水曜日, 6月 7, 2023
ホームアメリカ特殊部隊が、ウクライナに向かう薬不足の医薬品でいっぱいの政権側の倉庫を急襲する

特殊部隊が、ウクライナに向かう薬不足の医薬品でいっぱいの政権側の倉庫を急襲する

By Michael Baxter -2023年5月14日(Real Raw Newsより翻訳)

サウスダコタ州のクリスティ・ノーム知事は今週、犯罪者バイデン政権が2020年の選挙を盗んでから悪化した全国的な医薬品不足の原因を調査する行政命令に署名した。しかし、ホワイト・ハットは、病気のアメリカ人が抗生物質などの基本的な医薬品を見つけられない理由を明確に把握したと考えている:政権は医薬品の備蓄をため込み、ウクライナへ海外送付しているのだ。

米国特殊部隊は先週月曜日、ニューヨーク州スタテン島の倉庫を急襲した。そこには、国中の内国歳入庁に送られる数十万発の弾薬が入った木箱があると予想された。昨年、政権が内国歳入庁に800億ドルを与え、新たに何千人もの犯罪捜査の刺客を雇い、武装させたとき、同庁の狂気の長官、チャールズ・レティグはあらゆる種類の武器を発注した。レティグは2022年11月に引退したが、後任のダニー・ワーフェルはジョセフ・バイデンに忠誠を誓い、必要なら銃を突きつけてIRSの歳入を増やすと約束した。Real Raw Newsは、IRSエージェントがアメリカ市民を標的にするために武器を使用する前に、当該武器を押収するホワイト・ハットの努力について報告している。

スミス将軍のオフィスの関係者はRRNに、将軍が「信頼できる情報」を受け取ったと述べ、床から天井まで弾薬の木箱でいっぱいになった7,500平方フィート(約697㎡, 211坪)の倉庫を指摘した。彼は、情報提供者は正確な情報を提供することで知られており、スミス将軍に施設の外観と内部の静止画を渡したと語った。その写真には、数量と口径を示す文字が刻印された鉄や木の木箱が山のように写っていた。

この情報提供者は、この倉庫は5日以内に空になると言っていたが、その情報をどうやって入手したかは不明である。しかし、スミス将軍はこの情報を、ディープ・ステートの支配体制に勝利の一撃を与えるのに十分な、福音書と同じように扱った。

スミス将軍は、よくあるように、第5特殊部隊群司令官ブレント・リンデメンと協議し、共に計画を練った。弾薬の没収か破壊か、物流上の決断を迫られた。破壊するとなると、爆薬を仕掛けなければならず、7月4日の花火のような演出になり、近隣の住宅や企業に損害を与え、余計な注目を集めることになる。そこで、彼らはより軽率な方法を選択した。特殊部隊は倉庫に侵入し、トラックが来るまでの間、倉庫を空にしておく。そして、運転手や荷役作業員を無力化し、車両を徴発するのである。

「正直に言おう。この弾薬は来るべき戦争に使える」とスミス将軍はリンデマン大佐に言った。

しかし、特殊部隊が月曜日の未明に倉庫に潜入した際、弾薬や武器は見つからなかった。弾薬箱の中には、現在FDAの医薬品不足リストに載っている数千本の薬が入っていた。アモキシシリンからフェンタニルパッチ、ペニシリンからトラマドール、オキシコンチンまで、抗生物質と麻薬性鎮痛剤の詰め合わせである。さらに、この木箱はジョン・F・ケネディ国際空港に輸送され、最終目的地はポーランドのワルシャワであると書かれた輸送目録も発見された。

「このとき、危険信号が出たんです。ポーランドに何かを送る唯一の理由は、国境からウクライナにトラックで運ばれるためです。非合法な政権が武器を送っているのは知っていますが、薬の備蓄が枯渇しているとは言っていません。ウクライナに渡すために薬を盗んでいるのです」と情報筋は述べた。

特殊部隊はその発見をリンデメン大佐に伝え、リンデメン大佐はスミス将軍にその裏工作を知らせたという。そして、特殊部隊に倉庫の周囲で防御態勢をとり、倉庫を空にするためにやってきた人物の到着を待つように命じた。

翌朝、3台のトラクター・トレーラーが駐車場に入った。運転手と助手席の2人がトレーラーのドアの鍵を開け、そこから6人の男(おそらく積み込み作業員)が飛び出してきて、運転手が倉庫の出荷・受取のドアを開けるのを待った。運転手が鉄扉を開けると、十数丁のライフルの銃口が目に飛び込んできた。

運転手は肩のホルスターからピストルを抜こうとして射殺され、英語を話せないらしい作業員たちはスペイン語で「Somos temporales. Nos damos por vencidos.」つまり「私たちは派遣労働者だからあきらめる」と叫んでいた。

Heckler & Koch MP5

しかし、彼らの降伏の定義は、論理を無視したものだった。1人はヘッケラー&コッホ社のMP5サブマシンガンを構えていたが、特殊部隊の銃弾が額を貫通し、即死した。残りは脅威と判断した特殊部隊は、運転手、助手席、他の積み込み作業員を銃殺し、他の2台のトラクター・トレーラーを囲んで、乗員に「降りろ、射殺しろ」と命じた。

「それで銃撃戦は終わった。他の者は犠牲になりたくなかったのだ。実際、第5特殊部隊は、その隊員たちに倉庫の中身をトレーラーに積み込ませた。運転手以外の全員が不法入国者で、ホームデポの前に立っているような、仕事をするために雇われたと思っていたのは間違いない。我々の部下がトラックを制圧し、今は倉庫から薬を取り出しているところだ。ヴォロディミア・ゼレンスキーに向けたものであることは間違いない。薬を奪われたことで、多くの善良なアメリカ人が死んだのだろう。いや、倉庫から弾丸は見つからなかったが、それでもこれは重要な勝利だ」と情報筋は言う。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す