月曜日, 7月 22, 2024
ホームアメリカJAG、165人の反逆兵士を共同裁判へ

JAG、165人の反逆兵士を共同裁判へ

By Michael Baxter -2023年8月13日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカ海軍法務官(Judge Admiral General’s Corps)は、誤った忠誠心と引き換えに賄賂を受け取り、合衆国憲法の代わりに詐欺的な大統領を支持し擁護することを誓ったとして、来月キャンプ・ブレイズでフォートドラムの兵士165人を合同で裁く。正式な罪状には、職務怠慢、敵国幇助、暴動謀議、友愛謀議、反逆罪が含まれる。

まとめて反逆罪で有罪となれば、彼らは本当に絞首刑となる。

JAGが同時期の裁判を選んだのは、165人の敵性戦闘員の突然の到着が手配上の悪夢を引き起こしたからであり、165人の下士官、専門家、軍曹を個別に裁判するのは時間がかかり、「まもなく到着するVIP」のために必要な独房スペースを消費してしまうからだと、キャンプ・ブレイズの情報筋はReal Raw Newsに語った。

ブレイズの拘置所には360の居住可能な独房があり、石造りの重苦しい箱に鉄の網でできたベッドが備え付けられている。また、近代化された独房棟には、最低限のセキュリティしかないホワイト・カラーの連邦刑務所並みの設備が整っている。いずれの場合も、囚人は隔離されたままである。

「共同食事なし。共同運動なし。共同シャワーもない。このような犯罪者が暴動を起こさないようにするためだ。協力しそうな囚人、つまり、つま先をこすりつけたら痛みに悲鳴を上げるような滑舌の悪いイタチのような囚人には、もっといい独房を用意している。現在、収容人数は最大に近い」と情報筋は言う。

ホワイト・ハットが今年初めに押収したブレイズは大幅な改修工事を行ったが、スタッフは急遽165人を追加収容する準備ができていなかった。ブレイズの現在の入居者は、反乱軍兵士のほか、ワクチン好きの医療関係者や、5月に船で到着した175人の名もなき囚人たちである。

「もし私が指示を出したら、この病人、ペド、裏切り者たちを10マイル沖に連れて行き、全員海に投げ込むだろう。水の中で暴れているのを見るんだ」と、この情報筋は語った。

彼は、クランドール副提督が裏切り者の兵士たちをブレイズにかくまうことに決めたと付け加えた。

「彼らは全員同じ罪に問われ、一緒に裁かれることになるので、副提督はそれを望んだのです」と彼は言った。

彼は兵士たちの階級について詳しく説明した: *PFCが56人、Spec-4が90人、E-5が15人、E-6が3人、そして規律を欠いたE-7が1人、指揮官やロイド・オースティンと話したいと執拗に要求してくるので、裁判が開かれ評決が出るまで、袋に詰めて猿ぐつわをするかどうか、職員が検討中だという。

ジョナサン・T・スティーブンス少将が、彼の度量が試されることになるであろうこの裁判の裁判長を務めるとき、1人を除くすべての被拘禁者は独房に留まることになる。スティーブンズ少将の軍事法廷での検事経験は、JAG対ザッカー事件のみである。

被選挙人は、JAGが選任した弁護人の傍らに座り、証拠に異議を唱え、関連する異議を申し立てる機会を与えられる。

「165人の被告を法廷に収容することはできません-大混乱になるでしょう。同時に絞首刑にできる165基の絞首台がないのは残念です」と情報筋は言う。

兵士たちの首謀者であるダンバー少佐とモバラクザデ中佐は、まだ決まっていない日に個別に裁かれることになる。


●アメリカ陸軍の階級

PFC:Private First Class(一等兵)
Spec-4(E-4):Specialist (SPC)(特技兵)
E-5:Sergeant (SGT)(軍曹)
E-6:Staff Sergeant (SSG)(参謀軍曹或いは幕僚軍曹)
E-7:Sergeant First Class (SFC)(一等軍曹)

ウィキペディア”アメリカ軍の階級”より引用

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す