水曜日, 5月 22, 2024
ホームGITMOマーク・ミリー将軍、GITMOへ行く

マーク・ミリー将軍、GITMOへ行く

By Michael Baxter -2023年9月26日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハットは、マーク・A・ミリー前統合参謀本部議長の逮捕が、ブラック・ハットの軍部に波紋を広げ、非合法な大統領に盲目的な忠誠を誓ったことを後悔させることを期待している。

昨日報道されたように、アメリカ海兵隊はバージニア州で65歳のミリーを逮捕した。逮捕はアーリントン国立墓地で行われ、彼の居住地ではないことが判明した。我々の情報筋によれば、この作戦は、2021年5月にミリーが国防総省を更迭された直後に始まった、何年にもわたる労働と何千時間もの工数の集大成だったという。

バーガー将軍は、ミリーが”1月6日事件”でナンシー・ペロシの味方をし、米軍内に “ネバー・トランパー”軍団を結成していた理由についての回答を求めた。トランプはミリーに一世一代の大打撃を与えたと伝えられている。それでもミリーは、自分は大統領を裏切っていないと主張し、軍隊にはびこる沼地のネズミを暴くために秘密裏に潜入捜査をしていたと語った。バーガー将軍の手下がペンタゴンで彼を密会させたとき、ミリーは汚職を暴くまで「あと少し」だったとトランプに語った。実際、ミリーはバーガー将軍をディープ・ステイターだと非難し、トランプ大統領にバーガー将軍の前では慎重に行動し発言するよう注意した。トランプ大統領は、この非難を馬鹿げた陰口だと一蹴したが、1980年以来軍服と国家に仕え、軍事作戦を何度も成功に導いたミリーが、ダークサイドに転向し、ディープ・ステートの計画を受け入れるとは信じがたくもあった。彼とバーガー将軍は、ミリーがフロリダ州ペンサコーラのJAG収容施設に収監されている間、ミリーの将来と運命について何度も夜を徹して話し合った。

バーガー将軍がトランプ大統領に、ミリーをグアンタナモ湾に移送し、反逆罪の裁判を受けさせるよう働きかけている間、彼はそこに座っていた。バーガー将軍は、敵性戦闘員は寛大な扱いを受けるに値しないと言った。トランプは違った考えを持っており、後に彼の異端的な見解のために多額の代償を払うことになる。

トランプ大統領は条件付きでミリーを釈放し、トランプ大統領を中傷したり、ディープ・ステイターとの会話を録音せずにキャッチされたりした場合は、再逮捕される可能性があるという、引き込み可能な鎖で繋いでおいたのだ。トランプ大統領はミリーの地位保持を認めたが、ホワイト・ハットの暫定支配下にある国防総省への出入りは拒否した。

一方、トランプ大統領の決定に猛反対したバーガー将軍は、ミリーの勲章やリボンの多くが得体の知れないものであり、戦場での英雄譚があからさまな作り話や誇張である証拠を発掘した。さらに、バーガー将軍の部下たちは、ミリーとチャック・シューマーの密会を監視していたが、ミリーはそれを録音もせず、トランプ大統領にも報告しなかった。これらの出来事は、2021年6月の釈放から1週間以内に起こった。

バーガー将軍が調査結果を発表し、「大統領、私が個人的に今彼を捕まえられるなら、あなたは私に大きな恩恵を与えてくれるでしょう」と言うと、トランプ大統領は「彼は本当に、本当に悪い奴のようだ。わが国には、これまでに見たこともないような裏切り者が増えている。生け捕りにしたい」と承諾した。

しかし、1週間後、海兵隊がミリーの家を襲撃したとき、彼らは正当防衛のために、ミリーのマスクをかぶったボディ・ダブルを殺害した。彼の歯は外科手術で抜かれ、本物のミリーと同じ色合い、大きさ、形、咬み合わせのインプラントに置き換えられていた。DNA鑑定は無駄に終わった。運転免許証と身分証明書から、彼はミリーであることが判明した。

「当時は、そもそも本物のミリーを捕まえることができたのか、というような多くの疑問がわいた。当時はクローンやワクチン接種、血液検査などを行っていなかった。だから、バーガー将軍とトランプは、本物のミリーが生きていて、どこかで大活躍していると思い込んでいた。後に彼がテレビや卒業式、一般教書演説に姿を現したとき、私個人を意味するわけではないが、私たちは彼らが替え玉にすぎないことを見抜くことができた。彼らは仲介者に雇われ、ディープ・ステートの作戦について何も知らないからだ。そして、我々が替え玉を次から次へと捕まえては、ディープ・ステートの術中にはまることになるからだ」と、情報筋は語った。

バーガー将軍が2023年1月にホワイト・ハットの指揮をエリック・M・スミス将軍に譲った後、特にウクライナへの軍備移転を承認する書類に彼と一致する署名があったことが知られるようになってから、後者は行方不明の将軍を探す努力を強化した。ミリーはまた、女性軍人とその扶養家族の乳児にワクチンを接種するよう呼びかけていた。

スミス将軍は広範な網を張り巡らし、現地に足しげく通い、広範な電子監視を行った。ミリーの声はしばしば録音された電話で聞かれたが、アメリカサイバー軍(ARCYBER)や海兵隊サイバー空間司令部のホワイト・ハットは、表向きは彼らを罠にはめるために、それらの通話をすべてニセモノだと決めつけた。

日曜日にARCYBERがミリーと妻ホリアンヌの通話を傍受したとき、ミリーは間近に迫った引退について感慨深げに語り、海外での長期休暇に入る前にアーリントン国立墓地で “旧友の月曜日”に会わなければならないと語った。「できるだけ早く君を迎えに行くよ」とミリーはホリヤンに言った。

「声紋検査ではミリーだった。スミス将軍は、替え玉が泣き崩れるとは思わなかった。ミリーは感情に流された、 間抜けだった。そして、スミス将軍は罠を仕掛けた」と情報筋は述べた。

墓地が午前8時にオープンするまでに、64人の覆面海兵隊員が8つの出入り口すべてに目を光らせていた。9時17分、ミリーは正装してウェルカムセンターの駐車場に車を停めた。彼はすぐに3人の制服姿の海兵隊員から握手を求められ、彼の成功したキャリアを祝福し、健康で幸せな引退を祈った。

ミリーが敬礼を返し、手を差し伸べると、片方の手首に手錠がかけられ、次にもう片方の手首にも手錠がかけられた。

「この罪で絞首刑だ、海兵隊員」とミリーは吠え、ピストルの銃口が彼の腹に押し当てられた。

「命令に従っただけです、将軍」と海兵隊員は答えた。「ところで、トランプ大統領があなたに会いたがっているそうですよ」。

最後に、情報筋はこうコメントした: 「彼は処理センターに護送され、医学的に評価された。そう、クローンの兆候をチェックしたが、何も見つからなかった。長年の努力が報われたようだ。彼はすでに最後の勤務地であるGITMOに向かっている」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す