日曜日, 7月 14, 2024
ホームFEMA海兵隊がFEMAをマウイから追い出す

海兵隊がFEMAをマウイから追い出す

By Michael Baxter – 2023年10月1日(Real Raw Newsより翻訳)

マウイ島のホワイト・ハット部隊は、8月上旬にラハイナとその周辺の町を焼き尽くした不可解な大火災の余波を受け、南国の楽園を恐怖に陥れ始めた重罪のFEMAエージェントを、ほんの一握りを除いて根絶やしにするか撃退した、とエリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

8月中旬以来、ラハイナ、カアナパリ、ワイルク、マアラエア、プカラニで米国海兵隊がFEMAのパトロール隊と戦い、小競り合いの結果、約475人の連邦政府のチンピラと、残念ながら34人の勇敢な海兵隊員が死亡した。海兵隊員は合衆国憲法を守って死んだが、連邦政府は犯罪者バイデン政権を守ろうとして死んだのだ。

9月17日、第1海兵師団の遠征部隊が「バイデンカーテン」に侵入し、情報筋が「大規模なFEMA会議」と呼ぶ、125人の捜査官と数人の監督官が21世紀の傑出したスマートシティとしてのマウイ島の将来について話し合っている場と交戦した。海兵隊はFEMAを奇襲し、罪のない一般市民がいなかったため、隊列に向かって発砲し、数十人を殺傷した。海兵隊はFEMAを 「バイデンカーテン」の向こう側に追いやり、FEMAが犠牲者の遺体を埋めたとされるラハイナルナ・ミッション墓地を通り過ぎた。彼らはウエスト・マウイ・ナチュラル・エリアの保護区入口で、短いながらも運命的な抵抗をした。FEMAは、この地域での過去の戦闘からFEMAの逃走経路を予測していた海兵隊部隊によって後方から切り離され、捜査官たちが一網打尽にされる前に4人の海兵隊員を殺害した。

「海兵隊員は勇敢に戦死した。我々はFEMAを捕虜にはしない。スミス将軍は、武器は持たないと明言した。あのクソ野郎どもは、自分たちが違法な命令に従っていることをよく分かっている」と情報筋は述べた。

9月23日、ワイカプのブービートラップ*が仕掛けられたオフィスビルに侵入した海兵隊員2人が死亡、2人が大やけどを負った。ホワイト・ハットは、このビルが即席の監獄で、囚われの子供たちが収容されているという情報を得ていた。中に入るとスプリンクラー・システムが作動し、海兵隊員たちは水ではなく灯油を浴びた。正体不明の発火源が部屋と海兵隊員を燃え上がらせた。

「FEMA(連邦緊急事態管理庁)は不名誉な戦いをしているが、私たちはこの一件で大失敗を犯した。情報を二重、三重にチェックするのが習慣だ。これは大失敗だった」と情報筋は言う。

海兵隊は9月27日、ラハイナからカフルイ空港に逃走するFEMAキャラバンを阻止し、倒れた仲間の仇を討った。海兵隊はこの戦闘で海兵隊員を1人も失うことなく、14台の連邦政府の車両を破壊し、56人のFEMA職員を殺害したと事後評価書に記されている。

「海兵隊員はここ数日、FEMAの残党を追っている。全員を捕えたわけではないが、残っているのは、どこかでうずくまり、増援か助けを待っている状態だ」と情報筋は語った。

その助けとは、犯罪者バイデン政権の違法な統合任務部隊5-0であり、ディープ・ステートに献身する陸軍と空軍の寄せ集めの部隊である、と彼は付け加えた。

最後に、ホワイト・ハットがFEMA長官のディアン・クリスウェルとJTF5-0司令官のチャールズ・フリン将軍を捕らえたかどうか、情報源に尋ねた。

「まだです。臆病者のフリンはハワイを去ったと思っている。我々は手がかりを追っており、裏切り者を裁くまであきらめない。トランプ大統領は状況を知らされている」と彼は言った。


ブービートラップ(booby trap)

戦争における戦術の一種。自陣に侵攻する勢力に対し、撤退する部隊やゲリラ組織が残したり、警戒線に張っておく罠(トラップ:trap)のこと。一見無害に見えるものに仕掛けられ、油断した兵士(まぬけ:booby)が触れると爆発し殺傷する。また、爆発物ではなく、スパイク状のもので殺傷する猟師の用いる罠に類似したものや、銃弾が発射されるものもこれに含まれる。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す