日曜日, 6月 16, 2024
ホームCovid-19軍がファイザー社CEOアルバート・ブルラを逮捕

軍がファイザー社CEOアルバート・ブルラを逮捕

By Michael Baxter – 2023年8月9日(Real Raw Newsより翻訳)

米国海兵隊は月曜日、ファイザー社のアルバート・ブルラCEOを逮捕し、彼の2人のボディーガードを殺害した。

ギリシャ系アメリカ人の獣医師であるブルラは、特殊部隊がD.C.の高級レストランでモデルナ社のスティーブン・バンセル最高経営責任者(CEO)を逮捕した翌日の2022年11月8日に米国で最後に目撃されている。情報筋によれば、軍はブルラがバンセルの逮捕を知り、次の標的になる前に「地獄から逃げ出した」と考えているという。ホワイト・ハットは後に、ブルラがアテネに戻り、そこからファイザーの世界事業を監督し、再び世界市民に致命的なブースター注射を受けさせる方法を考案していたことを知った。

ホワイト・ハットは、ブルラと彼の友人、家族、米国内の関係者との間の通信を日常的に傍受していた。7月上旬、ブルラは息子のモイス・ブルラに連絡し、8月上旬に訪米すると言ったが、旅程は教えたがらなかった。ブルラが「少し用事を済ませてから」連絡を取ると言うと、モイスは、イリノイ州シカゴの自宅の前に「軍用車」が停まっているのを時々見かけるので、父の米国入国を思いとどまらせようとした。ブルラは、アテネを発つ前にあらゆる予防措置をとり、あらゆる事態を想定しておくとモイスに約束した。

「モイス・ブルラは明らかに偏執狂だった。もし、この家やアルバート・ブルラのニューヨーク州スカースデール邸を監視していたとしても、それは軍用車ではない。そんな目立つことはしない」。

8月4日、サイバー軍はブルラが息子に送った電子メールを傍受した。そこには、無事にアメリカに到着し、72時間後に「あらかじめ約束した場所」で落ち合うよう息子に頼んだ、と書かれていた。「私は用心深く行動したので、あなたも同じように行動してください」とメールは締めくくられていた。

追跡ルートの結果、メールの送信元はハワイであることが分かったが、サイバー軍はすぐに、ブルラがインターネットに安全かつ匿名で接続できるVPN(Virtual Private Network)を経由してメールを送信したことを突き止めた。

メールを受け取ったモイスは、翌朝のマウイ島への片道航空券を予約した。

「腑に落ちないことがたくさんあった。もしモイスが監視されていると思っていたのなら、しかも軍用車でないだけで、なぜ自宅のパソコンから航空券を予約したのだろうか?彼がバカだとは思わない。スミス将軍は、すべては誘導、目くらましであり、ボーラはおそらくハワイにさえいなかったと考えた。我々を追跡から外そうとしたように計画的に思えた」と情報筋は言う。

とはいえ、スミス将軍はモイスがマウイ島に向かう午前7時の便に潜入捜査官を同乗させる手はずを整えた。

「モイスが父親と会うのであれば、それは途中降機中であったかもしれない。監視チームはモイスを空港まで尾行する準備をしていました。彼が実際に飛行機に乗ったかどうかを確かめたかったのです」と情報筋は言う。

午前5時、リムジンがモイスをシカゴ・オヘア国際空港まで送り届けた。乗り継ぎ便は午後5時にサンフランシスコを出発し、7時30分(現地時間)にマウイ島に到着した。

一方、サイバー軍は、プランデミックの始まり以来トラップしていたブルラの電子メール、電話、テキストメッセージのひとつひとつを再調査し、ブルラの実際の目的地を確定するパターンを見つけ出そうとした。ニューヨークのスカースデールにいる妻のミリアム・イルクハナートと、同じくニューヨークにいる娘のグラツィエラ宛のものが何百通もあった。彼はトランプ大統領と「腐敗した米軍」を非難し、米国内外の「過剰な死」を彼の「救命ワクチン」のせいだとした。彼は繰り返し、トランプ大統領が “塀の中”にいて、バイデンが “アメリカの秩序を取り戻す”まではアメリカに戻れないと言った。ブルラはファイザーのニューヨーク本社の同僚としばしば連絡を取っていたが、米国で休暇を取ることに言及した傍受はなかった。

