日曜日, 6月 16, 2024
ホームFEMAマウイ島の海兵隊 :「我々は窮地に立たされている」

マウイ島の海兵隊 :「我々は窮地に立たされている」

By Michael Baxter -2023年9月11日(Real Raw Newsより翻訳)

マウイ島の米国海兵隊は、マウイ島の火災で骸骨やくすぶった廃墟と化した家屋への立ち入りを阻止する州兵との銃撃戦を戦術的に中止しなければならなかった。州兵はバイデン政権の違法な統合任務部隊5-0の一員であり、FEMAが灰の山から焼け残った私物を盗み出す間、避難民に銃を突きつけていた。

9月6日水曜日、ラハイナの海兵隊偵察小隊は、自分たちをバイデンの忠実派と勘違いして火炎瓶を投げつけ、自分の妻を殺し、子供たちを母なしにした殺人者を罰してやると叫んだ中年男に出会った。海兵隊員たちは負傷を避け、悲しみに打ちひしがれる父親をなだめ、自分たちは妻の死に関与していないと断言した。海兵隊員が脱水症状と頭の傷の手当てをしながら、この男性は、かけがえのない家宝を探すために残骸を漁っていた妻が、彼らの戦術に挑んだために「兵士たち」に頭を撃ち抜かれたことを語った。

この男性は、「何百人もの兵士と連邦捜査官」が住民を誘拐し、火災がラハイナの空気を汚染し、近隣に有害物質を撒き散らしたため、マウイ森林保護区の東にある「テント施設」に強制移住させたと主張した。彼の気の強い妻がガードマンに「なぜ人工呼吸器をつけないのか」と尋ねたところ、彼女は射殺された。銃声が聞こえ、妻が倒れるのを見たとき、彼と思春期の子供たちは少し離れた場所で食料を探していた。彼は息子と娘の口を覆って悲鳴を黙らせ、自分たちや他の生存者たちが州兵のパトロールから身を隠すことに成功したベールに包まれた隠れ家に逃げ込んだ。彼の子供たちは、友人や家族を失った他の人たちに混じって悲嘆に暮れていた、と彼は海兵隊に語った。

スミス将軍のオフィスにいる情報筋によれば、この毒素の話は、『未知との遭遇』に出てくる、マザーシップがデビルズ・タワーの山頂に到着したことを隠すために、FBIが化学物質の流出を偽装して町を避難させるシーンそのままだという。

「ラハイナの空気を調べました。毒物も汚染物質も有毒空気もありません。すべては煙幕で、あの気の毒な男の妻はすぐに気づいたのです」と情報筋は言う。

FBIは狡猾な策略を駆使し、国民を欺くために無限の選択肢を用意している、と彼は付け加えた。

「父親は隠れ家を明かさなかったが、海兵隊にラハイナ東部のテント村と州兵/FEMAの略奪者を教えた。彼は妻を殺した犯人を殺すためのライフルまで欲しがったが、海兵隊はろくでなしどもを始末すると言い、子供たちのところへ行け、後で全員を安全な場所に連れて行くからと言った。その男は、テント村を襲撃する前にもっと大きな部隊を編成するよう海兵隊に警告した」と情報筋は語った。

小隊長はハワイ海兵隊基地の上官と話し、テント村を襲撃する前に増援を待つか、女性の殺害現場を調査するかのどちらかを選べと言われた。 偵察部隊は、敵陣に侵入し、陸海空を問わず、どんな環境でも観察し、狩り、殺害するように訓練された先鋒隊である。しかし、その数は海兵隊全体で1,000人にも満たず、簡単に交代できるものではなかった。

