私の弁護士は話してもいない」と、彼の弁護士がリズ・チェイニーと取引をしているという主張について述べた。

バノン氏は、トランプ氏が行政特権を行使したため、委員会は同氏に発言を強制できないと述べた。行政特権とは、行政機関のメンバーやその代理を務める者を強制的な証言や悪意のある訴追から保護するものである。

「もし彼らが私を力づくで引きずり込んだら、私はトランプがどんなに素晴らしい仕事をしているかを話すだろう。私はトランプ大統領を支持するし、これからもずっとだ。こうした作り話は、私たちの間にくさびを打ち込むためのもので、うまくいくはずがない。ドナルドは自分の本当の友人が誰なのか知っている」とバノンは語った。

Real Raw Newsは、スティーブン・K・バノンが、ディープ・ステートに対するトランプの戦争について継続的に詳細を提供してくれた、マール・ア・ラゴの5人の情報源のうちの1人であることを明らかにすることができる。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す