日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカ特殊部隊が元政権のクローン科学者を殺害

特殊部隊が元政権のクローン科学者を殺害

By Michael Baxter -2023年6月2日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカ合衆国特殊部隊は木曜日、マサチューセッツ州ケンブリッジの自宅での逮捕作戦中に元政権クローン科学者を殺害したと、エリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

エリック・ランダー博士は、2021年6月2日~2022年2月18日の間、犯罪者ジョセフ・R・バイデンの下で科学技術政策室のディレクターを務めた。ランダーはそのキャリアにおいて、ヒトの遺伝的変異、ゲノム進化、そしてホワイト・ハットによれば、ヒトクローンとその宿主の間の身体的・心理的格差の解決に取り組んでいた。また、ハーバード大学やMITで教鞭をとっていたこともある。

彼は、部下や他の政権関係者に向けられたいじめや虐待行為に及んだという疑惑が浮上し、2022年2月に辞任したとされている。しかし、ホワイト・ハットは、ディープ・ステートがランダーの「まやかし」に不満を募らせ、クローンの試みから彼を追放したと述べている。

情報筋によれば、ミズーリ州とアラスカ州のクローン研究所を襲撃した特殊部隊が入手した文書に、ランダーの名前があった。

日記のような文書で、ランダーは、成熟したクローンの寿命を3年以上延ばすという難題を解決しようとして、14時間労働を強いられることを嘆いている。科学的な専門用語はこのサイトの範囲外だが、彼の文章からは、疲弊の極みに追い込まれた狂気の科学者像が浮かび上がってくる。最後のエントリーは、自分のハンドラーを非難するマニアックな叫びだ:「彼らは一夜にして結果を求める:一晩で結果を出せというが、科学はそういうものではない」。一晩で結果を出せというが、それは科学のやり方ではない。私に比べれば、彼らは愚かで近視眼的なバカで、その傲慢さと即時性への嗜好が自分たちを苦しめることになる。なぜ彼らは私の言うことに耳を貸さないのか? 何十年もかけて作り上げたお粗末な仕事を、数日、数週間、数か月で、元に戻すことはできないと、なぜ分からないのだろうか? 彼らはもっと多くの助けを送ろうともしない。助けが必要なんだ、本当の助けが……」。

ホワイト・ハットは、ランダーが他のクローン科学者や米国内の他のクローン研究所を見つけるのに役立ったかもしれないと考えていた。

5月30日(火)、スミス将軍と第5特殊部隊群司令官のブレント・リンデメン大佐は、ランダーの配偶者であるロリが数日間シカゴの美術展に出かけると知り、ランダーの自宅に監視をつけた。

木曜日の早朝、特殊部隊は家に侵入し、ランダーが机の前に座ってノートパソコンを打っているのを発見しました。彼はキーホルダーのようなものを手に取り、それを起動させれば家(と自分たち)が粉々に吹き飛ぶ起爆装置だと言った。彼は、ディープ・ステートが自分を殺すために特殊部隊を送り込んだと考えていた。

「誰があなたを送ったのか?[メリック]・ガーランドか? オバマか?」と言ったと伝えられている。

武器を手にした特殊部隊は、自分たちはディープ・ステートではなく、彼を逮捕するために来たのだと断言した。彼らはランダーに、彼の協力が必要であり、もし彼が携帯電話を捨てて投降すれば、ディープ・ステートから彼を保護すると告げた。

動揺するランダーは、親指をボタンに近づけた。

M4A1 carbine

特殊部隊のリーダーは、M4A1カービンの湾曲したトリガーに指をかけ、弾を発射するのに必要な5.5ポンド(2.5kg)の圧力をかけた。.556の弾丸が一発、ランダーの腹部に命中し、ランダーはキーホルダーを取り落とした。ランダーは撃たれてから数分後に息を引き取った。

特殊部隊は、家の中に爆発物を発見しなかった。キーホルダーはランダーのレクサスのキーホルダーだけだった。

「残念ながら、彼を生け捕りにすることはできなかった。彼はディープ・ステートを軽蔑し恐れていたようだ。何か取引ができたかもしれない。全ての作戦が計画どおりに進むとは限らない、最も熟練した兵士であってもだ」と、情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す