日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカロイド・オースティンからスミス将軍へ: 部下を釈放せよ、さもなくば

ロイド・オースティンからスミス将軍へ: 部下を釈放せよ、さもなくば

By Michael Baxter -2023年8月11日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカ海兵隊は、エリック・M・スミス将軍の目だけに緊急メッセージを伝えると主張してキャンプ・ペンドルトンのゲートに到着したアメリカ陸軍州兵大尉を拘束したと、将軍のオフィスの関係者がReal Raw Newsに語った。

火曜日の午後4時30分、Aクラスの制服を着た大尉が黒いセダンでペンドルトンのラス・プルガス・ゲートに近づき、歩哨に「スミス将軍を迎えに来た」と告げた。用心深い海兵隊の歩哨たちは、この大尉の記章がカリフォルニア州ロスアラミトス統合軍訓練基地の第40歩兵師団のものであることを見抜いた。

海兵隊員たちは車からお洒落な大尉を引っ張り出し、歩道に投げつけ、立たせ、背中に手錠をかけ、入念に身体検査をした。ある海兵隊員は、セダンの下にあるアルミの棒に取り付けられた円形の鏡を滑らせ、爆発物を探した。大尉と彼の車を丹念に調べ、「エリック・M・スミス将軍の目だけに」と書かれた茶封筒を見つけただけで、海兵隊員たちは侵入を電話で通報し、憲兵隊の到着を待った。

憲兵隊が、警備棟で震え、傷だらけの大尉を取り調べながら、封筒と手紙にフェンタニル、炭疽菌、リシンなどの有害物質が含まれていないか調べたが、毒物は検出されなかった。

大尉は、自分はスミス将軍に手紙を確実に届ける使者であり、「ペンドルトンの善良な海兵隊員」に悪意はないと言い、駐屯地司令官のマンジュ・ヴィグ中佐から封筒を手渡しして基地に戻るよう命じられたと付け加えた。

しかし、この手紙はヴィグが書いたものではない。国防長官のロイド・オースティンが書いたもので、それをヴィグに転送し、ヴィグがそれをペンドルトンに持ってくるよう大尉に委任したのだ。彼は安らかに立ち去りたかったが、スミス将軍が手紙を読み、彼をどうするか決めるまではどこにも行かせないと言われた。憲兵が大尉の忠誠心について尋ね、誰が軍の最高司令官だと考えているのかと尋ねた。彼は、”ジョセフ・R・バイデン大統領”と答え、”誰が采配を振るっているかについては意見の相違があるかもしれないが、我々は同じような軍服を着て、同じ宣誓をしている”と答えた。

情報筋によると、スミス将軍がこの手紙を受け取ったのは、その約2時間後、夜の退却の準備をしているときだったという。その書簡は、オースティンの果てしなく続く強制力のない最後通牒の一つで、今回は、7月30日に米海兵隊が逮捕した第10山岳師団のデビッド・ダンバー下士官とネマ・モバラクザデ下士官を直ちに釈放するようスミス将軍に命じていた。

「ダンバーとモバラクザデは名前も発音できない。彼らは今、キャンプ・ブラズにいる」と情報筋は語った。

興味深いことに、この手紙には、拘留中の165人の兵士や、ドイツで特殊部隊に逮捕された4人の将校については触れられていない。

オースティンは、デュバールとモバラクザデを “人質”と呼び、スミス将軍を “憲法上の誓いを裏切ったテロリスト”と呼んだ。そして、「トランプ前大統領との同盟は、あなたの指揮する部下を日々危険にさらしている。あなたが倒れれば、彼らも倒れる。それは避けられない。だがその間に、ダンバー大尉とモバラクザデ少佐を自由にすることで、あなた自身のためになる。この命令に従えさもなくば彼らと君のために来るぞ あなたの運命は決まっている」と書いた。

我々の情報筋によれば、スミス将軍はその手紙をシュレッダーにかけ、ペンデルトン憲兵にその配達人を追って通知があるまで拘束するよう命じたという。彼は、ディープ・ステートのパンジャンドラムは、スミス将軍を脅すことに再び失敗したと語った。

ペンデルトンの誰かが、なぜオースティンがEメールや郵便ではなく、このような遠回りの配達経路を選んだのか知っているかと尋ねられ、彼はこう答えた。あの臆病者は、自分で手紙を投函するつもりはなかったはずだ。そして[氏名は伏せる]キャプテンは、彼が家に帰れないと告げた途端、口を閉ざした」。

注:スミス将軍の要請により、大尉の名前は伏せた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す