木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカマール・ア・ラーゴは万事平穏

マール・ア・ラーゴは万事平穏

By Michael Baxter – 2023年8月15日(Real Raw Newsより翻訳)

トランプ大統領の一見不安定な法的苦境、つまり125件以上の不当な容疑がかけられた複数の詐欺的起訴についてメディアが大騒ぎする中、大統領のマール・ア・ラーゴ司令部の雰囲気は不気味なほど落ち着いている。

トランプ大統領がホワイト・ハットとの個人的な連絡役として先月雇ったデビッド・H・バーガー将軍(退役軍人)は、巨大なオーク材の机の後ろに座り、左右のiPadと正面の2台のMac Studioディスプレイを熱心に覗き込んでいる。iPadの画面には突然、起訴された、起訴された、起訴された、起訴された、ジョージア州で起訴された、トランプが再び起訴された、トランプが4度目の起訴をされた、などという何百通ものEメールが波紋を広げている。彼は2つを開いた。フルトン郡のファニ・ウィリス地方検事と大陪審が、トランプと多数の共謀者を空想的犯罪で起訴したというメディア記事へのリンクがある。「ルディ? シドニー? 彼らは本当に必死になっている」と彼はつぶやき、デバイスの電源を切った。

オフィスのドアがノックされる。

「入れ」と彼は言う。

Sig Saur M17

海兵隊の伍長、私服姿の偵察スナイパー、左腰にシグ・ザウルM17をホルスターに収め、キーパッドにアクセスコードを入力し、ドアの横にある生体認証スキャナーに右手の親指を置く。「ニュースをお聞きになりましたか?」

バーガー将軍は何食わぬ顔で彼を見る。「どんなニュースだ?」彼の無愛想な口調は、動揺の表れではない。それは、海兵隊員を戦場に送り込んだだけでなく、海兵隊員とともに戦い、同じ泥の中で同じ血を流した、鍛え抜かれた海兵隊員の規律正しい口調だ。

「トランプ大統領」と伍長は言う。

「ニュースがあると言ったはずだが」と将軍は答え、壁に取り付けられた大型テレビのスイッチを入れるよう彼に頼んだ。「ニュースではない」と彼は付け加える。

メッツがパイレーツを打ち負かしたニュースだ。「リーダーシップがなくても、たまにはラッキーなことがあるものだ。「外の雰囲気はどうだ」と彼は伍長に尋ねる。

「ほどほどに活気があります」と伍長は答える。「兵士たちは当然、トランプの動向に動揺しています」。

将軍は何時間も椅子に釘付けになり、キャンプ・ペンドルトン、フォート・ブラッグ、フォート・ベニング、フォート・ゴードン、エルメンドルフAFBからの暗号化された電子メールや通信を監視している。

伍長は将軍に食べ物か飲み物か尋ねる。

「コーヒー、ブラックで。それとロジャーをここに呼んでくれ」。

海軍特殊部隊でトランプ大統領のマー・ア・ラーゴ警護部隊の責任者であるロジャーは、将軍がコーヒーを飲み干すとオフィスに入ってきた。バーガー将軍は彼にiPadを渡し、マー・ア・ラーゴの武器ロッカーに保管されている軍需品のリストを見せた。ロジャーは親指でリストをスクロールする。

「最後の弾薬まで、中身と照らし合わせてください」と将軍が言う。「そうだ、4日前に済ませたはずだが……」。

マックスタジオのディスプレイにZOOMの着信音が鳴る。彼はエリック・M・スミス将軍の電話に遅れることなく出る。スミス将軍はその彫りの深い顔にいつもと違う笑みを浮かべ、ブルーグレイの瞳は熱烈な関心で輝いている。彼は話すが、トランプ大統領や起訴のことには触れない。

「閣下、”ナンバー4″の目星はつきました。明日の0700時に暗号化してお送りします」とスミス将軍は言う。

「よくやった、エリック、あれはヌルヌル動くウナギだ」とバーガー将軍。

「息抜きが必要なようですね」とスミス将軍が観察する。

「息つく暇もない」とバーガー将軍。「ペンドルトンが懐かしい」。

「あなたの存在とリーダーシップがここにないのは寂しいものです」とスミス将軍。

M-16

バーガー将軍は機器をシャットダウンし、iPadを書類で膨らんだ革のかばんの中に入れた。彼は、自分の几帳面な献身ぶりが、海兵隊と同じように戦争努力に役立つことを願いながら、オフィスを後にした。彼はコンピュータのキーをたたいたり、コンピュータの画面を眺めたりするよりも、M-16の触感や敵の目に宿る恐怖を見るほうが好きなのだ。

M4A1 carbine

彼は、4人の海兵隊員が長方形のテーブルの上でライフルのフィールドストリップとクリーニングを行っている部屋に足を踏み入れた。1人はM4A1カービンのチャージングハンドルをラックにかけ、将軍をにらみながらボルトアセンブリーを外す。もう1人の隊員は、ライフル銃を60秒で取り外して組み立て直すという華麗なパフォーマンスを披露。彼は将軍に最速タイムを尋ねる。

他の隊員たちがジョークを飛ばす中、将軍は「君より速い」と言う。

「海兵隊とチーム、どっちをジョージアに送るんだ?」海兵隊員は動くものなら何でも一緒に寝るが、特殊部隊隊員はもっと洗練された趣味を持っている、と軽妙なジョークを飛ばす。

「自分を克服しろ、ジェームス」。 バーガー将軍は言う。「もし君が私の家に来たら、招待したわけではないが、私の水槽の魚は泳ぐのをやめて死んだふりをするだろう」。

「それは彼の抑止力にはならないだろう」。別のシールズが声を上げ、笑い声が部屋に響く。

「心配することはない。今起きていることは予想されていたことだ。おやすみなさい、みなさん、控えめに言っておきますが」将軍はそう言って無愛想に笑った。

「誰が心配しているんだ?」と特殊部隊員が言う。

ーー

マール・ア・ラーゴの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、もしトランプ大統領以外の人間が4つの起訴と561年の懲役刑に直面したら、彼は塀の中で裁判を待つことになり、大統領選挙キャンペーンで全国を飛び回るために自首して自由になることはないだろう

「トランプ大統領が望めば、これはすぐに終わる。彼は闇を明るみに引っ張り出し、暴露する」と彼は言った。

マール・ア・ラーゴでのおふざけは、大統領が自由時間のほとんどを過ごしているベッドミンスターを含む、トランプが所有するすべての不動産で見られるものだ、と彼は付け加えた。

「芝居には大義がある。より多くの人々が目を覚ましている。郵便室には毎日、以前はトランプを嫌っていたけれど今は応援しているという人たちからの手紙が殺到している。袋、袋、袋いっぱいの話です。トランプ大統領は、40人以上の世界の指導者たちと話したり、彼の側から手紙を受け取ったりしています」 と彼は述べている。

それにもかかわらず、マー・ア・ラゴ、ベッドミンスター、その他のトランプの拠点は、トランプがジョージア州でディープステートの敵対者と対決するとき、戦闘態勢に入るだろう。

「我々は常に待機している。しかし、トランプ大統領にとっては、既成勢力と戦う意思のある唯一の人物である彼の、人生における新たな一日に過ぎない」と彼は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す