水曜日, 2月 21, 2024
ホームアメリカ“A”アントニー・ブリンケン、極秘訪中中に処刑される

“A”アントニー・ブリンケン、極秘訪中中に処刑される

By Michael Baxter -2023年6月6日(Real Raw Newsより翻訳)

“A”アントニー・ブリンケンは、先週、北京への抜き打ち訪問中に人民解放軍によって処刑されたが、ホワイト・ハットは、死亡者が本物のブリンケンなのか、ボディダブルやクローンなのか不明だと、海兵隊部隊サイバースペース司令部の情報源がReal Raw Newsに語った。

月曜日、サイバースペース司令部は、ダニエル・クリテンブリンク国務次官補(東アジア・太平洋担当)とロイド・オースチンとの間で、ブリンケンの死亡状況を詳細に記した通信を傍受した。

サイバースペース司令部は、ブリンケン、クリテンブリンク、および未知数のディープ・ステイターたちを乗せた国務省の飛行機が、6月3日15時13分(UTC)に北京首都国際空港への着陸許可を要求したことを知った。管制塔は、飛行計画が提出されておらず、ブリンケンは中国への入国を禁止されているとして、着陸許可を拒否した。

2月、アラスカから大西洋岸まで何事もなく上昇していた中国のスパイバルーンとされる気球をアメリカ空軍のF-22ラプターが撃墜した後、政権はそれまで予定されていたブリンケンの中国訪問を中止させた。サイバースペース司令部は、それは一部フェイクニュースであり、真実は習近平がブリンケンをペルソナ・ノン・グラータと宣言し、中国を避けるか、結果に直面するよう警告したことであると述べた。

最近、政権と北京の間に分裂が起きている。先月報じられたように、習近平はバイデンを偽の大統領と呼び、中国の李尚武国防相は先週シンガポールで開催された防衛サミットでロイド・オースティンとの面会を拒否している。

どうやらブリンケンは警告を無視したようで、北京国際空港の航空管制官が彼の飛行機を中国領空から離脱させるよう要求しても、その警告を無視した。パイロットは、ブリンケンは「国際的重要性」のある任務についており、ジョセフ・バイデンからのコミュニケを個人的に届けるために丁薛祥副首相と話さなければならなかったと言い返した。

一方、2機のJ-10戦闘機がブリンケンの飛行機を迎撃した。戦闘機のパイロットは英語を話し、ブリンケン機に対し、滑走路18Lへの最終進入経路までついていき、その後着陸して護衛を待つよう指示した。

サイバースペース司令部は、J-10が飛行機を撃墜せずに着陸を許可した理由を把握していない。

滑走路では、武装した兵士を乗せた軍用車がブリンケンの飛行機を出迎えた。武装した兵士に囲まれたブリンケンとクリテンブリンクだけが降機することを許された。ブリンケンは逆上した。通訳を介して、空港ターミナル内の事務所で丁副首相がブリンケンに会うように手配したと言う。そして、その高官が自分の飛行機を妨害したことを「見え透いた侵略行為だ」と憤慨した。

オフィスには丁副首相の姿はなく、3人の軍人が腰に差した拳銃に手をかけているだけだった。

「これは何だ?」ブリンケンはそうつぶやいたという。「丁薛祥副総理はどこだ? 私は長官だ……」。

銃弾は彼の顔面を直撃した。

「今すぐ帰国し、ここで何が起こったかを国民に伝えなさい」と高官は震えるクリテンブリンクに言った。「あなたはここでは歓迎されません。遺体を飛行機に運びます」。

サイバースペース司令部は、政権が最も貴重で愛する資産の一つを、危険な任務の可能性があるところに送り込むとは信じがたいと述べている。

「ブリンケンはディープ・ステートです。彼は、彼らが行うすべてのことの重要人物です。我々はその死体をぜひとも見たいが、それまでは、替え玉かクローンの仕業と考える」と情報筋は言っている。

クリテンブリンクとオースティンの会話には、ドッペルゲンガーやクローンについての言及はなかった。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す