木曜日, 2月 22, 2024
ホームFEMAホワイト・ハット、ハワイを去るFEMA機を撃墜

ホワイト・ハット、ハワイを去るFEMA機を撃墜

By Michael Baxter – 2023年9月10日(Real Raw Newsより翻訳)

8月29日、ホワイト・ハットが操るアーレイ・バーク級駆逐艦が、ホノルルからサンフランシスコ国際空港を経由してフロリダに向かうFEMA(連邦緊急事態管理庁)職員180人を乗せた国務省の767型機を撃墜したと、エリック・M・スミス将軍の事務所関係者がReal Raw Newsに語った。

撃墜は午前2時15分、オアフ島の東約300海里で発生した。飛行機は37,000フィート(約11.3km)上空を飛行中、1発のスタンダード・ミサイル3(SM-3)に攻撃された。767型機は空中分解し、海に落下した。

その1日前、マウイ島の米海兵隊員たちは、FEMAのディーン・クリスウェル長官が、ハリケーン「アイダリア」の上陸が間近に迫っていることを見越して、ハワイのスタッフにフロリダ・パンハンドルへ出発するよう命じていることを知った。彼らは、クリスウェルが、翌朝午前2時にホノルルを出発する予定だった国務省の航空機を、空港に到着または出発する航空貨物便が数便しかない時間帯に割り当てたと聞いた。

もしすべての情報が正しければ、FEMAの職員は滑走路26Rからの午前2時の出発に先立ち、第2ターミナルで集合することになる。

「翌日にどの滑走路を使うかは、空港の状況に応じて管制官がその場で決めるのが普通だからだ。ただ、うーん、恣意的に飛行機を空から吹き飛ばすという決定は下されなかった。ラハイナで大混乱を引き起こしたFEMAのテロリストの長大なリストと、この飛行機に搭乗した捜査官を比較したかったのです」と情報筋は言う。

つまり、FEMAの捕食者たちの群れに紛れて、朝の奇妙な時間帯にターミナルに潜入捜査官を置くということだった。

「何百人もの子供を含む多くの人々が行方不明になっています。我々の懸念は、FEMAが誘拐した子供たちをハワイからこっそり連れ出すことでした」と情報筋は語った。

一方、キャンプ・ペンドルトンのスミス将軍は、重罪のFEMA盗賊の運命について話し合うため、ホワイト・ハット会議の緊急会議を招集した。我々の情報筋によれば、彼らは裁判を受けるべきか、それとももっと迅速な裁きを受けるべきかについて激しい論争が続いた。スミス将軍は、FEMA船を捜索するためにハワイ諸島の近くに駆逐艦を配置したと説明した。同艦は有人であり、ハープーン対艦ミサイルと地対空・対弾道ミサイルを満載していたという。スミス将軍は、もし767便に民間人が乗っていないことが探知機によって証明されたなら、フロリダにさらなる騒乱を引き起こすことを防ぐために、767便を空からたたき落とすべきだと主張した。歴史的な前例は、FEMAが人災や自然災害を利用する機会を決して逃さないという渇望を示し、困窮と窮乏の生活に追い込まれた人々を虐待し、威嚇する機会である、と彼は説明した。

しかし、3人の反対論者は、200人を主観的に殺害することはディープ・ステートの犯罪戦術を反映し、ホワイト・ハットの非の打ちどころのない評判を永遠に汚すことになるとして、正式な告発状を作成し軍事法廷を開くことに賛成した。

ある者は、「われわれは、逮捕する任務を負った怪物そのものになるだろう」と言い、代わりに、飛行機がフロリダに着陸したら、米海兵隊が乗客を逮捕することを勧めた。「安易な道は正しい道ではない」。

将軍は、ホワイト・ハットが以前、7月にカリフォルニア沖でFEMAの船を沈没させるという異常な行動をとったことを思い出した。彼は、より強引でない案も検討したというが、最終的には、可能であればFEMAの脅威を排除することに決めた。

「スミス将軍が究極の選択をしたのは、監視員が電話をかけてきて、その時間に警備を通過する全員がFEMA関係者だと言ったときだった。少なくとも半数は、マウイ島での破壊的な死を監督していた幹部だった」と情報筋は語った。

FEMAが767に乗り込む間、駆逐艦の乗組員はレーダーで近隣の地表との接触や航空交通をチェックした。ホノルル発着の飛行機は、確立された、そしてしばしば混雑する空域を横断し、貨物船やクルーズ船は下界の海を頻繁に行き来していた。そのどれもが、真っ暗な空に突然現れた光の筋と壮大な火の玉を見逃すことはできなかった。

「幸運なことに、巡航高度の飛行機が交戦圏に入ったとき、少なくともレーダー上では空路も海域もクリアだった。艦の司令官は、発砲か中止か、スミス将軍の命令を待った」と、この情報筋は語っている。

「交戦せよ」とスミス将軍が答えると、駆逐艦はミサイルを無防備な飛行機に向けて発射し、時速5,000マイル以上の速度で飛行機に命中した。弾頭はアルミの機体にぽっかりと穴を開け、瞬時に減圧を引き起こし、767は飛行制御を失い、水の墓場へと落下した。

「ミサイルが命中したとき、私たちはメーデーコールを受けなかったが、FEMAはおそらく飛行機を失ったことをすぐに知っただろう。ディープ・ステートがどう対処するかは彼ら次第だ。我々は、彼らがいつもするように、彼らは損失を隠蔽するだろうと疑っている」と、我々の情報源は言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す