土曜日, 6月 3, 2023
ホームGITMOデサンティス、再びGITMOへの入場を拒否される;軍は撃墜すると脅す

デサンティス、再びGITMOへの入場を拒否される;軍は撃墜すると脅す

By Michael Baxter -2023年3月26日(Real Raw Newsより翻訳)

フロリダ州知事で大統領候補のロン・デサンティスは、理由は不明だが、海軍の下級将校として、ジハード拘束者の強制給食を許可したとされる悪名高い収容施設、グアンタナモ湾に再びアクセスしようと必死なようだ。デサンティスは、このような事件の許可や目撃を断固として否定し、ピアーズ・モーガンとのインタビューで、「私には何も許可する権限はなかった。誰かが死にそうなら食事を与える司令官もいたかもしれないが、それは私に権限があることでもない」と述べている。それは2006年、デサンティスが海軍中尉としてその法務官部隊の一員として、つまり軍事弁護士として勤務していたときのことである。

2021年8月、デサンティスは古巣を訪れたいと改めて思うようになった。彼はクランドール副提督とともに基地を見学し、管理棟やキャンプデルタに立ち寄った後、プライベートジェットに乗り込んでフロリダに戻る。

彼の訪問は、ホワイト・ハットの間で波紋を呼んだ。バーガー将軍とスミス将軍は、クランドール副提督とGITMOの指導者にデサンティスの入場を禁止するよう求めた。彼らは、サンシャイン州(フロリダ州)の知事がディープ・ステートのシンパ、協力者、あるいはその両方であり、スカル&ボーンズのメンバーであることを証明する証拠を持っていると主張している。

クランドール副提督の連絡係は、「もしデサンティスが私たちの考える人物で、私たちが確信しているのなら、彼はグアンタナモ湾に用はない」とReal Raw Newsに語っていた。

2月にデサンティスが再訪問の予定を立てようとしたとき、GITMOのスタッフは彼のスポークスマンであるクリスティーナ・プショーに、GITMOは招かれざる訪問者には閉鎖されていると告げた。

しかし、プショーやデサンティス陣営の他の人々は、GITMOの電話に要求や要望を殺到させることを止めなかった。

「1日に4、5、6本の電話がかかってきて、デサンティスはGITMOに来なければならないと言うのです。彼は決して電話をかけず、いつも彼の代理人がかけてきます。私たちは彼らに、デサンティスに会いたければ彼に電話すると言っています。それまでは、彼はペルソナ・ノン・グラータ(重要人物ではない)なのです」と、情報筋は言う。

しかし、それでも彼らは電話をかけ続け、そのたびに好戦的で強引に聞こえるようになり、ついにはクランドール副提督がプショーに、ハリケーン「イアン」の際にFEMA長官デニース・クリスウェルと協力し、FEMAのエージェントが避難した嵐の犠牲者の家を略奪したとして「ディープ・ステートのデサンティス」はGITMOを訪れる権利を喪失したと自ら告げた。

「その電話は3月の第2週に起こったと思います。しつこい電話がしばらく途絶えたので、ようやくデサンティスがヒントを出したと思いました。しかし、それは間違いであり、3月23日に再び電話がかかってきたのです」 と、この情報筋は語っている。

プショー氏は、「デサンティスにリーワード・ポイント飛行場への着陸を許可するか、とにかく来てもらうか」という最後通告をしたという。GITMOの幹部は、スミス将軍と状況を話し合い、スミス将軍はデサンティスの部下に対処すると言った。

1 日後、スミス将軍はプショーと話し、「デサンティスが空路や海路でGITMOに近づいた場合、敵性戦闘員と認定し、発砲する」という厳しい警告を発した。彼女はスミス将軍を「怪物」と呼び、電話を切ったという。

私たちは情報筋に仮定の質問をした: GITMOがデサンティスの大統領選を台無しにするような悲惨な情報、デサンティスが破棄を望むような不都合な情報を持っている可能性はないのか?

「確認も否定もできない。ただ、彼がここで歓迎されていないことだけは確かです」と情報筋は言う。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す