応援が何時間も先だと聞かされた小隊長は、父親の話を慎重に調査し、その結果を報告すると言った。

the Biden curtain

小隊はソーシャルメディアが「バイデンカーテン」と呼ぶ、メッシュで編まれた12フィート(約3.66m)の高さのバリアに近づいた。粗末に作られた木枠にホッチキスで留められたこのバリアは、ラハイナ・バイパスと、南西にある焦土と化した住宅や企業のほぼ完璧な長方形の境界を隔てている。小隊長は、ちゃんとしたハサミかポケットナイフがあれば、誰でもこれを切り開いて中に入ることができると指摘した。

二人は周囲を歩き、反対側で足音を聞いた。再建されたラハイナは未来のアメリカの都市を象徴するようなものになるだろう。中央のアルゴリズムが人のニーズを測り、徒歩圏内にそのニーズをピンポイントで見つけることができるのだから。

海兵隊員たちはフェンスに沿って隙間を探して進んだが、何も見つからなかったため、Ka-Barナイフで網目に小さな穴を開けた。 その惨状を覗き込むと、パトロール隊が巡回し、数十人の衛兵が瓦礫をショベルカーに積み込んでいるのが見えた、 フェンス沿いのどこかに、大型車両が通れるほどの開口部やゲートがあったということだ。

しかし小隊長は、囲いを見下ろす展望台として十分な高さの屋根を持つ、レンガ造りの建物が建っているのを見つけた。彼は屋上のACユニットを指摘し、この建物にはアクセスポイントがあるはずだと言った。彼は小隊を4人組に分け、2人が陣地を確保し、2人が周囲を突破することにした。人の大きさの網目の隙間を切り裂いた後、1隊は建物の外に残って援護し、もう1隊は屋上にアクセスするよう命じた。残りはフェンスの後ろで待機し、万が一の事態に備える。

M40 sniper rifle

あるチームは人知れず屋上にたどり着き、少なくとも70人の衛兵と12人のFEMA捜査官が通りを徘徊し、連邦政府が土地収用に関する法律に基づいて不法に押収した私有地に泥棒に入るのが見えたと報告した。チームリーダーはそのとき、JTF5-0司令官のチャールズ・フリン大将という敵のキングピンが、媚びへつらう下級将校の群れに取り囲まれているのを見つけたという。彼は小隊長に、M40スナイパーライフルで武装した自分なら600ヤード(約549m)の射程を確実に狙えると言った。

「無理だ。ダメだ。こちらも援護が必要なようだ。すぐに退去せよ」と小隊長は答えた。

彼らがビルを出るやいなや、銃弾が海兵隊員の足を貫き、大腿動脈を切断して地面に血を流した。仲間が彼を担ぎ上げ、防御砲火の砲陣に覆われていたフェンスに向かって急いだ。別の海兵隊員は腕に一発喰らったが、不意を突かれたに違いない12人編成の州兵パトロールに向かって片手でライフルを振り回しながら、まだ戦っていると語った。海兵隊員たちはフェンスに向かって走りながら制圧射撃を浴びせ、身を隠さなかった少なくとも3人の攻撃者に命中した。一人の膝が爆発した。もう1人は顔面を3発殴られ、確実に死んだ。

「ひどい目にあった。繰り返す:ヤバイぞ」と小隊長は上官に無線で伝えた。

海兵隊がフェンスから出ると、4つのチームは地獄を味わった、 無数の銃弾を密集した網目越しに撃ち込み、その銃弾が残りの警備兵に命中するか、あるいは退却を余儀なくさせることで交戦の均衡が保たれることを期待した。

ハワイ海兵隊基地は小隊長に、死傷者の分類と支援を待つため、離脱してブラボー地点に撤退するよう指示した。

情報筋によれば、ディープ・ステイターを打ち負かすのは、危険と死傷者を伴う果てしないことのようだ。

「警備隊はフェンスの向こう側を追わなかった。ジョセフ・バイデンに忠誠を誓った軍隊の司令官たちは、このような戦いを我々にとって非常に困難なものにしている。連邦軍だけなら、もうゲームオーバーだ」と情報筋は言う。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す