水曜日, 5月 22, 2024
ホームCovid-19GITMOで "mRNAの女王" が絞首刑に

GITMOで “mRNAの女王” が絞首刑に

By Michael Baxter -2023年9月27日(Real Raw Newsより翻訳)

2023年9月18日。GITMO。

モデルナ・モンスターであり、”mRNAの女王”メリッサ・J・ムーアが、自分の開発したワクチンによる無数の死亡事故について後悔していたとしても、ダース・E・クランドール副提督が、太った首にロープを巻かれながら絞首台で立ちすくんでいる彼女に反省の弁を述べる時間を提供したとき、彼女はそれを口にしなかった。

彼女はその代わりに、お縄になる時が来た多くのディープ・ステイターの間でよく使われる、独断的なディープ・ステートのマントラを唱えた: 私は命令に従った。私は命令に従った。私は命令に従った。ワクチンは命を救う。

ホワイト・ハットは、大手製薬会社のCovid-19ワクチンが数百万人のアメリカ人を殺傷したと推定している。この報告書は、Covidの説明責任を求めるオンライン文書であり、査読を受けた研究と経験的データに基づいて、この数字を全世界で2,200万人にまで推計している。

最後の儀式を望むかどうか尋ねられたムーアは、彼女と彼女の家庭内パートナーであるジャネット・コスロフは、バルト神話に登場する死者の神ヴェリナスと「釣り合っている」異教徒であり、彼だけが彼女を裁くことができると答えた。ヴェリナスは、複雑な人生を解明する手助けをしてくれたと彼女は言う。

「あなたの聖職者としての祈りはいらないわ」と彼女は吐き捨て、海軍の牧師を見下ろした。

クランドール副提督は言った。「私が気にするのは、水牛の忠実な騎士団(フリントストーンの引用)の大法王にひざまずくことです。この任務を命じられたとき、私は心が痛みました。だが、すぐにあなたたちには救いようがないことが分かりました。そして私は感覚が麻痺している」。

壇上の絞首刑執行人がムーアの頭に袋をかぶせた。彼は提督の命令を待つと、ボタンを押し、彼女の足下のドアが開いた。

ムーアは9月18日午前10時45分に死亡が確認された。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す