日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカFBIはまだマール・ア・ラーゴを監視している

FBIはまだマール・ア・ラーゴを監視している

By Michael Baxter -2022年9月1日(Real Raw Newsより翻訳)

FBIがドナルド・J・トランプ大統領のフロリダの自宅を不法に襲撃し、物色してからほぼ1か月が経過したが、同局の悪の手先は、容易に想像できる理由で、いまだにパームビーチのマー・ア・ラゴやその他の地域付近でこそこそしている。

トランプのマー・ア・ラゴの警備部隊の人々は、Real Raw Newsに、パームビーチは、8月8日のトランプの敷地への侵入以来、FBIが流入してきたと語った。FBIは、目立たないようにしているにもかかわらず、やたらと目立つという。黒いスーツにネクタイという地味な格好をした捜査官が黒いSUVを運転し、象の鼻ほどの望遠レンズをつけたカメラを手に、マー・ア・ラゴのゲート脇に車を止め、敷地内だけでなく、FBIの攻撃に抗議して南フロリダに集まったトランプ支持者の写真を撮り続けている。

毎日数回、黒のフォード・エクスペディションかGMCデナリが1100 S. Ocean Blvdの外で徐行する。視覚を遮断する色付きの窓が下がり、その隙間からカメラレンズの鼻先が見える。トランプ支持者がいる場合、車両は捜査官が現場にいる全員を撮影するまで待機する。カメラレンズは引っ込み、窓は開き、SUVは姿を消すが、数時間後に戻ってくる。

FBIが張り込んでいるのは、マール・ア・ラーゴだけに留まらない。マール・ア・ラーゴから北に数キロのところにある高級イタリアンレストラン「BiCE Ristorante」だ。トランプ氏の土地に滞在する宿泊客や要人がよく利用する。トランプ氏の警備部隊の幹部によると、レイバンのスマートグラス(音声や映像を取り込めるサングラス)をかけたFBI捜査官が、四六時中このレストランで目撃されているという。

「彼らは一日中テーブルに座ってブラックコーヒーを何杯も注文しているが、食べ物は注文しません。服装も態度も彼らであることが分かります。開店から閉店までずっとトランプの話を聞いています。バカバカしい。マガ(MAGA)の服を着た人が現れたら、すぐにその人に焦点を当てるんです」と、情報筋は語る。

FBIは、あまり裕福でないカフェでも目撃されている。1950年代の雰囲気が漂うレトロなランチ&ディナーの店「City Diner」には、マー・ア・ラゴのスタッフ、つまり数百ドルもする食事ができない人たちがよく訪れるという。

「J.C.ペニーのスーツを着て、出入りする人を見張っています。先週は、2人のFBIがテーブルに座っているのを見ました。私は彼らに近づき、挨拶をして、観光客か町の外から来た人かと丁重に尋ねました。私はとても淡々としていました。彼らは、この地域のイルカの回遊を研究している海洋生物学者だと言いましたが、明らかに嘘です」と、情報筋は言う。

さらに、FBIはトランプ支持派のバナーや旗を掲げたパームビーチの家の写真やビデオを撮影し、場合によっては私有地に不法侵入してそれらを撤去している。

「私たちは、市民から、SUVに乗った男たちが家の外に駐車し、土地の写真を撮り始めたという報告をたくさん受けています。少なくとも3人が、男たちが車から出てきて、トランプ氏支持の芝生看板を引っ張ったと話しています」と情報筋は語った。

家宅捜索以来、ニューヨークのトランプ・タワーズでほとんどの時間を過ごしているトランプ大統領とつながりがあるか、友人であるかは不明だ。

「これは、トランプとその支持者に対する執念深い十字軍だ。彼らは違法な捜査令状の有無にかかわらず、二度とマー・ア・ラゴに入れないだろう。もし彼らが試みるなら、驚きが待っている」と、我々の情報筋は言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す