水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカ特殊部隊がディープ・ステートの儀式から子供たちを救う

特殊部隊がディープ・ステートの儀式から子供たちを救う

By Michael Baxter -2023年10月2日(Real Raw Newsより翻訳)

合衆国特殊部隊は日曜日、ディープ・ステートの国会議員たちが、バフォメット(1300年代にテンプル騎士団が崇拝していたとされる悪魔)の名の下に、子供たちを失血死させる計画で、思春期前の子供2人(男の子と女の子)を生け贄の祭壇に縛り付けていた悪魔崇拝の儀式を、予言的中させた。

特殊部隊がカリフォルニア州メンドシーノ国有林にある生け贄の隠れ家に到着したのは午後10時頃で、棺桶2つ分の幅がある長方形の石板の前に、5人のマントを着た人物が半円形に立って手をつないでいるのを目撃した。ヤギの頭をした悪魔を崇拝する者たちは、「トランプはもういなくなれ、トランプはもういなくなれ」と唱え、一帯に点在するティキ・トーチ*の明かりの中でその姿を揺らめかしていた。祭壇の上には、手首と足首をロープで縛られ、テントの釘で地面に固定された2人の小さな子供が宙に向かって叫んでいた。また、祭壇の上には、バフォメットに似せて彫られた高さ2フィートのアラバスター*の置物が置かれていた。

黒いローブを身にまとったフードをかぶった崇拝者が、鋸歯状のナイフを両手で挟み、頭上に高く掲げて少年の胸骨に深く突き刺そうと構えていたとき、サプレッサーを装備したライフルの弾丸が左目のあった場所に深く暗い空洞を残した。他の儀式参加者たちは、すでに特殊部隊が破壊工作を施した車両に向かって徒歩で逃げるか、靴ひものようなネックレスからぶら下げた小さなガラス瓶から液体を摂取した。3人が一口飲んでバフォメットの祝福を求め、即効性のある毒に倒れた。

特殊部隊の衛生兵が無力な子供たちの手当てをしている間、他の兵士たちは残りのカルト信者を下草の中に追い込み、降伏を要求した。特殊部隊は銃撃を受けたが、銃弾は樹皮に当たるか、無害に弾き飛ばされただけだった。暗闇に声が響いた: 「バフォメット、私を連れて行って。バフォメットよ、私をお救いください」。

1分後、特殊部隊が彼に追いついたとき、彼はすでに死んでいた。彼はピストルを口にくわえ、引き金を引いたのだ。

敵を倒し、子供たちを救出した特殊部隊は、徒歩で北のプラスケット・メドウ・キャンプ場の空き地まで脱出し、ヘリコプターでの脱出を要請した。

「これは奇妙な出来事だった。子供たちは無事です。子供たちはキャンプ・ペンドルトンにいて、トラウマから回復していることを祈っています」。

彼はRRNに、スミス将軍のオフィスがどのようにして犠牲の阻止を予知していたかの詳細を提供した。

日曜日の午後5時、第5列主義者(秘密裏に陰謀団に対抗するために働く連邦情報工作員のネットワーク)が、誘拐された2人の子供(その身元は知らない)と2人のディープ・ステート議員(オレゴン州のロン・ワイデン上院議員とメリーランド州のジョン・サーベンス下院議員)を含む差し迫った人身御供の情報を持っていると主張して、将軍の担当官に連絡した。彼は、ワイデンとサーベインズがバフォメットへの忠誠を唱え、その真夜中に悪魔の王に2人の子供を捧げる計画について話し合っている音声記録を持っていた。その会話の中で、ワイデンはプラスケット・メドウ・キャンプ場について触れ、”水を抜く”と言っている。

無名の2人の民主党議員が、トランプの問題を解決してくれるかもしれない神話上の悪魔を鎮めるために、森の中で子供たちを殺そうと共謀したという話は、あり得ないほど空想的なものに思えたからだ。

それにもかかわらず、将軍は海兵隊サイバー空間司令部に、ファイルの音声を民主党の専制君主の既知の録音と法医学的に比較させた。専門家は99.5%の一致を確認した。

しかし彼は、ホワイト・ハットが罠にはまる可能性を排除しなかった。

「スミス将軍は、第5特殊部隊群のブレント・リンデメン司令官と話し、小規模なチームを送り込み、大規模な海兵隊を待機させることにした。特殊部隊の分遣隊がペンドルトンにいて、作戦の準備に時間はかからなかった」と情報筋は語った。

彼は、ノダスはキャンプ場近くに発見されないように到着し、密林の中で生贄がどこに捧げられるかを決定していたと付け加えた。

「他に誰がいるのか、何人いるのか、どこにいるのか、歩哨がいるのか、事前に分からなかった。多くの変数が作用する。生け贄。真夜中。キャンプ場。子供たち。そしてその怪物たちはおそらく小児性愛者でもあった。そういうことだ」と情報筋は語った。

CH-53 Super Stallion helicopter

午後9時、海兵隊のCH-53スーパースタリオンヘリコプターが、キャンプ場から東へ2マイルの地点にチームを送り込んだ。1時間後、プラスケット・メドウズに到着した特殊部隊は、キャンプ場と林道7号線を結ぶ砂利道に3台の車両を発見した。エンジンはまだ暖かかった。チームは南へ続く複数の足跡を発見。彼らは500ヤード前進し、「トランプはもういらない」というマントラを聞いた。

「サーベンスはナイフを持った男で、ワイデンは後頭部を吹き飛ばした。真夜中前にすべてが終わったから、私たちは幸運だった。その時間が決まっていたのか、それとも何らかの理由で急いだのか、我々には分からない」と情報筋は語った。

彼は、第二のチームが後にディープ・ステートの遺体を回収したと付け加えた。


ティキ・トーチ(tiki torch)

tiki torch

長い棒や棒に固定して炎を灯す屋外灯。持ち運びや地面に固定することができ、庭の装飾としてよく使われる。

アラバスター(Alabaster)

美しい白色の鉱物の変種のひとつ。雪花石膏。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す