日曜日, 6月 16, 2024
ホームCovid-19軍、またもやCovid犯を摘発

軍、またもやCovid犯を摘発

By Michael Baxter -2023年6月15日(Real Raw Newsより翻訳)

米国軍は金曜日、2021年のプランデミックのロックダウンの間、彼女がその権限を悪用して中小企業を倒産させたという証拠を入手した後、無名の政権関係者を反逆罪で逮捕したと、JAG関係者がReal Raw Newsに語った。

米海軍のJAG調査官は、中小企業管理者のイザベラ・グズマンをワシントンDCの自宅で逮捕した。彼女が、中小企業のオーナーに対して、Covid-19の規則に従わなければ手に負えない罰金や懲役刑で脅したと主張する軍用逮捕状が示された後である。Small Business Act(中小企業庁:SBA)は、米国政府の謎の独立機関である。その使命は、「中小企業の設立と存続を可能にし、災害後の地域社会の経済復興を支援することによって、国家経済を維持・強化すること」である。1953年7月30日、共和党のアイゼンハワー大統領によって、現在15 USC ch. 14Aで法典化されているSmall Business Actに署名することで創設されました。要するに、この機関の仕事は、財政難に陥った中小企業を支援することである。

2021年3月、犯罪者ジョセフ・R・バイデンはグズマンをSBAのリーダーに抜擢し、カマラ・ハリスに宣誓させた。グズマンは上院中小企業委員会から15対5の投票で報告され、2021年3月16日、米国上院の81対17の投票で承認された。リンジー・グラハムやミッチ・マコーネルといった影響力のある共和党員が彼女の指名を肯定した。

グズマンは、2023年5月にホワイト・ハットが彼女のCovid犯罪に気づくまで、レーダーの下を飛んでいた。

情報筋によると、今年初めに捕まったCovidの犯罪者がグズマンを密告したとのことだ。5月、ホワイト・ハットはCDCのグローバルヘルス担当副所長、ハワード・ザッカー博士を、グズマンが犯したようなCovid犯罪で逮捕した。ザッカーは軍事法廷を回避し、プランデミック中に宣誓に違反した政権幹部の名前を挙げることと引き換えに、長期の服役を受け入れることになった。

2021年9月、非合法な大統領ジョセフ・バイデンが偽ウィルスを「ワクチン未接種のパンデミック」と呼んだ後、グズマンは個人事業主を脅してCovid規則を遵守させることを仕事とするチームを監督していた。例えば、JAGの調査によると、グズマンはバージニア州リッチモンドの小さなピザ屋を脅し、店員と客の間にプレキシガラスを設置したり、空気循環を良くするために空調設備を新しくしたりと、軽薄な「改善」に4万5000ドルも使うように要求していたことが明らかになった。

ほとんどの小規模レストランはわずかな利益で経営しており、4万5千ドルもの自由な資金を持つことはできない。

オーナーが不必要なアップグレードに現金を浪費することを拒否したため、グズマンはバージニア州保健省に相談に行った。1週間後、オーナーはCDCの指導に従わなければ、1日あたり2,500ドルの罰金を科すという手紙を受け取った。そして、3か月後に破産を申請することになった。

JAGの1か月にわたる調査により、グズマンとその代理人は全国の何千もの中小企業に同様の要求をしており、その多くが多額の罰金を科せられ、経営が立ち行かなくなったことが判明した。

「このことから分かるのは、腐敗した違法なバイデン政権は、あらゆる機関を使って違法で強権的なCovid法を執行していたということです。CDCやNIHだけでなく、この背信行為はもっと深いところにあり、グズマンのような人物がまだ何人野放しになっているか分かりません」と、この情報筋は述べている。

JAGは、グズマンが他のCovid犯の捜査につながることを期待していると、彼は付け加えた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す