木曜日, 4月 18, 2024
ホームFEMAロシェル・ワレンスキーが絞首刑に

ロシェル・ワレンスキーが絞首刑に

By Michael Baxter -2023年6月2日(Real Raw Newsより翻訳)

囚人ロシェル・ワレンスキーは、水曜日の朝、キャンプ・ブラスで、軍の幹部と、この悪魔の首が折れるのを見るために飛行機でやってきた下院議員の前で絞首刑にされたと、JAG関係者がReal Raw Newsに語った。名前は教えてもらえなかったが、彼はジム・ジョーダンだったのかもしれない。

既報の通り、JAGと軍事委員会は5月24日にワレンスキーに反逆罪の有罪判決を下したが、グアムのすべての米軍施設に中程度の被害を与えた台風マワールが接近していたため、彼女の処刑を延期した。

ワレンスキーは、自称救世主のジョセフ・R・バイデンとの電話を拒否したり、豚の糞と呼ぶ食事を出したりして、常にスタッフを嘲笑する卑劣な囚人だったと、この関係者は言う。

キャンプ・ブレイズの囚人は職員と同じ食事をし、死刑囚は最後の食事を決めるのに全権を与えられているが、ワレンスキーはこれを拒否した。

彼女は自分の投獄を嘆き、トランプ大統領を責めた。彼女は数え切れないほどの時間をかけて自由を求めて叫び、そして無気力に陥った。

ある憲兵は、「もうこの女には耐えられない。早く吊るしたほうがいい」と言ったと伝えられている。

水曜日の朝、憲兵がワレンスキーを絞首台に案内した。この絞首台は、台風マワールが島を通過した後、嵐によってそれまで作られていた枠組みが破壊されたため、米陸軍工兵隊によって建てられた。

首吊り台の上に立つと、吊り手である正体不明の兵士が首に縄をかけ、口から猿ぐつわを取り出した。その下には、クランドール副提督とその仲間が半円形に立ち、ワレンスキーを不幸から解放するスイッチを入れる準備ができたという合図を待っている。

「ロシェル・ワレンスキー、あなたは反逆罪で有罪となり、その罪で絞首刑を宣告されました。最後に何か言いたいことがあったり、反省の弁を述べたいことがあれば、今がその時です」とクランドール副提督は言った。

「私の唯一の後悔は、あなたとドナルド・トランプがすぐに首を吊るのを見るために生きていないことだ」と、ワレンスキーは吊り革に唾を吐きかけながら言った。

「処刑しろ」とクランドール副提督が言うと、死刑執行人がレバーを回してワレンスキーの足下にある扉を開けた。

ロープが硬くなり、その力でワレンスキーの首が折れ、上部頸椎がへし折られた。数秒後、彼女は息絶えた。

米海軍の医師は、死亡日時を2023年5月31日午前10時15分と記録した。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す