日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカブラック・ハット役員、JAGに降伏

ブラック・ハット役員、JAGに降伏

By Michael Baxter – 2023年12月4日(Real Raw Newsより翻訳)

金曜の朝、6人の “ブラック・ハット” 軍将校が JAG 当局に自首したと、JAG のペンサコーラ事務所の関係者が Real Raw News に語った。

中佐2人、大佐3人、大将1人の将校は、正装して米海軍参謀法務官事務所に入り、ロイド・オースティンの命令にはもう従わないと述べ、2021年1月にジョセフ・R・バイデンに忠誠を誓ったことを謝罪した。仕事上でも気軽に知り合った将校たちは、自首に条件を適用するかどうか数週間かけて検討したが、最終的にはホワイト・ハットが慈悲を与えてくれることを期待して、無条件で自首することに決めたとJAGに語った。

JAGはまだ将校たちの所属と部隊を明らかにしていないが、彼らによれば、犯人たちはバイデンが支配するアメリカ国内の軍事施設で影響力のある地位にあり、それぞれがホワイト・ハットの作戦を妨げるのに十分な兵力を有していたという。彼らがバイデンに忠誠を誓ったのは、彼が2020年の大統領選挙に正直に勝利したと信じていたからであり、ドナルド・J・トランプが復讐に燃える選挙否定主義者であると確信したからだという。彼らは、オースティンがこの3年間、そのような嘘を頭に叩き込み、判断力と虚構と事実を見分ける能力を低下させ、部下に真実でないことを流布させたと主張した。

11月、オースティンが、バイデンの必然的な2024年の勝利を強制するために、指揮下の部隊に命令することに不安を覚えないかと質問したとき、6人はカタルシスを得たようだ。

「この裏切り者たちの話を総合すると、オースティンはブラック・ハットと私的な会話を交わし、彼らの忠誠心を再確認しているようだ。バイデンが勝てば、トランプと支持者が全国規模で反乱を起こす。そして、選挙が行われる前に暴動主義者を特定し、武装解除する準備をしなければならないと。ウォータータウンの裏切り者たちはまさにそうだ」と、情報筋は言う。

彼らの言い分と断固とした降伏にもかかわらず、JAGは欺瞞とディープ・ステートの罠にはまる可能性を防ぐために、各役員を2回にわたってポリグラフ検査した。その結果、彼らは正直に答えたことが分かり、ディープ・ステートが愛国的なアメリカ市民に対して、その軍事的忠誠者と連邦政府機関を広範囲に兵器化する計画を敷いているというJAGの確信を固めた。

情報筋によれば、6人の将校は恩赦と慈悲を求めたという。

「しかしながら、彼らの望みは叶わなかった。彼らが得たのは、抑留者の地位と、将来グアンタナモ湾に行くことだった。たとえ考え直したとしても、彼らは裏切り者だ」 と情報筋は述べた。

ホワイト・ハットは過去3年間、ディープ・ステートの欺瞞を予測し、2024年の選挙の完全性を守り、支援する準備ができていると付け加えた。ホワイト・ハットの役員は全員、ドナルド・J・トランプ大統領の「投票を守る」を支持しており、これは愛国者に投票所で極悪非道な行為が行われていないか監視するよう促すものだという。

「バイデンの危険で独裁的な政権は倒れ、トランプ大統領は正式に政権を奪還するだろう。善良なアメリカ人が見守るだろう。我々は見守る。そして、もし事態が制御不能になれば、緊急放送が鳴るだろう」と情報筋は語っている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す