サイバー軍は、2023年2月にブルラと、ブルラが以前取締役を務めていたBiotechnology Innovation Organizationのレイチェル・キングCEO代理との間で交わされた電子メールのやり取りを分析した。ざっと調査したところ、ブルラとキングは世界経済フォーラムで議長を務めていた。

キングに宛てた3通のEメールには、ブルラが不審にも無関係な “8”、”9″、”23 “という数字が含まれていた。

「レイチェル、ご想像の通り、私は自分の責任をより果たせる米国に戻りたいと思っています。気候が変わるまで待たねばならない。今、8年ぶりか9年ぶりかと考えている。8年だと思うが、確信はない。もしかしたら9年かもしれない。先月の23日、私はこのことについて考えていました。

「モイスのフライトがまだ空中にある間に、サイバー司令部は8と9が月を表し、23が今年であることを推測した。それは、2023年の8月か9月に、どんな理由であれ、彼女を訪ねるという、ブルラのあまり賢くない暗号のようでした」と情報源は語った。

スミス将軍は直ちに米海兵隊の偵察チームを派遣し、ニューヨークのロングアイランドシティ、ワシントンDC、カリフォルニアのニューポートビーチにあるキングの邸宅を張り込ませた。モイスの飛行機がマウイ島に着陸するまでに、彼らは3つの不動産すべてに監視体制を敷いた。

飛行機に乗っていた工作員は、空港からワイレア・ビーチ近くのホテルまでモイスを尾行したが、アルバート・ブルラの姿はどこにもなかった。

Heckler & Koch MP5 submachine gun

月曜日の午前11時、ニューポートビーチにいた海兵隊員は、キングの3階建て、7,500平方フィートの豪邸があるだけの袋小路に通じる私道に近づくリムジンを発見した。リムジンが行き止まりの道に入り、身動きがとれなくなると、2台のSUVに乗った7人の海兵隊員がリムジンの後ろについた。リムジンのハンドルの後ろにいたのが誰であれ、ブレーキを踏み、ピストルを手に車を降りた。彼は運転席側のドアの後ろに隠れ、SUVに向かってやみくもに発砲した。彼の弾丸が空を切ったとき、助手席に座っていた人物が現れ、ヘッケラー&コッホMP5サブマシンガンを振り回した。「車の中にいて、頭を低くしていろ」と叫び、襲撃に加わった。

襲撃者たちはすぐに、追っ手が防弾ガラス付きの装甲SUVの中にいることに気づいた。

運転手は、よく見ようとドアの上に頭を出したとき、顔面に銃弾を受けた。

近くの木にカモフラージュした海兵隊のスナイパーが見張りをしていたのだ。

海兵隊は残った警備員に投降を命じた。「お前なんかいらない。我々は後部座席の男が欲しいのだ。降伏すれば生きる。降伏しなければ死ぬぞ」。

「どっちにしろ死ぬんだ!」男は叫びながらSUVに突撃し、フロントガラスに銃弾を浴びせた。

スナイパーの2発目の銃弾が頭蓋骨に空洞を残す前に、彼は数歩歩いた。

海兵隊はリムジンの後部座席にうずくまるブルラを発見した。彼はあまりのショックに話すことも抵抗することもできなかった。

「キングはそのとき家にいませんでした。ブルラは早く着きました。私たちは現場を消毒し、ブルラは現在拘留中です。皮肉でないことを知りたいですか? ブルラの両親はホロコーストの生存者であり、彼らの息子は何千万人もの人々を殺し、今も毎日何百人もの人々を殺し続けている第二のホロコーストの誕生を引き起こしました」と情報筋は語った。

最後に、私たちはモイスも捕らえられたのかと尋ねた。

「モイスが父親の犯罪に加担したという証拠はない。クリンゴン人とは異なり、我々は父親の犯罪の責任を息子に問うことはない。確かに彼は誤誘導に加担していた。だが、父親を守らない息子がいるだろうか。アルバート・ブルラのような悪の権化であっても。事実、ブルラは自ら捕まった。彼の複雑な計画に息子が加わっていなければ、我々は知る由もなかっただろう」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す