火曜日, 6月 18, 2024
ホーム5Gプーチン、反抗的な5G幹部を処刑

プーチン、反抗的な5G幹部を処刑

By Michael Baxter – 2023年8月14日(Real Raw Newsより翻訳)

ウラジーミル・プーチンの命令により、ロシア軍は金曜日に、プーチンの5G使用禁止令を無視し、モスクワの豪奢なラメンキ地区に新しい5Gタワーを建設し始めたテレコムの幹部たちを処刑した。

先週報道されたように、プーチンはロシア連邦全域で5Gを禁止し、電磁周波数によって学童が死亡したという報告を理由に、ロシアの3大都市(モスクワ、サンクトペテルブルク、ノヴォシビルスク)の既存のタワーを解体した。以前の会議では、プーチンの大統領保護部隊のエージェントが、ロシア大統領の権威に疑問を呈したとしてMTSテレコムの幹部を射殺した。

金曜の朝、さらに12人のMTS幹部が彼と運命を共にしたと、FSBのアンドレイ・ザハロフ諜報員はReal Raw Newsに語った。

彼は、10日前にロシア連邦の工兵隊が鉄塔を倒したラメンキの同じ場所に、鉄格子を満載した平台を運ぶためにトラック運送会社と契約した瞬間に、彼らは死ぬ運命にあったと付け加えた。

木曜日の日の出直後、鉄骨とセメントを積んだ3台の平台が、倒壊した鉄塔の残骸が残る畑に横付けされた。MTSテレコムの作業員たちは瓦礫を撤去し、セメントで土台を固めた。1時間以内にモスクワ警察が到着し、現場監督とMTSの構造エンジニアに、プーチンの反5G指令に反して100フィートの尖塔を建てる理由を質問した。現場監督は、取り壊された5Gタワーの代わりに4Gタワーの建設を許可する、セルゲイ・ソビャーニン・モスクワ市長の署名入りとされる建築許可証を提出した。MTSの担当者は、必要な許可はすべて取得していると主張し、トラックには5G通信機器は積んでいないと警察に保証した。

それにもかかわらず、警察は、上司が書類を確認するまで中止するよう彼に命じた。数人の警官が現場に残り、クルーが指示に従ったことを確認した。乗務員たちがせわしなく歩き回るなか、MTSの重役は、重要な免許証を渡し忘れたと警察に告げ、自分の車から免許証を取り出す許可を求めた。それは免許証ではなく、モスクワでの5G技術の復活を要求する5万人のモスクワ市民が署名したとされる嘆願書だった。

「これを上司に見せろ」と彼は警官に言った。

正午、他のモスクワ警察が、最終的にタワーに固定されることになる送信ノードを検査したいという連邦通信庁の担当者を伴って現場に戻った。彼は、装置は倉庫にあり、タワーが完成するまでその場所には持ってこないと言われた。

FCAの担当者が「この倉庫に連れて行ってくれ」と言うと、MTSの重役はビクビクして、普通なら喜んでそうするが、倉庫のドアを開ける鍵を持っていないと言った。

「鍵ならあります」とFCA担当者はボルトカッターを見せた。

FCAと警察は、MTSの担当者を現場から数マイル南にある倉庫まで案内し、そこで彼は鍵を開け、5Gセルサイトノードで溢れる構造物を見た。

「これは5Gだ!5Gは違法だ」とFCA担当者が言うと、警察は神経質になっているMTS担当者を拘束した。

「いいえ、これは間違いです。これは4Gだと聞いています。これは倉庫の間違いに違いない」と警察に連行されながら抗議した。

金曜の朝、ロシアの第58統合武器軍の歩兵小隊がMTSのモスクワ本社を襲撃し、12人のMTS職員が円形の会議テーブルを囲んで5Gインフラの設計図とにらめっこしているオフィスに押し入った。

カラシニコフの銃声が室内に響きわたると、使用済みのカートリッジが床に叩きつけられ、指が引き金を引き、弾倉が空になり、9人の男性職員と3人の女性職員が死亡した。

「彼らは警告を受けた。「そしてこれは、プーチン大統領に逆らう他の人々への警告でもある。ロシアに5Gの毒はない」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す