木曜日, 4月 18, 2024
ホームGITMOJAG、グレッチェン・ウィットマーに有罪判決。「彼女は絞首刑にしなければならない」。

JAG、グレッチェン・ウィットマーに有罪判決。「彼女は絞首刑にしなければならない」。

By Michael Baxter -2023年6月19日(Real Raw Newsより翻訳)

グアムからGITMOに飛んだダース・E・クランドール副提督が、Covid-19の大流行の最中、彼女がアメリカとその国民に対して反逆罪を犯したことを証明する証拠の優位性を提示した後、アメリカ海軍法務官部隊はグレッチェン・ウィトマーに有罪判決を与え死刑を宣告する。

既報のとおり、ウィットマーは先月、メモリアルデーの週末を過ごしたミシガン湖近くの別荘から車で帰宅中に、米海兵隊に逮捕された。そこで彼女は、気難しい収容者として名を馳せ、職員を貶め、投獄を嘆き、「私の仲間」が自分を解放してくれると主張した。

あるGITMOの憲兵は、ディープステートが無実の愛国者を奴隷にし、投獄することに熱心であるにもかかわらず、自分自身は正気を失うことなく監禁の一瞬も耐えることができないことをユーモラスだと言っていた。

6月14日(水)、MPはウィットマーをGITMOの南側の法廷に案内した。手錠をかけられたウィトマーは、クランドール副提督をにらみつけ、「あなたですね」と言った。

ウィットマーが弁護席に座ると、副提督は「そうです。そして、私たちの前に姿を現したことに感謝します」皮肉交じりに答えた。彼女は左右を見渡し、「私の弁護士はどこにいるの」とぼやいた。

彼女は、D.C.の名門事務所であるシャートラー・オノラト・ミード&シアーズに弁護を依頼し、軍事法廷では弁護士が弁護をすると聞いていたという。彼女に与えられた時間は、その事務所との取引に使われたのだ、と彼女は訴えた。

「たぶん、ここからは憶測ですが、報酬がもらえなかったので、あなたを見捨てたのでしょう。ほら、あなたの国内資産を凍結しましたよ」 と、クランドール副提督は言った。

ホイットマーは顔を真っ赤にした。彼女は口を開こうとしたが、副提督が「猿ぐつわをされないように、暴言を吐かないように」と注意した。

クランドール副提督は、プランデミック時にミシガン州立大学在学中にウィットマーのインターンをしていた25歳の男性を証人に紹介した。

Real Raw Newsは彼の名前を隠すように要請されているので、”ロバート”と呼ぶことにする。

クランドール副提督がいくつかの基本的な質問をしたところ、ロバートは政治学を専攻しており、卒業後は政治の道に進みたいと思い、インターンに応募したのだという。

「被告のために働くのはどんな感じでしたか?」とクランドール副提督は尋ねた。

「うーん、彼女がいないときは最高だったんだけどね。そして、彼女がいるときはそれほどでもなかった」とロバートは答えた。

「詳しく説明してください」と副提督は言った。

「まあ、うーん、自由に話すなら、彼女は人を見下すような女でした。 理由もなく人を侮辱することに喜びを感じているようでした。私だけではなく、多くの部下がそうでした」。

「それでもあなたは彼女と一緒にいましたね」と副提督は指摘した。

「はい、自分の計画に役立つと思ったからです」とロバートは言った。

「2020年3月7日、あなたは彼女の会社で、働いていましたか?」

この日は重要な日だった。ウィットマーはCovidが数千人を殺していると主張し、避難命令を出し、人々の移動を食料品やドラッグストア、医師の診察など必要な移動のみに制限した日だった。例えば、ウォルマートで買い物をする住民は、種子や スポーツ用品を買うことを禁じられた。男性は髭剃りは買えても、コロンが買えない。顧客からのクレームに対し、ウォルマートは「知事の命令に従ったものだ」と答えた。

1か月後、ウィットマーはCovidによって1,900人の住民が死亡したと発表し、規制を強化した。しかし、彼女はマスクなしの政府主催のパーティーに出席していた。イーストランシングのバーで、マスクをしていない仲間の群れの中でマスクレスで飲んでいるところを写真に撮られた。

