水曜日, 5月 22, 2024
ホームCovid-19JAG、5人の首を吊る

JAG、5人の首を吊る

By Michael Baxter -2023年9月13日(Real Raw Newsより翻訳)

JAG(米海軍法務官)の前例となりそうなことだが、反省していないディープ・ステイターに対して正義を執行することを任務とする組織は、同時に、患者に予防接種を受けるよう強要し、拒否した者をブラックリストに載せたとして有罪判決を受けた5人の医師を絞首刑に処した。この同時処刑は9月5日にキャンプ・ブラズで行われ、反逆罪と人道に対する罪で有罪になった無数のディープ・ステイターの判決を早めるために建てられた5つの絞首台で行われた。

既報のとおり、8月27日の軍事法廷では、このウェブサイトの一部のコメントで薄弱な証拠と呼ばれるものに基づいて、10人の開業医に死刑が宣告された。Real Raw Newsは、検察側を率いたジョナソン・スティーブンス提督が、パネルの判決勧告が犯罪に適合していると考えていたかどうか、JAGの情報源に尋ねたところ、彼は「私の知る限り、スティーブンス提督は判決に異議を唱えたり、議論したりはしていません。この事件では、彼ら(医師たち)が共同でネットワークを運営し、診療を拒否し、患者にワクチンを接種するよう圧力をかけ、何人かが重病になったり死亡したりしたことが説得力のある要因です。スティーブンス提督は法廷で自分の義務を果たしました。彼は絞首台で自分の義務を果たしたのです」と語った。

後者の責任には、猿ぐつわをされ目隠しをされた5人の医師が、それぞれの壇上に立って慈悲を乞うときの、かすれ声の悲鳴を聞くことも含まれていた。しかし、彼らの嘆願は聞き入れられなかった。なぜなら、彼らは悔恨の声明を提出したり、不道徳で、違法で、罪深い残虐行為を償ったりする以前の機会を無駄にしてしまったからだ。他のディープ・ステート信奉者同様、彼らは普遍的なマントラを謳った。「私は自分の仕事をしていた。命令に従っただけだ」 と。

一列に並ばされ、銃を突きつけられ、死刑執行装置(首を待つ縄)へと昇る階段まで行進させられた途端、彼らの苦境の重さは頭をハンマーで殴られたような勢いで彼らを襲った。

目隠しをされると、彼らは泣き叫んだ。

猿ぐつわをはめられ、縄で縛られると、彼らの赤らんだ頬は膨らみ、控えめな叫び声は寛容と憐れみを求めた。

スティーブンス提督の心に優しさがあったとしても、それは表には出なかった。

彼は、囚人たちの足下にあるスイングドアを作動させるボタンを押すよう絞首刑執行人に命じ、数分以内に、正当化されようがされまいが、彼らの人生は終わりを告げた。

最後に、他の5人の運命について聞いてみた。

「彼らの刑期はもうすぐ終わる」と彼は言った。

この記事を書いている時点で、彼らは死んでいるかもしれない。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す