木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカ米軍特殊部隊とスペツナスの合同チームがウクライナで73人の子供を救出

米軍特殊部隊とスペツナスの合同チームがウクライナで73人の子供を救出

By Michael Baxter -2023年8月15日(Real Raw Newsより翻訳)

米軍特殊部隊とロシアのスペツナスの合同潜入部隊が、ウクライナの恐ろしい地下牢から73人の子供たちを救出し、その後、子供たちを児童性奴隷として売り出す計画で副腎液を抜いていた誘拐犯数十人を屠殺したと、エリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

先週の木曜日(8月10日)に行われたこの作戦は、ウラジーミル・プーチンのエリート部隊とアメリカの勇敢な特殊作戦地域が、アドレノクロム取引を根絶し、小児性愛の拡散を終わらせることを目的とした相互事業で初めて協力したことを意味する。

Sergei Shoigu

我々の情報筋によれば、スミス将軍は先週の火曜日(8月8日)、セルゲイ・ショイグ・ロシア国防相から個人的な電話を受けたという。ショイグ国防相は、「豚のゼレンスキーのために働いている人々」が、ポーランド国境から東に5マイルほど離れたリヴィウ州の村ナハチフ近郊の老朽化した研究所で、アメリカ市民を含む「若い少年少女たち」を監禁しているという情報を持っていると主張した。

ショイグは、部隊はまだ研究所の正確な場所を知らないが、現在調査中であると述べた。地理的座標が分かれば、子供たちを救出し、捕虜を殺すためにスペツナスを派遣するとスミス将軍に伝えた。そして、人質の中にアメリカ人の子供も含まれていることから、将軍が自軍をこの作戦に参加させたいかどうかを尋ね、協力の申し入れをした。

情報筋によれば、スミス将軍は具体的な情報とその情報源をショイグ将軍に迫ったという。

「同志スミス将軍、我々には情報を引き出す方法があります。おそらく我々は、犯罪者の人権を侵害することについては、あなたほど心配していないでしょう。早く着けば我々に合流できるし、子供たちを帰国させることもできます」。ショイグは通訳を通してそう言った。

将軍は当然不審に思いながらも、ショイグの申し出を受け入れた。

「彼は常に罠を警戒している。しかし、彼は40万人以上の子供たち、かつてミルクカートン・キッドと呼ばれた子供たちが行方不明になっており、ロリコンとアドレノクロム組織の商品であると推定されていることを知っている。彼は少し考えて、参加したいと言った。ポーランドからウクライナに国境を越え、スペツナスに会う場所をショイグが指示した」と情報筋は言う。

「同志スミス、ひとつだけ言っておくが、我々は捕虜は取らない」とショイグは言った。

この電話の直後、スミス将軍はフォート・ブラッグの第5特殊部隊群司令官ブレント・リンデメン大佐に連絡し、小隊に休日用のスーツを用意させるよう伝えた。彼はリンデメンに、ロシア語を話せる隊員を少なくとも2人選ぶように言った。

特殊部隊は8月10日(木)の朝、ポーランドからウクライナに徒歩で入国し、スペツナスの連絡相手に会った後、仮設キャンプまで5マイル(約8キロ)をハイキングした。情報筋によれば、チームリーダーたちは握手をして意気投合したという。スペツナスのリーダーには朗報があった。子どもたちが収容されている場所を突き止めたのだ。現在地から南東に4マイル(約6.4キロ)離れた場所に、フェンスに囲まれた3つの建造物、即席の刑務所と2つの見張り小屋がある。偵察隊はすでにターゲットを監視しており、周囲に8人の見張りがいることを確認、屋内にはさらに多くの見張りが潜んでいる可能性があるという。

先頭のスペツナスは、見張り兵は訓練された兵士ではなく、雇われたチンピラのように歩き回っているとの見解を示し、特殊部隊が見張り小屋を攻撃し、その間にゼレンスキーがアドレノクロム吸引工場に改造した粗末な織物工場を襲撃することを提案した。

「吸血鬼のように子供たちを吸い尽くすと、食事を与え、健康そうに見せかけ、幼い少女には化粧までして、国境を越えて売りに出すのです」とスペツナスたちは言った。

スペツナスが建物を囲む錆びたフェンスに穴を開けながら、米軍のスナイパーが見張り兵をヘッドショットで撃ち落とした。他の兵士たちが攻撃を受けていることに気づく前に、4人の歩哨が倒れた。誰かがウクライナ語で「子供たちを捕まえろ。子供たちを殺せ」と叫んでいたが、スペツナスに背後からつかみかかられ、のどを切り裂かれ、突然沈黙した。
セメント小屋から警備兵が2人ずつ出てくると、特殊部隊は前進して互いに援護し合いながら彼らを倒し、スペツナスがドアの鍵をこじ開けている工場には誰もたどり着けなかった。

泣き叫ぶ子供たちの悲鳴が、まるで目に見えるような勢いで壁に押しつけられた。

「もう大丈夫です。私たちは助けに来ました」とスペツナスは英語とロシア語で言った。「声を抑えてください。怯えているのは分かります」。

特殊部隊が最後の3人の警備員を排除し、子供たちの頭数を数え始めた。41人のアメリカ人と32人のロシア人の子供たちが、壁にボルトで固定された手錠に手錠でつながれていた。多くの子供たちは栄養状態もよく、おおむね健康であったが、他の子供たちは貧血、脱水、飢餓の兆候を示し、まるで看守が特定の子供たちに偏見を持っているかのようであった。

「ほら、これが彼らがここで毎日やっていることなんだ」とスペツナスは特殊部隊に言った。

情報筋によると、スペツナスは待機中の緊急対応部隊を召集し、子供たちを安全な家屋に収容して治療を受けさせ、その後、身元を確認して帰宅させたという。

このミッションは、ロシアとアメリカのホワイト・ハット部隊の協力の時代を示すものなのか、情報筋に尋ねた。

「我々は同じような目標を共有している」と彼は言い、特殊部隊は追って通知があるまで戦場に留まると付け加えた。

「行方不明の子供はたくさんいるし、ゼレンスキーの裏庭に何人いるかは神のみぞ知ることだ」と彼は言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す