木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカJAG、またもCDC職員を摘発

JAG、またもCDC職員を摘発

By Michael Baxter – 2023年12月3日(Real Raw Newsより翻訳)

米海軍のJAG捜査官は、またもや疾病管理予防センターの職員を逮捕した。今回は、同センターの慢性疾患予防・健康促進部長(NCCDPHP)であり、2019年8月に就任したカレン・ハッカーを逮捕した。JAG関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、ハッカーは最近、”新興・継続パンデミックの中での人口コントロール”の重要性に関する「学術論文」を共著で発表した。その中で彼女は、SarsCov2の回復力、小児の「白肺」肺炎患者の増加、肝炎、麻疹、真菌性髄膜炎の不可解な急増を引き合いに出し、2024年の大統領選挙における郵送投票の義務化の必要性を強調している。ハッカーはCDC全体とバイデン政権関係者に彼女の声明文を配布した、と情報筋は言う。

「彼女は意見を述べたのではない。彼女はアジェンダ(議題)に取り組んでいた。投票所に入る前に、有権者がブースターの証明書を見せるよう提案したほどだ。彼女の論文、あるいはあなたがそれを何と呼ぼうと、私はそれを不吉なたわごとと呼ぶが、医療監禁についてさえ論じていた。クランドール副提督はその論文を熟読し、国家反逆罪、職権乱用、詐取の陰謀罪を立証する証拠を見つけた」と情報筋は語った。

金曜の夕方、アトランタ郊外の高級住宅地バックヘッドにある自宅を出るハッカーを発見した捜査官は、軍の逮捕状を持って彼女に近づいた。彼女は信じられないといった様子で捜査官を見つめ、緊張した面持ちで唇を尖らせた。彼女はじっと冷静に見つめ、「これは合法的なものではありません」と言った。

「これは合法です。あなた方が抵抗したり、逃げたりするのは本当に嫌なんです。銃やナイフは持っていますか?」と捜査官の一人が答えた。

ハッカーは財布の中にピストルがあることを認めた。捜査官は彼女の所持品を押収し、手錠をかけ、南フロリダの処理センターまで車で運んだ。

そこでハッカーは驚くほど饒舌になったという: 自分が書いたのは論文の断片だけで、ロシェル・ワレンスキーの絞首刑をきっかけに権力を握ったCDCの専制的ディレクター、マンディ・K・コーエンが64ページのうち40ページをゴーストライターとして書いたのだと彼女は主張した。JAGの分析はハッカーの主張を肯定するもので、論文の構文は人間のライターとChatGPTを合体させたものであった。それにもかかわらず、ハッカーは明らかに2024年の選挙を破壊することを目的とした提案を支持し、署名し、広めた。

「コーエンではなく、あなたがいる。もしあなたが彼女の居場所を教えてくれて、彼女がアトランタにいないことが分かれば、取引できるかもしれない」と尋問官がハッカーに言った。

ハッカーによれば、コーエンは彼女にそのページを電子メールで送り、調査結果を取り込んで署名するよう指示したという。

「彼女がどこにいるかは知りません」とハッカーは取調官に言った。

「なぜあなたの署名があって、コーエンの署名がないのか知りたいですか?彼女はあなたに、 バスの下に投げ込まれる消耗品というレッテルを貼ったのです。コーエンの件で協力できないのなら、今話すことはない」と尋問官は言った。

情報筋によれば、ハッカーは間もなくグアンタナモ湾に送られるとのことだ。

RRNはその情報筋に、JAGの一見判然としない逮捕戦略についてコメントを求めた。不正の大物がまだ民衆に大混乱を引き起こし、強盗を働いているのに、なぜ中間管理職の追及に時間と資源を費やすのか。米国に対する反逆行為を犯したディープ・ステイターを逮捕するためのJAGの異例で予測不可能なアプローチは、機会によって決まるのだと彼は言う。

「前にも聞いたことがあると思うが、悪人の多くは、ウクライナから南極大陸まで、地球上のいたるところに隠れている。大半は、逮捕されるのをじっと待っているわけではない。そう、私たちは世界的な作戦を強化しており、もし私の選択なら、CDC本部にMOABを投下するだろう。しかし、少なくとも今は、アメリカでプーチンのようなことをするわけにはいかない」と彼は言った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す