木曜日, 4月 18, 2024
ホームCovid-19デンバー国際空港でワクチン接種を受けたパイロットが暴れる

デンバー国際空港でワクチン接種を受けたパイロットが暴れる

By Michael Baxter – 2023年8月19日(Real Raw Newsより翻訳)

8月2日、デンバー国際空港で5回ワクチン接種を受けたユナイテッド航空のパイロットが、スイングする駐車ゲートを斧で攻撃し、駐車券を抜いてもゲートが上がらなかったことを理由に ” 制御不能な装置 ” をののしり、凶暴化した。ケネス・ヘンダーソンと名乗るこのおかしなパイロットは、几帳面に車を降りてトランクを開け、斧を手に取り、まるで木を切るようにゲートを切りつけた。

この木こりの飛行士は、おそらくワクチン精神病に罹患していたのだろう、傍観者たちが彼を取り押さえ、斧を奪い取るまで、ゲートを23回も叩いた。

空港関係者は、この乱暴な事件を「肉体的格闘」であり、負傷者はいなかったと説明している。

昨日、過去にReal Raw Newsにワクチン接種を受けたパイロットがコックピット内で突然死亡した事件の詳細を伝えたことのあるFAA関係者から連絡があり、ヘンダーソンは “Covid芝居 “でFAA内で悪名を轟かせているという。その情報源によれば、ヘンダーソンは2021年半ばに航空会社から義務付けられた最初の予防接種を受けるまでは模範的なパイロットであり、模範的な市民であった。

機内では頻繁にインターホンを使い、乗客に「フライトを楽しんでください。それは命を救うのです」。慌ただしいトラフィックパターンの中でも、彼はしばしば無線を使って他のパイロットに “ワクチンの最新情報を入手するように”と伝えていた。マスク着用がまだ義務付けられていた時代には、マスクをしていない乗客のために機内のトイレを取り締まるよう客室乗務員に命じた。

情報筋によると、ヘンダーソンは5回のブースターを受けており、最後のブースターが2023年6月で、暴風雨の中横風で着陸する際にシカゴ・オヘア国際空港の管制官にワクチン接種の状況を伝えたという。

ユナイテッド航空の経営陣は、ヘンダーソンの機外活動については知らされていたが、彼に許可を与えたと彼は付け加えた。

「ユナイテッド航空は、ヘンダーソンのようなパイロットがもっと増えればいいと願っていた」と情報筋は述べた。

FAAの首脳部は政権のワクチン路線に従ったため、ヘンダーソンを非難したり、彼の免許を剥奪したりすることなく、見て見ぬふりをした。

ヘンダーソンのワクチン接種後の斧を振り回す奇妙な行動は、今年初めにフォート・ブラッグのウォマック陸軍医療センターのスタッフがReal Raw Newsに語った同じように奇妙な話と一致している。その話は2つしかなく、いずれも裏付けがなかったため、当時は記事にしなかった。

ウォマックの神経科医は、ワクチンが「ワクチン精神病」と呼ぶ希少な副作用を引き起こすと考えている。

2022年4月、ある兵士が弾の入っていないライフルを手に取り、分隊の仲間に向け、狂気に満ちた笑いを浮かべながら引き金を引いた。彼は仲間の兵士たちが死んで倒れていないことにショックを受けているようだった。彼に精神疾患の既往歴はなかった。

2023年1月、フォート・カールソンのトリプルワクチン中尉は、野球のバットで彼のオフィスを粉々にした。

「突然の説明のつかない殺人的怒りに加えて、第二の異常が見られました。ワクチンを打てば打つほど、次のワクチンを欲しがるのです」とウォマックの関係者はRRNに語っている。

彼は、事件は過小報告されている可能性があると付け加えた。

「症例は少なく、これ以上ないことを祈りますが、実証的な調査にはもっと多くの症例が必要でしょう」と彼は言った。

RRNは、なぜパイロットがフルサイズの斧をトランクに入れて持ち歩いたのか不思議に思っている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す