クランドール副提督は、証人に向き直った。「あなたの宣誓証言では、2020年3月7日に被告のオフィスに居て、彼女がガーリン・ギルクレスト副知事と交わした会話を耳にしたと証言していますが、正しいですか?」

「はい、彼女とガーリンは、Covidは偽物で、監禁は人々が命令に従うかどうかの社会実験だと話し合っていました」ロバートは言った。

「はっきりさせておきたいのですが。あなたは被告がCovidは偽物だと言っているのを個人的に聞いたのですね」と副提督は言った。

「聞きました。彼女は季節性インフルエンザと変わらないと言っていました」とロバートは述べた

ホイットマーが声を上げた。「おまえは嘘つきだ!この詐欺師めが。私にはコネがある。お前はもう二度とどこにも勤められない」。

副提督は憲兵に命じてウィトマーに口輪をかけさせた。

「こんなことを何度もやらなければならないなんて、頭が痛いですね」と彼はコメントした。

彼はうろたえる証人を退席させた。彼の次の証拠は、ウィットマーが2020年4月に故ギャビン・ニューサム氏に宛てて書いた文書だった。その中でウィットマーは、ミシガンがCovid規制の施行でカリフォルニアより先行していることを、まるで競争のように自慢していた。彼女は遊び心でニューサム氏を愚弄し、”プログラム”についていけと言っている。彼女は、人口をうまくコントロールしたほうが、2024年か2028年に大統領になれると書いている。彼女の手紙の一部には、「私は自分の部下を鎖でつないでいる、あなたはそうなのか」と書かれていた。

副提督は、JAGの裁判の是非を問うために列席した将校たちに声をかけた。「私は部下を自由にさせている。 人口1,000万人の州の知事が言うこととしては奇妙なことです。猫や犬、ネズミなど、ペットのように思っているようです」。

彼は2人目の証人として、2020年に勤務する4人の検死官のうちの1人、ジェネシー郡検死官カレン・ラングを召喚した。彼女は学歴と職歴について語った。

「ラングさん、2020年と2021年に、Covid以外の死亡事故をCovid-19に起因するものとしましたか?」

「遺憾ながら、同僚と同様、そうしました」とラングは言った。

「何人ですか?」と副提督は尋ねた。

「合算して分かりませんが、300件くらいはしました」。

「それでは、その数で考えてみましょう。ジェネシー郡の300人の住民がCovidとは無関係の原因で死亡しましたが、死亡診断書にCovidを主な死因として記載した、それは正しいですか?」

「はい」とラングは言った。

「そして、彼らがCovidにかかっていなかったとどうして分かるのですか?」と、副提督は尋ねた。

「死後の検査はしていません。知事から郡保健所への指令が私たちに下りました。死因にCovid-19を入れるようにと言われたのです」と、彼女は言った。

「銃創の被害者に?」と副提督は言った。

「そうです」。

「自動車事故で死亡した人に?」

「はい」とラングは言った。

「嵐の中、庭の木が根こそぎ倒れてきて亡くなった76歳の男性に?」

「そうです」。

「そして、あなたはなぜこれをしたのですか?」と、クランドール副提督が尋ねた。

「そうしなければならない…さもなくば生活を危険にさらすことになるとはっきり言われたからです」。

「そして、これらの命令は、どんな種類の、または道徳心のあなたの倫理的な責任と衝突しませんでしたか?」とクランドール副提督は言った。

ラングは大きくため息をついた。「グレッチェンとは一度対決したことがあります。彼女は私に長時間の叱責を求めました。私は自分のしたことを誇りに思いません。でも、この人たちは死んだと聞いていたのですから、死をどう表現しようが関係ないでしょう」。

「ラングさん、ご協力ありがとうございました」クランドール副提督はそう言って、証人を退席させた。

彼はパネルに話しかけた: 「時間があれば、グレッチェン・ウィットマーに対する証拠を何週間、何か月もかけて提示することができます。しかし、我々には時間がありません。示されたことは、彼女が職責の宣誓に違反し反逆罪を犯したことを合理的疑いを超えて証明するものであると信じています。私たちは、証拠を判断し、被告を有罪にするようお願いします」。

15分で評決が下され、有罪。

グレッチェン・ウィトマーは有罪であり、その罪のために絞首刑に処されなければならないと、パネルの主席将校は言った。

副提督は、近日中に処刑の日を決めると言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す