土曜日, 4月 13, 2024
ホームアメリカディープ・ステートが言論の自由のパイオニア、アレックス・ジョーンズを叩くー私の考え

ディープ・ステートが言論の自由のパイオニア、アレックス・ジョーンズを叩くー私の考え

By Michael Baxter -2022年8月6日(Real Raw Newsより翻訳)

インフォウォーズのオーナーで言論の自由のパイオニアであるアレックス・ジョーンズに対して下された不利な判決について私の考えを共有するよう、コメントや電子メールで尋ねられた。

羊たちの沈黙で、ハンニバル・レクターがクラリス・スターリングに殺人鬼バッファロー・ビルについて「あなたが探しているこの男は何をしているのか」と尋ねると、スターリングははっきりと「女性を殺している」と答えた。

「違う!」レクターは力強く答える。「それは付随的なものだ」。そして、ビルの殺人は、彼の真の憧れである貪欲の副産物に過ぎないと指摘する。

アレックス・ジョーンズは付随的なもので、言論の自由に対するディープ・ステートの戦争における付随的な犠牲者であり、ホワイト・ハウスの話法と主流メディアの独断的な見解に反するすべての議論を黙らせるという欲望であった。茶番劇のような裁判は、アレックス・ジョーンズについてでは決してなく、実際に、そして確実にサンディ・フックについてでもなかった。それは、あなたや私だったかもしれない。しかし、ジョーンズは、その場で最も大きく裕福な子供で、食欲をそそるターゲットになった。ー言論の自由のコミュニティにおける彼の名声と影響力は、彼の背中に十字線を置き、彼はそれを自覚していた。

ジョーンズを起訴することで、ディープステートは、公式のシナリオに疑問を呈する勇気のある人物に、純粋なメッセージを伝えまた。:もはや、あなたを単に取り消したり、プラットフォームから削除したりはしない、破産と貧困のためにあなたを訴えるだろう、と。

ディープステートのジョーンズに対する訴訟は公然たるものだった。彼は法廷に足を踏み入れる前に有罪を宣告された。彼は無傷で法廷を去ることはできなかった。たとえジョーンズのひどい弁護が魔法のように証拠、決定的な証拠を作り出したとしても、それはサンディ・フックで危機的な俳優が使われたという他のすべての除外を越えて明白に証明するものであり、裁判所はまだ彼の損害賠償責任を認めただろう。

私はジョーンズの弁護団を非難する記事を見たが、たしかに、彼の弁護士は想像しうる限り最も無能な弁護士の一人だった。どんな立派な弁護人が検察側の特権情報を「誤って」送るというのだろう? しかし、結局のところ、ジョーンズはOJの「ドリームチーム」を雇ったとしても、有罪になったかもしれない。ディープ・ステート、リベラルな狂信者、そして「目覚めた」大衆は、異論を許さないだろう。従わなければならない。権威に疑問を持ってはいけない。

ジョーンズにとって最も直接的な権威は、中傷的な検察官と、アメリカの法制度の歴史の中で最も偏った判事だった。彼らは、ジョーンズの弁護士から出されたほとんどすべての異議を却下しながら、互いを翻弄し、チームとして動いた。検察側は、ジョーンズがCovid-19のロックダウンに反対した発言を証拠として提出することを許可したのだ。Covidはサンディ・フックと一体どのように関係しているのだろうか? ジョーンズの弁護士はその質問をしたが、ディープ・ステートの裁判官によって黙殺された。

要するに、ジョーンズは、言論の自由という憲法で保護された権利を行使したために、不当に悪口を言われたのだ。彼は意見や見解を述べたのであり、サンディ・フックでは誰も殺していないことは確かである。

私は、控訴裁判所が彼に対する判決を無効にすることを望むが、私は期待していないし、アレックスもそうすべきだ。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す