日曜日, 6月 16, 2024
ホームニュースプーチン、"白肺病"医師を処刑

プーチン、”白肺病”医師を処刑

By Michael Baxter – 2023年12月1日(Real Raw Newsより翻訳)

ウラジーミル・プーチンの命令で、ロシア陸軍は木曜日、保健省の裏切り者が自身とロシアの製薬メーカーとの間で “白肺病 “の会合を開こうとしたとして処刑した、とFSB諜報員のアンドレイ・ザハロフがReal Raw Newsに語った。

その前日、ロシアの諜報機関は、ミハイル・アブラモビッチという保健省の優秀な研究者兼医師がBIOCADとNanolekの責任者に手紙を書き、ロシア連邦にとって白肺病はCovid-19以来の最大の脅威であるとして、白肺病に対抗するワクチンの開発に直ちに着手するよう懇願したことを知った。彼は製薬大手に対し、Covid-19ワクチンをテンプレートとして使用するよう懇願した。さらに、中国やオランダ、アイダホ州やマサチューセッツ州での集団感染が疑われることを引き合いに出し、ロシアの思春期前の子供たちは全員、「子供を殺すウイルス」の予防接種を受けるべきだと述べた。「遅れてはならない。ロシアの未来は、この新奇な病気への迅速な対応にかかっている。私は、私たちが直接話をするための会合を手配します」と、彼の手紙の一部は書かれていた。

FSBは、白肺病は偽装であり、マスク、社会的距離、医療戒厳令を求める声を再燃させるためのディープ・ステートの発明だと考えているが、アブラモビッチがディープ・ステートの潜伏工作員なのか、単に正気を失っているだけなのかは分からなかった。彼は、プーチンがCovid-19ワクチンを非合法化し、彼の格言に逆らう医療専門家を処刑したことを知っていた。実際、アブラモビッチに関するFSBの書類には、彼が挑発工作員であること、あるいは狂気に陥りやすいことを示唆するものはなかった。

アブラモビッチはモスクワ第一医科大学で医学生物学の博士号を取得した後、クレムリンの中央臨床病院でインターンをしていた。この病院では、学業が優秀であるだけでなく、下院議員や連邦議会議員の推薦状が必要である。アブラモビッチはその後、貧困にあえぐ市民のケアを優先し、有利なポジションを拒否した。2022年、アブラモビッチはロシアの対ウクライナ特別軍事作戦で負傷した兵士の治療を最前線の野戦病院で4カ月間行った。

47歳のアブラモビッチは結婚しており、成人した子供が2人いた。

「このアブラモビッチという男がプーチンに投票したことも、忠誠を誓っているように見えたことも問題ではない。どういうわけか、彼は精査を免れた。このような問題では、プーチン大統領は、白肺病が虚構であることを知っており、白肺病の嘘をロシアにつけさせないために、やるべきことをやる。 もう二度としない」とザハロフは述べた。

木曜日の夕方、ロシア軍はアブラモビッチのモスクワのアパートに押し入り、アブラモビッチ夫妻はソファでくつろぎながらテレビのニュース放送を見ていた。中尉が何気なくテレビのスイッチを切り、アブラモビッチに反逆罪とスパイ罪で有罪となり、すぐに処刑されると告げると、夫妻は凍りついたように座っていたという。警部補はアブラモビッチ夫人に、夫の犯罪に加担しているのか、あるいは夫の犯罪について知っているのかと尋ねた。

「何も知りませんが、この男は私が結婚した男とは違います。彼は奇妙な行動をとる。彼とは関わりたくない。彼とは離婚します」と彼女は答えた。

ザハロフによると、アブラモビッチは手錠をかけられ、外に引きずり出され、頭を撃たれたという。

「彼のような人が増えたら、生き残れないでしょう」とザハロフは言った。

最後に、誰がFSBに密告したのかと尋ねた。

「製薬会社BIOCADのCEOだ。彼はアブラモビッチの手紙を見せてくれた。なぜ彼がこんなことができると思ったのかはわからない。狂気の沙汰だった」と彼は言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す