日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカJAG、小児性愛者スティーブン・コルベアを尋問

JAG、小児性愛者スティーブン・コルベアを尋問


By Michael Baxter -202年11月29日(Real Raw Newsより翻訳)

グアムにいる米海軍のJAG調査官は、被拘禁者のスティーヴン・コルベアにプランデミックとのつながりについて尋問し、ジェフリー・エプスタインの未成年堕落の島への旅行中に彼がわいせつ行為をした少年少女に回復不可能な損害を与えたと主張したと、JAG関係者がReal Raw Newsに語った。

昨日報道されたように、捜査当局は土曜の朝、コルベアをニュージャージー州モントクレアの自宅近くで逮捕し、彼(とまだ名前が挙がっていないディープ・ステートの仲間たち)をキャンプ・ブレイズに空輸する前に、この俗物を隠れ家に連行した。そこで彼は、信じられないほど入念な体腔検査を含む2度目の健康診断を受け、やがて金属テーブルの後ろの子供サイズの椅子に座らせた尋問官と目が合った。

尋問官は彼に水のボトルを差し出した。目に見えて動揺したコルベアは、”残忍な凶悪犯”に協力するくらいなら、ハンガーストライキをして餓死したほうがましだと言った。

「それは水だ。飲みなさい、必要でしょう」と尋問官は言った。

コルベアは手錠をかけられた手首を上げ、もっと大きな椅子を使いたいと言った。

「私たちがあなたをわざわざここに連れてきたのは、あなたを快適にするためだと思いますか、スティーブン・コルベア被拘禁者? 椅子のことだが、子供用の椅子だ。君は子供が好きだろう?」と尋問官は言った。

彼はテーブルの上に写真を置いた。エプスタイン島でコルベアに愛撫される未成年者の写真だった。

「これがいちばん生々しくない。もっとありますよ。見てください、被拘禁者」と彼は言った。

コルベールは目をそらした。

「私はあなたを甘やかすためにここにいるのでも、信頼を得ようとするふりをするためにここにいるのでもない。自白を求めないのは、君が有罪であることを知っているからだ。有罪でないなら、そもそも君はここにいない。自分がどこにいるか知っているんだろう?」

「率直に言って、君はお手上げだ。命を救えるとは言えない。可能性はある、たぶん」と彼は続けた。

コルベアは家に帰りたい、憲法上の権利を侵害されたと言った。

「周りをよく見てください、被拘禁者。自分がどこにいるか分かりますか?」と尋問官は尋ねた。

「部屋の中、島の中です」コルベアはおとなしく答えた。

「エプスタイン島でないことは確かだ。そうであってほしいと願っているに違いありませんが」と尋問官は言った。

突然、コルベアは手錠をかけられた手首を揺すりながら、自分自身との対話に入った: 「このあたりには何が見える? 彼らが私に警告したこと……不法な正義を執行するトランプの専制的な過激派……いや、私はこれに耐える必要はない。私はアメリカ市民であり、権利がある……その権利を奪われるわけにはいかない……私は夢を見ているに違いない、こんなことが現実にあるはずがない……」。

尋問官はしばらくの間、呆然と沈黙した。「これは現実だ。テレビに出てるわけじゃないんだから、芝居はやめろ。あなたがここにいるのはトランプのせいではなく、あなたがクソロリコンだからであり、あなたが自分で摂取したこともない『ワクチン』を宣伝するために現金を受け取ったからだ。我々は証拠をつかんだ。私たちがもっと知りたいのは、スティーブン、あなたがニュージーランドに持っている終末の地下壕と、そこに何人の子供を隠したかということだ」。

情報筋によれば、JAGはコルベアの携帯電話にアクセスして、コルベアの黙示録シェルターを知った。その携帯電話には、コルベアと無名の人物との間で、ニュージーランドの隠れ家で働く「6歳から10歳の金髪碧眼の少年少女」の調達について話し合っているテキストメッセージが残っていた。携帯電話には、コルベアが2020年以降にニュージーランドに7回渡航したことを示す、期限切れの搭乗券も入っていた。

「君の家族はこんなことを知っているのか? 自慢の息子に違いない。次は生年月日、月、年以外のものをパスコードに選ぼう。あそこで子供を虐待しても安全だと思ったのか。いいか、被拘禁者、我々はそれを見つける。もしそこで子供たちを見つけたら、君にとってもっともっと悪いことが起きるだろう」と尋問官は言った。

しかし、コルベアは不遜な態度を見せた。「あなたは私を罠にはめようとしている。CBSに電話したい、弁護士を呼んでくれ」。

「君にある権利は、我々が与えたものだけだ。ええ、弁護人がつきますよ。何を言われるか分かるかい? 君はとんでもない世界にいる、とね」。

反抗的にコルベアは「あなたとは話しません」と言った。

尋問官は最後に鋭い指摘をした。ひとつは快適な刑務所。もうひとつは……神に誓って、それを見たら自分を汚すだろうし、自分が崇拝する神に、自分が今までより協力的であったことを祈るだろう。だが、2度目のチャンスはない」。

その最後通告は、コルベアの好戦的な態度をさらに加速させた。「くたばりやがれ」。

「コルベアはMSMの拘置所に連行された。それ以来、彼は恐怖のあまり叫び続けている」と情報筋は言う。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す