木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカトランプ大統領を守るため、軍隊がマイアミへ

トランプ大統領を守るため、軍隊がマイアミへ

By Michael Baxter -2023年6月9日(Real Raw Newsより翻訳)

ディープ・ステートがドナルド・J・トランプ大統領を不法に拘束・失踪させようとする場合に備えて、ホワイト・ハットはマイアミに配備された。火曜日、彼はマー・ア・ラゴに機密文書を保管していたという捏造された連邦政府の容疑、および他の根拠のない疑惑に対して無罪を主張すると予想される。

木曜日には、バイデン忠誠心の強い「秘密」の大陪審が、メリック・ガーランドによって任命された特別顧問ジャック・スミスの要請により、トランプが正当な立場で大統領執務室に就任するのをあらゆる手段で阻止するためにトランプ大統領を起訴した。実際の罪状はまだ明らかにされていないが、メディアは、連邦捜査の妨害から1917年のスパイ防止法違反に至るまで、根拠のない主張が含まれていると推測している。

昨日の起訴は、ディープ・ステートが合法的に選出された米国大統領に対して虚偽の告発を行う、数か月ぶり2度目の出来事となった。最初のものは3月で、トランプが2016年の選挙をめぐる口止め料支払いについて無罪を主張したときだった。

当時、エリック・M・スミス将軍は、トランプが詐欺的な起訴を無視し、安全のためにマー・ア・ラゴに留まるよう勧告した。トランプは将軍の懸念を否定し、ディープ・ステートは自分に従わない、自分の終焉や失踪は南北戦争2.0の火種になると言い、将軍からトランプが多くの暗殺未遂を乗り越えてきたことを思い出させた。彼は裁判所に入り、数分後には無傷で姿を現した。

木曜日の夕方、トランプ大統領との電話会談で、スミス将軍は改めて懸念を表明したと、将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

「彼らは20分ほど話をしました。もう一度、スミス将軍はトランプにパームビーチに滞在するよう助言しました。トランプが起訴を認めるべきではないのは、ディープ・ステートを無理やり連れてくるためだと彼は感じています。もし彼らがまたマー・ア・ラゴに強制的に入れると思っているなら、ジューダス・プリーストの歌(You’ve Got Another Thing Coming)にあるように、別のことが起こるでしょう」と、我々の情報筋は述べた。

しかし、トランプは再び、臆病なバイデンのように地下室に隠れることはないと言って、その忠告を退けた。

スミス将軍は、ディープ・ステートの反逆行為を阻止するために、マイアミに250人の軍隊を派遣すると答えた。その後、彼はその数を500に増やした。

「もしあなたが火曜日の朝、その法廷から出てこなければ、大統領、我々は焦土作戦を決行します」と将軍は大胆に言った。

トランプはマイアミにいるFBIの数がホワイト・ハットの数を5対1で上回ると推測した。

スミス将軍は、それはFBIにとって不運なことだと言った。

彼はまた、ジャック・スミスの「秘密」の大陪審のメンバー4人が、犯罪者バイデン政権の生死を問わずメンバーと個人的または金銭的なつながりがあることを、彼の部下が確認したことを明らかにした。

「彼らは札束を積み上げた」とスミス将軍はトランプに言った。

トランプは、自分が勝つと言い、計画があると言った。

最後に、我々の情報筋によると、マイアミに向かったホワイト・ハットは、特殊作戦コミュニティのメンバーであるという。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す