月曜日, 6月 17, 2024
ホームアメリカJAG、ジェフ・セッションズを解放し、すべての告発を取り下げ

JAG、ジェフ・セッションズを解放し、すべての告発を取り下げ

By Michael Baxter -2023年6月15日(Real Raw Newsより翻訳)

米国海軍法務官軍団(JAG)と軍事委員会は、ジェフ・セッションズ前司法長官に対するすべての告発を取り下げたと、JAGの関係者がReal Raw Newsに語った。

先週報告したように、JAG捜査官は、セッションズがメリック・ガーランドと共謀して1月6日国会議事堂侵入者を投獄し、2018年にディープ・ステートと協力してトランプの大統領職を貶めていた証拠を入手した後、反逆罪で逮捕した。

情報筋によると、月曜日にダース・E・クランドール副提督は、他ならぬドナルド・J・トランプ大統領から突然の電話を受け、JAGはひどい間違いを犯したとし、セッションズを解放して軍の記録から逮捕に関する記述を抹消するよう提督に「命令」したという。

これに対しクランドール副提督は、JAGはセッションズの犯罪について「具体的で反論できない」証拠を持っており、彼を釈放することはJAGの信頼性を損ない、将来の逮捕を危うくするとトランプに告げた。彼は、JAGは数か月にわたってセッションズを調査し、多くの資金と人手を費やしたと述べた。彼は、有罪判決を確保するのに十分な証拠があると激しく主張した。

「ハニンク提督の退任後、私はこの責任を引き受けました。私は名誉と誇りと正確さをもってこの責務を果たしました。大統領、前任のヒラリー・クリントン同様、セッションズにも十分な証拠があります。どうして彼を釈放しろと言えるのですか」と副提督はトランプに言った。

「我が国の歴史上、圧倒的に重要な任務が、今まさに行われているのです。私が言えるのは、あなたが彼に対して持っていると考えている証拠は、ロシア、ロシアのデマ、そして今、私に対する機密文書のデマと同様に偽物だということです。今起きているようなことは、これまで一度もなかった。あなたは立派な仕事をした素晴らしい仕事をした。でもジェフは間違いだったんだ。彼を釈放しなければならない。今はこれ以上話せないが、彼の逮捕は大きな間違いだった」と、トランプ大統領は答えた。

副提督は、トランプ大統領が暴動法を発動したことで、ディープ・ステートのアジェンダの推進が合衆国憲法を侵害する過去と現在の政権幹部を逮捕する暫定的な軍事力を米国に与えたことを思い出した。

トランプは、セッションズが 「今や破滅した計画」の一部であったと述べた。彼は、セッションズの偽装が危うくなったので、セッションズを釈放して保護しなければならないと言った。

「よろしく頼む」と、トランプはクランドール副提督に言った。

セッションズは、我々の情報筋によれば、火曜日の朝に拘束から解放された。

入手次第、Real Raw Newsはこの発展途上の状況について追加情報を提供する予定である。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す