日曜日, 5月 19, 2024
ホームGITMOミリー将軍、反則を犯す;JAGにまだトランプ大統領のために働いていると告げる

ミリー将軍、反則を犯す;JAGにまだトランプ大統領のために働いていると告げる

By Michael Baxter -2023年9月28日(Real Raw Newsより翻訳)

現在グアンタナモ湾にいる不名誉なマーク・A・ミリーは、J6(1月6日事件)以来ドナルド・J・トランプ大統領のために潜入捜査をしており、スミス将軍の手抜き作戦が作戦の安全を妨げたとして、米海軍の捜査当局に「とんでもないヘマをした」と語ったと、あるJAG関係者がReal Raw Newsに語った。

ミリーが、彼とトランプはディープ・ステートを転覆させるための超極秘の逃亡劇のプライベート・パートナーであり、スミス将軍やバーガー将軍、ホワイト・ハット評議会を含む他のホワイト・ハット全員がそれに気づいていないと、証拠もなしに主張したのは2度目だった。最初の出来事は、2021年5月に国防総省から追放された後、米国と大統領を裏切った罪で軍事法廷にかけられずにはずだった取引を反故にし、ディープ・ステートに逃げ帰ったことだった。ミルリーは、月曜日の朝、アーリントン国立墓地で再逮捕されるまで、ボディダブルを使い、自分の動きを分かりにくくして逃亡を続けていた。

情報筋によれば、捜査当局は水曜日の夕方、数時間にわたってミリーに尋問を行ったが、失脚した将軍は質問に答えるのを拒否するか、あるいは検証不可能な不可解な回答をしたという。ミリーは、自分とトランプはチームであり、スミス将軍は前任者と同様、バイデン政権と手を組んだ “反逆のクズ”だと主張した。

袂を分かち、不当に悪者扱いされているトランプ大統領に、まもなく確認の電話がかかってくると聞かされたミルレーは、こう答えたという。「彼は否定するでしょう。否定しなければならない。それが計画の一部なのです。トランプ大統領はスミスとクランドールの味方をするだろう。みんなそうなる。そもそも、なぜ彼は私を行かせたと思うかね?”

しかし、ミリーが知らなかったのは、スミス将軍が逮捕から数分以内にトランプと話をしていたことで、トランプはミリーに裏切り者、「ひどい将軍」、「過激にみり将軍」とレッテルを貼り、「我々が見たこともないような」反逆罪で裁かれ、有罪判決を受けるべきだとした。

ベテランの調査官たちは感心しなかった。逃亡中にロイド・オースティンに送ったメールにあるように、逮捕後の血液検査でワクチン未接種であることが確認され、現役女性や扶養女性に乳幼児へのワクチン接種を勧めている理由を尋ねた。「軍隊が子供の扶養家族のワクチン接種を遅らせることは、私を深く悲しませます。我々は彼らの医療を提供している。愚かな親がワクチン接種をためらったために、最低の子供がCovid-19に感染してしまったら、親は病気の子供の世話をしなければならないので、戦闘態勢が損なわれてしまいます。私たちは予防接種の義務化を復活させなければなりません」。

ミリーは、自分が手紙を書いたことを肯定も否定もせず、自分のワクチン接種の状況は他の誰にも関係ないと言った。

「確かに、あなたがボディ・ダブルを動かしていることは知っています」と調査官は答えた。

彼らはまた、議会の承認なしにヴォロディミル・ゼレンスキーに数十億ドルの現金と武器を富ませる34の文書に、筆跡鑑定で確認されたミリーの署名がある理由を知りたがった。いずれも、ミリーの署名はロイド・オースティンの署名の下にあった。

「私はトランプ大統領と一緒に仕事をしていますが、彼はそれを確認することはできません」とミリーは言った。

「それが、すべての質問に対する彼の答えだった。彼は最終的に弁護士を要求し、JAGが弁護士を任命することになった。今のところ、トランプが裏切り者に面会するかどうかは聞いていない。そうなればいいのだが」 と情報筋は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す